楽に暮らせる家に必要なモノ

楽に暮らせる家についての話です。

散らからず片づけやすい家にするには、

モノの定位置を決めること。

鉄則です。

わが家に籍を置いているモノたちも、

その全てに定位置が決められています。

それが

キレイをキープする家にかかせない基本ではあるものの、

楽に暮らせる家にするためには

ただ定位置を備えるだけでは不十分。

長年、楽を追究してきた私は、

そこに気がつきました。

実は、

同じモノでも立場が違えば、

違う定位置を用意しておく必要があります。

例えば、本。

同じ本でも、

本というカテゴリーでひとくくりにせず、

立場別に定位置を作ります。

出身がどこであれ

(買った/人から借りた/図書館から借りた等)

これから読む本は、

e0344384_09172709.jpg

ダイニングの特等席。

読むべき本が一目で分かります。

既に読み終え、保管しておく本は、

e0344384_09154382.jpg

クローゼット内の棚の中。

保管なので、目立つ場所に置く必要はありません。

既に読み終え、リサイクルショップへ売る本は、

e0344384_09161897.jpg

本棚上のかごの中。

保管の本ときっちり区別します。

同じく既に読み終え、図書館に返却する本は、

e0344384_09170060.jpg

身支度部屋のオープンスペース。

人に返却する本も一緒。

返し忘れを防ぎます。

処分の本は

e0344384_09562792.jpg

まさかの下駄箱の中。
月に2回の貴重な廃品回収日を
逃してはいけません。

以前の記事

下駄箱が空っぽの理由

一冊の本を、

その時置かれている状況に沿って
定位置移動させると、

いろんな立場の本が一緒くたにならず、

本を

読もうと思った時にも、

売ろうと思った時にも

返そうと思った時にも、

行動がスムーズになり、

暮らしが楽になります。

その定位置、

別の名を「仮置き場」といいます。

この本の場合は、
保管されている本の定位置以外が、
全て仮置き場。

私は、その仮置き場が

楽な暮らしづくりのキーワードであると、

そう結論づけました。

その仮置き場という定位置、

わが家では、

服や収納グッズや仕事など

いろいろなモノに
惜しみなく与えられています。

それにより、
暮らしが楽になり

かつ

確実にモノが活かせます。

立場別収納と仮置き場が

忙しい主婦と活かせないモノを救う。

日本仮置き党 党首

えんどうあきでした()

ブログランキングに参加しています
クリックしていただけるとうれしいです


ライフスタイルランキングへ


[PR]
by cozystylekobe | 2015-08-08 09:44 | 収納 | Comments(0)