タグ:インテリア ( 24 ) タグの人気記事

和室の襖を洋風リメイク

住み始めてから16年経つわが家は、


気がつけば

いたるところが汚くなってきていて。




そういうのって、


第三者のような目であらためて見ないと

見つけられなかったりします。


壁の汚れは

壁紙をペイントすることで

なんとか修復できましたが、


今回のターゲットは

それがムリ。


紙が塗装に耐えられそうもないからです。


そのターゲットとは

襖。


e0344384_13041311.jpg

あっ、


剥がれている個所と取っ手がない部分は、

できるかどうかちょっと試したから…。


ですが、

それにしても汚い。


さすがに

もっと早く気づけってレベルですね…。


で、ペイントの件。


和紙にペイントした人のブログを読んだら、

ふやけちゃってできなかったそうです。


確かにね。


そこで、

ここは違う手を使うことにしました。


まず、襖紙をはがして


上半分に

100均のリメイクシートを貼りました。


e0344384_13071696.jpg

和柄ではないのに、


貼ってみたら意外なことに

ものすごく和っぽくなっちゃった。


このままでは

特徴がないので


もうちょっとアレンジを加えます。


2枚を黒板ペイント。



e0344384_13085956.jpg


フレームを緑と紫に塗って



e0344384_13102907.jpg


ちょっとエイジング。


ドライの植物をアクセントにつけて

シートの上に貼りました。



e0344384_13123283.jpg

e0344384_13140644.jpg


下半分には

これまた黒くペイントしたべニア板を貼り付けて。



e0344384_13152334.jpg


これにより

古かった襖がよみがえり



e0344384_13170939.jpg


e0344384_13174521.jpg


暗くなりがちな和室が

だいぶん明るくなりました。



e0344384_13183571.jpg

子どもたちもそろそろ家を出る年になり、

いつまでこの家に住めるか分からないけど、


住んでいる限りは

快適目指して日々進化。


不満たらたらで暮らすのは

もったいないからね。


【お知らせ】


コラム投稿しました!

片づけは時短への近道!キッチン収納のアイデアとコツ12選①


マイベストプロ神戸に登録されています。


HPはこちらから!

《活かす片づけ》収納工房CozyStyle神戸


インスタグラム始めました!


[PR]
by cozystylekobe | 2017-10-09 13:29 | リメイク/手づくり | Comments(0)

棚の上面に

タイルを貼ることにしました。


ずっと気になっていたものの

あとまわしにしていた箇所。


ようやく

おしりに火がつきました。


ホームセンターを何件も回り

ようやく手に入れたタイル。


e0344384_09511798.jpg


最近は

タイルの扱いが少ないみたいで


見つけるのにひと苦労でした。


手に入ったのが

予定より厚めで結構重い。


これを棚に直接貼り付けると

模様替えなどの時に動かすのが大変になるかと思い、


今回は棚に直接ではなく


板に貼り付けて

それを棚に乗せることにしました。


これなら、取り外し可能。


別々に運べます。


本当は

タイル用接着剤があるみたいですが、


壁に貼るわけではないので

両面テープ使用でOKかな…と


e0344384_09531675.jpg


勝手に簡略化。


きれいに並べたら


e0344384_09544612.jpg


上から

タイル用セメントを

専用のヘラで塗ります。


e0344384_09555903.jpg


溝は間が狭いので


形を整えるのに

歯ブラシの柄の部分を利用。


…が、


途中からは

指でやっちゃったりもしました。


終わったころには

人差し指がガッサガサ()


おすすめはしません。


ちょっと乾かしてから


e0344384_09571019.jpg

タイルについた分を拭き取れば

完成!


e0344384_09580121.jpg


ビフォーと比べたら


e0344384_09590150.jpg

全然違うー。


頑張ってやった甲斐がありました。


ここに置いてある鉢も

白からターコイズブルーにリメイク。


e0344384_10000812.jpg


(植物の葉の数も

全然違うことに気がついた。


瀕死だったのね…)


ダイニングに

お気に入りのコーナーができました♪


【棚のリメイク記事、まだまだあります!】


DIYで解決!のっぽな掃除道具の収納庫

100均すのこで棚リメイク

DIYで棚手作り

パーテーションのリメイク

カラーボックスの昇格


【お知らせ】


コラム投稿しました!

「収納に悩む場所No.1「押入れ・クローゼット」を解決する、とっておきの3つのルール」


マイベストプロ神戸に登録されています。


HPはこちらから!

《活かす片づけ》収納工房CozyStyle神戸


インスタグラム始めました!




