またまた

ちょっと気の重い仕事の季節が

やってきました。


日本に住んでいる限り

避けられないオシゴト、


衣替えです。


全てを出しておける

広いウォーキングクローゼットをお持ちの方も

中にはいるので、


厳密にいうと

万人に共通する作業ではないですが、


片づけの仕事で

多くのお宅を見ていて思うのは、


どんなに広いクローゼットを持っていても、


結局は

そのキャパシティーを上回る洋服を持ってしまうので、


やっぱり衣替えは

必要な場合が多いです。


日本にプチプラブランドがある限り、


そのジレンマからは

なかなか抜け出せないかも


わが家の場合は


寝室に

まあまあなサイズのクローゼットがあるのですが、


そこまで着替えに行くのは

とっても面倒。


よって


和室の押入れを

クローゼットに改造してしまっています。



e0344384_13333888.jpg



【以前の記事】

バッグ/ベルト/ストールの収納



以前は


寝室クローゼットを

シーズンオフの服の保管場所にしていたのですが、


もはや

それさえも面倒になり


なんとか

押入れ改造クローゼットに

全てを収納できないかと

画策。


そこで目をつけたのが


ここではなく


e0344384_12121857.jpg




ここ。


e0344384_12111123.jpg



ハンガーをかけるポールの後ろ部分。



ここを活かすしかないと


奮起したイカシストが

目をつけたのが、


これ。


e0344384_12124842.jpg


100均のソフトケースです。


これは本来

マンガ本や雑誌の収納のためのケース。


ですがこのサイズ、


この棚のサイズにも

折りたたんだ服のサイズにも

ピッタリです。



e0344384_12115874.jpg


これに畳んで入れると、

結構な量が入ります!


あと6年したら

一回だけ日の目を見る予定の私の振袖まで

(注・私が着るのではありません!)


e0344384_12131019.jpg


ここに!


これだけは雑誌サイズを使ってます。


スーツのような畳めないものだけを

寝室クローゼットに吊るし、


残りのほとんどを


e0344384_12113542.jpg


ここに収納。


シーズンオフの服が

コンパクトにまとまります。


冬物と夏物では、

どうしても量が違ってきますが、


ソフトケースなら、

使わない分は畳んでおけるので、

場所を取らない。


頭の固いハードケースには真似のできない

フレキシブルな芸当です。


【以前の記事】

布団のクローゼット収納


シーズン中の服を

前のポールにかければ、


いつも通りの

押入れ改造クローゼット。


e0344384_12133158.jpg


ソフトケース収納

おススメですよ!


【お知らせ】

コラム投稿しました。

マイベストプロ神戸

「住まいを整えるとアンチエイジングにつながる、うそのような本当の話」


ブログランキングに参加しています
クリックしていただけるとうれしいです


ライフスタイルランキングへ



[PR]
by cozystylekobe | 2015-10-27 14:19 | 収納 | Comments(2)

家電コードの対処法

便利だけどじゃまなモノ。


電化製品のコードって、その代表格かも。


電力もWi-Fiで飛ばせたらいいのに・・・、

地を這うコードを見るたびにそう思います。


先日、友人からも

コード事情のお悩みを聞きました。


おしゃれなパソコンデスクを購入したものの、


か細い4本足に、

パソコンや周辺機器のコードを隠す度量はなく、


コンセントめがけて下へ伸びるコードたちが

丸見え。


せっかくこだわって買ったデスクも、

コードが目立って台無しとのこと。


そこで、


机や脚付きの棚など、

下に空間がある家具のコード丸見え対処法を

考えてみました。


まず、

コードが丸見えになる理由は、


隠れる場所がないから。


だとしたら、


隠れる場所を

必死に見つけるか、

何としてでも設けるか、

はたまた、

使うたびにコードを抜き差しするか…しか、


解決の道はない。


まあ、最後のは面倒なので、

私の場合は却下。


結果、

最初の2つしかありません。


わが家の

「隠れる場所を見つけた」パターンは、

例えばTV台。


足のついているTV台裏に接着フックを取り付け、

下に垂れ下がらないようにひっかける。

e0344384_00045473.jpg

すると、もたつきが隠れ

比較的すっきり。

e0344384_23503255.jpg

同じく電子ピアノもフックで対処。

e0344384_23510630.jpg

こちらは、

それでも垂れ下がるコードを、

e0344384_23515611.jpg

バスケットや長いビンで隠しているので、

e0344384_23522580.jpg
e0344384_23513948.jpg

「隠れる場所を設けた」パターンとのコラボ。
e0344384_23524347.jpg

コードというより、

コードが行きかうコンセント自体を、

e0344384_23501931.jpg

棚を置いて

目隠しすることも。

e0344384_00061498.jpg

この棚は最初、

コンセントを隠すためと

取りやすい高さが欲しいが為だけに

置いた棚。


以前の記事

収納場所のマイナーチェンジ


特に収納したいモノもなかったので

当初

中は空っぽでした()


