必要な水分量を取るためにしていること

熱中症対策として

いちばんに挙げられるのが


水分を取るということ。


なんでも、


のどの渇きを感じてから飲むのでは

遅いのだそうで…。


私は

紅茶やらコーヒーやらを

結構飲むので


家にいる限り

のどが渇いたと感じることもなく


よって

意識して取らないと


水の摂取は

食事の時間と運動の後くらい。


1日に必要な

水分摂取量は


1.5~2Lと言われていますが、


どんなに意識しても

ついつい忘れがちな水分。


絶対そんなに取っていないし


実際

どれくらい取っているかも


測らないので

わかりません。


そこで


毎朝いちばんに

していることがあります。


それは水汲み。


1日の始まりに


その日必要な水分量を

ペットボトルに用意しています。


私の場合は3L

e0344384_11310401.jpg

なぜなら


朝にジョギング、

夕方にスポーツクラブで筋トレ

という生活のうえに

(っていっても、超軽いものですが…)


エアコンが

あまり好きではないので


かけずに過ごす時間が長い。


その分汗となって

水分が抜けているのではと

考えたからです。


1Lのペットボトル3本だと


朝昼晩それぞれ1本ずつと

目星がつけやすいのもいい。


最初に飲む量を

カタチにしてしまうと


否が応でも

きっちり必要量を取ることができます。


それって

何で山に登るのかと聞かれた登山家が

「そこに山があるから」と答えるのと

同じ。


あっ、

ちょっと違いますか?(笑)


【お知らせ】


収納工房CozyStyle神戸 

HPはこちらから!


ブログランキングに参加しています
クリックしていただけるとうれしいです


ライフスタイルランキングへ


[PR]
by cozystylekobe | 2016-08-11 11:44 | 備え | Comments(0)