DIYで棚手づくり

棚を

作ってみました。

e0344384_23171280.jpg

作ったといっても、

e0344384_23162266.jpg

もともと持っていた木箱に

棚板を付けただけですが。

e0344384_23165498.jpg

ちょっとアンティーク感を出すために、

ところどころ汚してみたりして…。

e0344384_23212162.jpg


これ、


友人が出店する蚤の市で

商品を並べる棚として使います。

e0344384_23192021.jpg


125日(土)6日(日)

JRA阪神競馬場で開催される

関西蚤の市。

関西蚤の市のHPはこちら。


Biscuitという名前のお店です。

Biscuit HPはこちら。


お店で使う前に

ちょっと予行練習(笑)

e0344384_23182713.jpg
e0344384_23184559.jpg

実際は、

東欧で買いつけてきた小物や、

友人がデザインした商品が並びます。


関西地区にお住まいの方、

よかったら覗きに来てくださいね!




【お知らせ】

マイベスト神戸にコラムを投稿しました。

いつか使うかもと取っておいたモノが活かせる、とっておきの収納法

収納が使いやすさのじゃまをする?キッチン&パントリー実例

こちらも是非ご覧ください!


ブログランキングに参加しています
クリックしていただけるとうれしいです


ライフスタイルランキングへ



[PR]
by cozystylekobe | 2015-11-30 23:43 | リメイク/手づくり | Comments(2)

テーブルの上に山を作る

いろいろな書類。


毎日やってくる郵便物や学校からのプリントは、

決して途絶えることがないので、


どんなに片づけても、

あっという間に新しい山を作ります。


その山は、

殆どが

処理を待つ書類。


なので、


山を作らない唯一の道は、

すばやく処理をすることです。


ですが、


それがわかってはいても

その処理が面倒なので、


あと延ばしにするのが人の道(笑)


そこで、


なるべくそのハードルを低くして、

素早い処理を後押しします。


わが家の場合、

郵便物が家に入ってきたら


まず置かれる場所は

ダイニングテーブル。


処理もそこで行います。


例えば、こんな動き。


―封を切るー


なので、

はさみはテーブルの上に常備。

e0344384_23571249.jpg


―保存が必要なモノは書類ケースへー


なので、

キャスターのついた木箱を

テーブルの下にスタンバイ。

e0344384_23484889.jpg

座ったまま分別が可能。


ちなみに、

処理に必要なはさみやのり、計算機などは、

ビニールケースに入れて

木箱に常備しています。

e0344384_21102799.jpg

―どこかへ提出するモノはバッグの中へー


なので、

こちらもテーブル下に

キャスター付きの木箱に入れてスタンバイ。

e0344384_23482683.jpg

日頃からここがバッグの定位置です。


―のちほど処理が必要なモノは仮置き場へー


なので、

仮置き場はテーブルの上にスタンバイ。

e0344384_21305354.jpg

ちなみに、

ここが空っぽになった時や来客時は、

仮置き場が収納できるスペースを

棚の中に確保しています。

e0344384_23502220.jpg

仮置き場は空っぽな状態が基本形。


そう決めて、

直ぐに処理をするよう

自分で自分にルールを課しています。


―個人情報記載アリの廃棄すべきモノは、シュレッダーへー


なので、テーブル横の棚うしろに、

シュレッダーをこっそりスタンバイ。

e0344384_23491554.jpg

えんどうあき考案

「家具一歩前出し裏収納」の

かくれんぼ収納(笑)


テーブルからここまで、

3歩で到着です。


―いらない紙は廃品回収へー


なので、

テーブル後ろの棚の引き出しに

廃品回収用の箱がスタンバイ。

e0344384_23493947.jpg

e0344384_23495705.jpg

テーブルからここまで、

2歩で到着します。


というように、


全てをご近所に集め

e0344384_23480729.jpg


処理へのハードルを

限りなく低く低く設定。


万歩計があったら、


一回の作業でカウントされる歩数、

計10歩です(笑)



【お知らせ】

関連コラム

マイベストプロ神戸に投稿しました。

テーブル上にそびえ立つ、なんとなく置いてあるモノたちの山に挑む

こちらも是非ご覧ください!


ブログランキングに参加しています
クリックしていただけるとうれしいです


ライフスタイルランキングへ


[PR]
by cozystylekobe | 2015-11-25 21:47 | 収納 | Comments(2)

片づけ作業に伺った

80代のお母さまが立つキッチンの

ビフォーアフターの様子


以前の記事

お鍋とフライパン収納のビフォーアフター

調味料その他の収納のビフォーアフター


その続きです。


この日、

まず取り掛かったのは

ここ。

e0344384_09471304.jpg

冷蔵庫右横のこの棚。


ご本人はあまり気にされていなかったのですが、

私は

ここがいちばん問題アリとにらみました(笑)


ちょっとわかりにくいのですが、

写真一番下に写っているのは

炊飯器とトースター。

e0344384_09481234.jpg


それが置かれている部分が

スライド式なのですが、


スライドしてできた奥のスペースにも

モノを入れていたので、

棚板は常にスライドされたまんまの

前に飛び出した状態。


そして、

その下に米びつが収納されていたので(左下)

e0344384_09485599.jpg

80代のお母さまは

毎日張り出したスライド下に

身体を潜り込ませる形で

お米を測っていらしたよう。


そのうえ、

絶えずその状態を強いられた

不安定なスライドは、


炊飯器とトースターの重さに耐えきれず

かなり下にたわんでいたので、


下の扉を開けるのにも、

棚板が引っかかって一苦労。


ここを見た私の頭の中では、

赤いライトがサイレンとともにフル回転。

カイゼンです!