コンセントを隠した代わりに、

裏に延長コードをひっかけておいて

必要な時に取り出して対応。

e0344384_23554175.jpg


こちらも、

コンセントを隠しつつ、

e0344384_23533691.jpg

充電器を収納。

e0344384_23531536.jpg

それからもうひとつ、


「コードを隠す場所を見つける」の応用編として、

「遠距離対応」っていうのもアリです。


こういう状態なのを、

e0344384_23544658.jpg

延長コードを使って、

ごちゃごちゃな部分を

隠してくれる場所まで持ってくる。

e0344384_23550158.jpg

この場合は

プリンターの裏を利用。


これなら、

丸見えなのは延長コード1本になります。

e0344384_23552827.jpg

延長コードが届く範囲なら

隠せる場所が近くになくても大丈夫。


延長コードって、

ただコードを延長するモノっていうより、


コンセントを好きな場所まで移動させてくれる、

アナログ版コピペです()


その他のコードに関する記事

コンセントの位置

便利なキッチングッズの置き方





バック・トゥ・ザ・フューチャー2で、

主人公がタイムスリップした30年後の未来が

まさに今日らしいのですが、


実際は、


いまだ丸見えコードに右往左往している暮らしが

現実なのでした()



【お知らせ】

コラム投稿しました。

マイベストプロ神戸

http://mbp-kobe.com/cozystyle/column/53676/


ブログランキングに参加しています
クリックしていただけるとうれしいです


ライフスタイルランキングへ



[PR]
by cozystylekobe | 2015-10-22 00:44 | あれこれ | Comments(2)

町家リノベーション

東京に住んでいる

学生時代の友人が


京都の町家に一目ぼれし、

リノベーションしたというので、


見に行ってきました。


古いモノが大好きな私は、

期待度MAXで訪ねたのですが、


リノベされたその町家は

MAXだった期待をはるかに超えて、


わたし的には

世界遺産登録レベル()


和と洋と昔と今がmixされた


それはそれは

夢のような空間でした。


そのセンスの良さは、


イラストレーターでもあり、

アンティークショップや古着屋さんのオーナーでもある彼女なら

当然なのかもしれませんが、


何ひとつ妥協せずに

細部にまでこだわり抜いたリノベは、


本当に圧巻。



そんな町家リノベを

是非ご覧ください!



前から見たおうち。

e0344384_22282287.jpg

まげ姿のお侍さんが出てきても

おかしくないようなたたずまい。


入口に使われているガラスは

e0344384_22331461.jpg

大正時代のモノだそうです。


土間を上がってすぐのスペース

e0344384_22292408.jpg
e0344384_22294806.jpg

メインの部屋

e0344384_22284455.jpg


e0344384_22341228.jpg

寝室兼仕事場

e0344384_22320011.jpg
e0344384_22321990.jpg
e0344384_22325599.jpg

照明もすべてアンティーク。

レプリカなしです。


日本のアンティーク

e0344384_22313422.jpg
e0344384_22302682.jpg

イギリスのアンティーク

e0344384_22311414.jpg

階段上部から見えるガラスは

e0344384_22304506.jpg

友人のオリジナルデザインだとか。


もう

かわいすぎて死にそうです!


家具も

全て本物のアンティーク

e0344384_22334702.jpg
e0344384_22345202.jpg
e0344384_22351046.jpg
e0344384_22300520.jpg


涙モン!!


初めて行った京都の町家。


この日


わたしに

またひとつ夢が増えました()



【お知らせ】

友人のHPへはこちらから。

イラスト  https://masamiillustration.wordpress.com/

お店  http://biscuit.co.jp/webshop/




ブログランキングに参加しています
クリックしていただけるとうれしいです


ライフスタイルランキングへ


[PR]
by cozystylekobe | 2015-10-17 23:25 | インテリア | Comments(10)

