目的別カテゴリーのススメ

わたしの

整理作業の進め方は、


「集めて分ける」。


それだけ聞くと


「何がしたいの?!

ってカンジですが…()


「家の中にある同じ種類のモノを

一堂に集めて

数を把握したうえで、

目的に沿って適切に分ける」


という作業です。


先日

片づけの作業で

伺ったお宅。


薬が

いろいろな場所にありました。


引き出しに入っているモノ、


e0344384_22432503.jpg

救急箱に入っているモノ、

e0344384_18522178.jpg

段ボールに入っているモノ。

e0344384_18520764.jpg

薬は、


毎日飲む必要があるモノの他に、


いざという時のために

備えておくモノもあります。


それらは、


必要な時には

すぐ取り出せるようにし、


また、


何を常備しているかも

大まかに把握しておく

必要があります。


そこで、


薬を全て集め、

使用期限をチェックし、


使用可能なモノを


上段から


毎日飲む薬

e0344384_18534123.jpg

外用薬(常備薬)

e0344384_18552418.jpg

内服薬(常備薬)

e0344384_18541830.jpg

目的別に分けました。


目的に沿うことで、


何をどれだけ

持っているかが


分かりやすくなります。


薬は比較的

目的の判断がつきやすいモノ

ですが、


家の中には


持っている目的を

意識できずに


彷徨ってしまうモノも

あります。


例えば、

こんな引き出し。

e0344384_18515036.jpg



文房具や


その他もろもろ

日頃使うような小物が入った

引き出し。


どの家庭でも

こんな引き出しが


ひとつはあるものです。


ですが


この状態では

中身を把握することが


少々困難。


カテゴリーが

定まっていないので


ごった返しているのです。


そんな時、

意識すべきは


やっぱり目的。


潜在意識の中に埋もれた

目的を引き出すのには


「どんな時に使ってますか?」

「どんな時に使っていましたか?」


という質問。


それにより、


見えなかった目的が

見え、


作られるべき

新たなカテゴリーが


見えてきます。


「これ、旅行の時持って行くと便利」

という発言が

何度か聞かれたので、


新しく作った


「旅行」

というカテゴリー。


一度にこんなにたくさん

使うことはないであろう

という


同じ種類の文房具には


「文房具ストック」

というカテゴリー。

e0344384_18525972.jpg

それらカテゴリーを

新たに設けたことで


今まで


ごったがえしていた

引き出しが、


全て

上から見渡せるように

なりました。

e0344384_18523913.jpg


行き場のないモノが

家の中を彷徨っていたら


持っている目的を探ってみると


今までなかったカテゴリーが見つかり

一気に片づくかもしれません!


【お知らせ】


片づけサポートサービス

詳しくはHPで!


ブログランキングに参加しています
クリックしていただけるとうれしいです


ライフスタイルランキングへ


[PR]
by cozystylekobe | 2016-03-29 23:01 | 収納 | Comments(0)