[PR]
by cozystylekobe | 2017-09-25 10:34 | リメイク/手づくり | Comments(4)

片づけサポートサービスで

おうちの片づけに伺う際、


そのお宅から出てきたゴミは


大型のモノ以外

全て引き取ることにしています。


作業時間が限られているので

なるべく時間短縮になるようにと、


分別をせず


とにかく全てのごみを

ゴミ袋に入れて持ち帰ります。


そして

持ち帰ったごみは


帰宅後に

ひとつひとつ分別していきます。


私の片づけスタイルは

「活かす」こと。


なので、


再生可能なゴミは

全てリサイクルできるように


再生紙や布は廃品回収へ


まだ着られる洋服や使える小物はNPO団体の寄付へ。


それ以外のモノも、


なるべく燃やすゴミにならないよう

細かく細かく分別していきます。


その中に


「これ、リサイクルには回せないけど何かに使えそう」

と思えるモノがあったりするのですが、


そんなときは

あれこれ活かせる道を考えます。


たとえば


先日の片づけで出てきたのが

これ。


e0344384_12290094.jpg



ハンドメイドのバッグで使う取っ手です。


お客さまはとても器用で

たくさんの趣味をお持ちの方。


ハンドバッグも数多く手作りされていましたが、


この取っ手は持ちにくいとのことで

4つ処分されました。


そう、

確かにこの取っ手は持ちにくい。


肩にも掛けられないしね。


でも、

とっても丁寧に作られた取っ手


捨てるのはなんだか忍びない…。


そこで、考えました。


用意したのは

発泡スチロールの板と薄いベニヤ板と布。


e0344384_12291266.jpg



スチロールと板をくっくけて

土台にし


e0344384_12295234.jpg



布にテグスで

取っ手を縫い付け


土台にタッカーでもって留めてみました。


e0344384_12301090.jpg



なかなかステキな壁掛けが完成。


後日お客さまにお見せしたところ、


「再利用してくれて嬉しい!」

と言っていただけました。


おまけ。


発泡スチロールの余った部分は

細かく切って


e0344384_12292586.jpg



鉢底石の代わりに使用します。


軽くてとっても便利。


使えるモノは

とことん活かさないとね。


【お知らせ】

収納工房CozyStyle神戸 

HPはこちらから!


マイベストプロ神戸に登録しています。


新着コラムはこちらから!

『収納を見直すことで手間を省いてみよう!神戸市東灘区Uさま邸キッチン実例 』

『収納を見直すことで収納量を増やしてみよう!神戸市東灘区Hさま邸押入れ/子ども部屋実例』



[PR]
by cozystylekobe | 2017-07-21 12:45 | リメイク/手づくり | Comments(2)

リビングを自力リメイク

わが家のルールは

「頑張っている人優先」。


だから、試験中


子どもは

お皿洗いからも犬の散歩からも解放され、


全ては母の仕事になります。


試験が終わるまでの間の

応援キャンペーンです。


このルール、


子どもに勉強させるのに

結構使える。


「勉強があるなら、ママが洗ってあげるよ」


勉強かお皿洗いの2択となると


ウチの子どもの場合

間違いなく勉強を選びます。


勉強しない子どもを叱るより


「勉強しないなら、お皿は自分で洗って」という方が

効き目があるし


選択権は子どもにあるから

トラブルにならない。


「ママが洗ってあげるのは、頑張っている人を応援したいから」

というスタンスです。


そうするには、


早いうちから

自分のお皿は自分で洗うというルールを課しておく必要がありますが、


手遅れじゃなければ

試してみる価値アリです。


という家訓に則り


わが家での受験生は

頑張っている限り優遇されます。


冬、

子ども部屋は寒いので


リビングのコタツを

受験生ムスコに明け渡していました。


だから、

最近までリビングは

こんなカンジ。


e0344384_14111446.jpg


おしゃれライフもへったくれもありません。


本やらプリントやらが

コタツ上や床にばらまかれていたので


応急処置として

部屋のど真ん中に本棚を置きました。


せめて

イニング側からは毒々しい赤本が見えないように…と


オープン棚の背に布を洗濯バサミで挟み

即席のカーテンを作ってみましたが


実際は、そんなモノじゃカバーできないくらい

毒々しかったです(笑)


でも、ガマン。


家は

家族の必要に沿って作られ、使われるべきもの。


受験という

人生の岐路に立っている子どもがいるなら、


その時はそれが最優先です。


すっきりキレイにすることが

家の目的ではないからね。



とはいえ、

いつまでもその状態のままではいられない。


ワタシだって、

本当は

すっきりキレイなリビングが好きなのです。


だから

受験が終われば容赦しません。


本棚も赤本もプリントも即撤去。


そして、

リビングでずっとやりたくて我慢していたこと、


やってみました。


壁のペンキ塗りです。


またもや…です。


【以前の記事】

トイレの自力リメイク

洗面所の自力リメイク



もてなされていた受験生も


受験が終わってしまえば

タダの人。


それまでの分を

労働でお返しするよう強要され、


高い場所のペンキ塗りを担当させられました。


で、完成したのが

こちら。


e0344384_14054355.jpg



e0344384_14061416.jpg


近くに寄ると

アラが見えちゃったりもしますが


ワタシ的には

大満足の仕上がりです。


ちなみに、この色

黒のように見えますが


実は、

茶色と紫の間の色。


赤、青、茶、黒を混ぜに混ぜて

理想の色を

やっとこさ作り出しました。


壁を白からこの色に変えて

イチバン効果があったのは、


テレビ画面が浮かび上がって見えること。


e0344384_14044342.jpg


(週に2日の楽しみ、アメトーーク♥)