納戸のビフォーアフター

昨日は、

夏前から片づけに伺っていたお宅の

最終日。


納戸の片づけです。


ビフォー写真が

こちら。

e0344384_07525079.jpg

実はこのお宅、


短期間に引っ越しを

数回重ねてこられ、


その都度

不用品を処分されていたので、

それほど手放せるモノはなく、


他の場所へ移動させたモノが

少し。


車の掃除道具は車の近くへ…とか、

いらないゲーム機をリサイクルショップへ…とか、

冬用カーペットをリビングへ…とか

バスタオルを古いのとスイッチ…とか、


活かせる先へ移動。


その代わり、

この納戸に置きたいというモノが入ってきたので、


プラマイすると

量的にはあまり減っていない状態です。


そのアフターが

こちら。

e0344384_07531444.jpg
e0344384_08281951.jpg
e0344384_08283987.jpg



ここや

e0344384_07534352.jpg

ここに

e0344384_07540428.jpg

空きスペースが誕生しました。


処分しなくても、

今使っているモノを、

今使っていないモノと分け、


使っているモノの後ろに

使っていないモノを

予備や二軍として置いておけば、


管理がしやすく、

保管していることを忘れにくい。


スペースも有効利用できる。


捨てなきゃだめ!という呪縛からも解放されて、

片づけ作業が

スムーズに進みます。


要は、


「今使っているモノが使いやすく」整備されており、

「今は使っていないモノが分かりやすく」保管されていれば、


生活は断然楽になるってこと。


処分することだけにとらわれずに、


肩の力をちょっと抜いてみても、

暮らしやすさは手に入ります!



【お知らせ】

セミナー開催いたします。

詳しくはこちらへ。


ブログランキングに参加しています
クリックしていただけるとうれしいです


ライフスタイルランキングへ


[PR]
by cozystylekobe | 2015-10-07 08:13 | 収納 | Comments(2)

IKEAの温室の模様替え。


10月といえば、

やっぱりハロウィン。


でも、

おどろおどろしいのは避けたかったので、


こんな風にしてみました。

e0344384_11462461.jpg

テーマは、

「森のハロウィン」


どうしても森は外せません()


秋の実りと

e0344384_11455212.jpg

小鳥と鳥小屋。

e0344384_11465648.jpg

アイビーを小枝に見立てて、

e0344384_11460634.jpg

あたかも

鳥小屋が枝にあるイメージで

作ってみました。


もう一度


そう言い聞かせた上で

見てもらえれば、


あら、不思議。

小鳥のさえずりが聞こえてくるハズ。


9月のテーマ

「森で出会った鹿の親子」と

合わせてお楽しみください()


以前の記事

「森で出会った鹿の親子」


本当はここに

いが栗が欲しいところ。


10月中に見つけて

バージョンアップさせる予定です。


【お知らせ】

セミナー開催いたします。

詳しくはこちらへ。


ブログランキングに参加しています
クリックしていただけるとうれしいです



ライフスタイルランキングへ




[PR]
by cozystylekobe | 2015-10-02 11:55 | インテリア | Comments(2)

昨日の続き。


鍋とフライパンを

やっつけた時に

移動させていたキッチンツール。

e0344384_21092958.jpg

他の場所にも

キッチンツールがあったので、

e0344384_21090640.jpg
e0344384_21103300.jpg
e0344384_21101808.jpg
e0344384_21100055.jpg

全てを出して

使用頻度別のグループに分別。


よく使うモノから特等席に戻して、

e0344384_21125534.jpg

あまり使わないモノは


2軍として

上に収納。

e0344384_21152645.jpg
e0344384_21150534.jpg

いつもそうなのですが、


空きスペースができることに、


皆さん

とっても驚かれます。


シンク下の引き出し

上段には

e0344384_16360949.jpg

あまり使わない調味料が、


足元の

下段引き出しには、

e0344384_16363967.jpg

よく使う調味料が入っていたので、


ここは、

中身をスイッチ。


上段に


よく使う調味料を、

e0344384_21112822.jpg

下段に、


あまり使わない調味料や、

たまの掃除の洗剤

布巾などのストックを。

e0344384_21120329.jpg


今まで箱に入れられ

上の棚に置かれていた

スライサーや包丁研ぎも、


使用頻度大だったので、


箱やケースから出して、

上段引き出しへ。


ラップもこちらに移動し、

立てて収納。


なるべく屈まずに、

そして踏み台などに乗らなくていいように、


楽に手が届く範囲にあるものだけで

いつもの料理ができるように


アレンジしました。


ここまでで

3時間。


次回は

食器と保存食材に着手予定。


楽しみです。


【お知らせ】

セミナー開催いたします。

詳しくはこちらへ。


ブログランキングに参加しています
クリックしていただけるとうれしいです


ライフスタイルランキングへ



[PR]
by cozystylekobe | 2015-10-01 17:06 | 収納 | Comments(0)