フライパンと鍋の収納

楽に暮らせることを

いちばんに考えるわが家のキッチンは

スッキリよりも使いやすさを重視。

キッチンは
「作業場」と

位置づけています。

それができるのは、

わが家のキッチンがLDと別になっていて、

オープンキッチンでないからなのですが、

たとえオープンキッチンだったとしても、

死角を作るなどをして、

なるべく使いやすいキッチンづくりを目指すと思います。

それはなぜか。

ひとえに、

料理が好きではないから。

というより、嫌いだから

嫌いなのに、

一日に3回もキッチンに立たなければいけないから。

その苦行のハードルを

これでもかと

低く

低く

低く

設定するべく

日々、知恵をふりしぼって

キッチンカスタマイズに奔走している次第です。

そんなわが家のキッチンで

毎日何回も使う

フライパンや鍋類の収納は、

やっぱり使いやすさを最優先。

調理台から振り返った場所に、

e0344384_14523132.jpg

ちょうどいい高さに、

e0344384_14531059.jpg

直ぐに使えるスタイルで、

e0344384_14551833.jpg

平置きされています。

e0344384_14515762.jpg

出して、使って、しまって
のみの繰り返し。

キッチン足元の収納のように、

屈む、とか、開ける、とか、退かす、
とかしないでOKだし、

壁に引っかける収納のように、

小さい穴と細いフックのドッキングを、

宇宙飛行士のように操作する必要もないので、

とっても使いやすい。

ところでひとつ、

毎日使う使用頻度最大の鍋が、

使い勝手の悪い、

下段に置かれています。

e0344384_14543321.jpg

実は、この鍋

当初はもっと上に置かれていたのですが、

その後下階に引っ越しました。

そのわけは、

これ。

e0344384_14501684.jpg

ここにお米が入っているのですが、

e0344384_14490680.jpg

ご飯を炊くのがこの鍋なので、

上から下してくるより、

鍋を手前にスライドさせて、

e0344384_14505531.jpg

お米を入れる方が楽。

e0344384_14494197.jpg

そこに気がつき、

収納場所を変えました。

そんなこととお思いでしょうが、

楽な生活を目指すには、

そんなことの連続。

その他の「そんなこと」については、
以前の記事をご覧ください!

以前の記事

かくれんぼ収納(キッチン編)
おすすめタッパーの使い方
収納場所のマイナーチェンジ
高い扉のウラ事情
水筒収納問題解決
調味料の置き方

ブログランキングに参加しています

クリックしていただけるとうれしいです


ライフスタイルランキングへ


[PR]
by cozystylekobe | 2015-08-31 15:16 | 収納 | Comments(0)