炊飯器は水を使うので、

ここよりは水場に近いほうがいいだろうと、

以前の片づけ作業時に

こうだった棚を

e0344384_21081095.jpg

この状態にした棚のトップへ

e0344384_21144342.jpg

移動させ、


(アフター写真撮り忘れました。

目をつぶって想像してみてください!)


下に無造作に置かれていた

ボトルのストックは、


キッチン出たところの

こんな感じの階段下収納を

e0344384_09483088.jpg

こんな感じに整えて

キッチンにあったボトル類をすべて収納し、

e0344384_09512177.jpg



炊飯器を載せた棚の一番下の空いたスペースに

米びつを入れこみました。

(何度も言いますが、ここは想像でカバーしてください)


スライド奥に置かれていたのが、

トースターにまつわるモノだったので、

晴れて格納されたスライド上に、

e0344384_11270968.jpg

トースターと並べて置きました。


米びつがなくなった下段の収納には、

主にキッチン用品の備品などを入れ、

e0344384_09503897.jpg

上は、

こんな感じだったのが、

e0344384_09473294.jpg

こんな感じになり、

e0344384_09501330.jpg

中段によく飲むお茶などを、

上段にあまり使わないキッチンアイテムを入れました。


乾物やレトルトは、

カテゴリー別に分けてかごに入れ、


もう一つの食器棚の下段へ、

e0344384_09510595.jpg

中段の引き出しは、

多すぎたモノを減らしたり二軍へ回したり、

カテゴリーの違うものを移動させたりして、

こんなが

e0344384_09480302.jpg

こんなに、

e0344384_09520989.jpg

こんなも

e0344384_09474904.jpg

こんなになりました。

e0344384_09515460.jpg

上段の食器ですが、


捨てるものはないが

あまり使わないモノもあるとのことだったので、


とりあえず、

次回階段下の収納を片づけて、

そこに使わない食器を収める場所を作ってから、


あらためて取り掛かることになりました。


本来なら

ラベルを貼って終了なのですが、

それはのちほど

お嬢さんがやってくれるとのこと。


お任せして帰ります。


ここまでで

3時間弱。


次回をお楽しみに!


【お知らせ】

マイベストプロ神戸に投稿しました。

テーブル上にそびえ立つ、なんとなく置いてあるモノたちの山に挑む


ブログランキングに参加しています
クリックしていただけるとうれしいです



ライフスタイルランキングへ



[PR]
by cozystylekobe | 2015-11-11 11:50 | 収納 | Comments(2)

犬のケージの冬支度

衣替えとともに、

家の中も徐々に冬支度。


それは

犬のケージも一緒です。


夏の間、

太陽光線の攻撃から逃れるために

和室に置かれていたケージは、


三方の側面がオープンの

吹き抜けスタイルです。


家の中には

風の通り道が3ルートあるのですが、


犬がこの中に入る

就寝時と留守番時には、


2ルートを閉鎖して

このケージに全ての風が集中するよう

コントロール。

e0344384_09323162.jpg

天井も、

すのこを使ったオープンテラス状態にし、

e0344384_09320390.jpg

風受け入れ態勢、

ハンパありません(笑)。


冬は、

忌み嫌っていたその太陽光線を求めて


南側のリビングに移動します。


上部には

がっちりと屋根が設置され、

e0344384_09333922.jpg

布で壁を作ります。

e0344384_09330578.jpg

下から隙間風が入ってこないように、


布にはポールを差し込み、

e0344384_09332347.jpg

ピンと張らせる徹底ぶり。


寒さが本格的になったら、

冬用布団や電気マットが

置かれる予定です。


そんな

至れり尽くせりのケージですが、


本人、いえ本犬は、

ケージに入る必要がない限り、

ここです。

e0344384_09335565.jpg


親の心、犬知らず。

大きな椅子を小さな体で独り占めです。


おまけ。


ケージには、

手作り表札。

e0344384_09324915.jpg

撮影してみて

初めて、


「Y」ではなく

「I]が正解であることに

気がつきました(涙)。


(亡き父の大好きだった

lili marleemという曲から取りました)



【お知らせ】

コラム投稿しました。

マイベストプロ神戸

10月31日「シニア世代の生き活(いきかつ)10の準備」セミナー/参加者の声



ブログランキングに参加しています
クリックしていただけるとうれしいです


ライフスタイルランキングへ




[PR]
by cozystylekobe | 2015-11-04 09:54 | あれこれ | Comments(2)

11月に入った初日、

恒例の温室模様替えです。


以前の記事

「森で出会った鹿の親子」

「森のハロウィン」


今月のテーマは、

「夜のティーパーティー」

e0344384_22121312.jpg

ちょっと肌寒い夜に

庭で熱いお茶を飲んでおしゃべり…的な

イメージです。


即席のテーブルに椅子、

棚も置いて、


むりやり

ここはガーデンテラス(笑)

e0344384_22124060.jpg

見えるかな?


このミニチュア茶器は、

10年前に亡くなった父が、

孫のために買ってくれていたモノ。


娘のお気に入りだったので

とっておいたら、

こんなところで活かせました。


ポイントは、

なんていっても

このライト!

e0344384_22125872.jpg

家の形なのが

なんとも可愛いのです。


まだ小さくて見えないのですが、

ミニチュアバケツには

赤ちゃん多肉がギッシリ。

e0344384_22393306.jpg

11月の終わりまでに、

少しは大きくならないかな。


e0344384_22140940.jpg


【お知らせ】

コラム投稿しました。

マイベストプロ神戸

子育てママたちの永遠のテーマ「散らかった子ども部屋はどうしたらいい?」


ブログランキングに参加しています
クリックしていただけるとうれしいです



ライフスタイルランキングへ







[PR]
by cozystylekobe | 2015-11-01 22:47 | インテリア | Comments(0)