臨場感ハンパないです。


グリーンも額も映える。


e0344384_14041425.jpg

e0344384_14051390.jpg


白壁だった時より断然いい。


受験中のガマンが

堰を切って溢れ出したこの春、


その勢いはGWの今も衰え知らず。


まだまだ続く予感大です()


【お知らせ】

収納工房CozyStyle神戸 

HPはこちらから!


ブログランキングに参加しています
クリックしていただけるとうれしいです



ライフスタイルランキング



[PR]
by cozystylekobe | 2017-05-05 14:34 | リメイク/手づくり | Comments(2)

トイレを自力リメイク

トイレがずっと気になっていました。


いえ、別に

トイレが好きで頭から離れない…とかそういう意味じゃなくて。


むしろ逆。


この家に住み始めて16年。


白い壁の汚れや

安っぽいフロアシートの柄が


気になって気になって

仕方ありませんでした。


そこで

思い切ってリメイクすることに。


すると


e0344384_10291570.jpg


こんなカンジだったトイレが


e0344384_16093710.jpg


こんなカンジになりました。


白かった壁は黄色くペイント。


オシャレ感ゼロのフロアシートは


e0344384_16132937.jpg


上から

100均のリメイクシートを貼ってみました。


e0344384_16082269.jpg


タオルハンガーは


e0344384_16073625.jpg


以前拾ったイチョウの木を使って

手作り。


以前の記事

【古い小物入れの、ほぼ0円リメイク】


ちなみに

ドアだけは茶色くペイント。


e0344384_16072173.jpg

ボケがちな黄色を

グッと引き締めます。


森の中をイメージして


棚の上には

鳥の親子と


e0344384_16090919.jpg


庭にあった枝を。


e0344384_16092287.jpg


トイレットペーパーホルダーの上にも

キノコを生やしてみました。


e0344384_16074866.jpg


ただし


オシャレ感を多少犠牲にしても

ブリテンボードだけはそのままです。



e0344384_16080104.jpg


以前の記事

【自分のレベルを知るトイレ】


格言カレンダーをふたつも並べて

啓発活動は

パワーアップして続行中()


ところで、


便器に座った先の床に

こんな三角の木材の切れ端があるのですが、


e0344384_16083564.jpg


さて、

これは一体何のためにあるのでしょうか。


ドアストッパー?

ブブ―ッ!


フットレスト?

ブブ―ッ!


正解は、これ。


e0344384_16085145.jpg


時計の背もたれ。


座った場所から見るのに

べスポジにベストな角度に置きたくて


三角の木材を採用。


これにより

時計が床から座っている人をガン見。


朝の遅刻を防ぎます!


【お知らせ】

収納工房CozyStyle神戸 

HPはこちらから!


ブログランキングに参加しています
クリックしていただけるとうれしいです



ライフスタイルランキング


[PR]
by cozystylekobe | 2017-04-15 16:45 | リメイク/手づくり | Comments(2)

使っていた木のまな板が

恐ろしく黒くなっていたので


新しく買い替えることにしました。


ちなみに、


あさイチによると

あの黒ずみは

カビではなく「変色」だそうです。


…と

軽い言い訳から入りましたが、


今日の主役は

新しく買ったまな板


ではなく


黒く縁どられた古い方のまな板です。


大小2枚あるまな板たち。


「何かに活かせないかな…」


捨てる前に一旦立ち止まってそう考えるのが

いつものルーティーン。


そして

やっぱり降りてきました、


イカシストの神。


ビフォー写真を載せるのは忍びないので

自粛しますが


アフター写真はこんなカンジ。


e0344384_06190903.jpg


かわいい壁掛けに変身しました。


作り方は

いたってカンタン。


黒板ペイントをベタ塗りし

黒い変色をなかったことに。


e0344384_06201329.jpg


まな板より高めの枠を取り付け


e0344384_06210308.jpg


そこに貼るのは


e0344384_06235191.jpg


折れる定規。


以前蚤の市で買いました。

100yenくらいだったかな。


それを四角い形にして

貼っちゃいます。


e0344384_06250676.jpg


すき間に

鳥と


e0344384_06255959.jpg


100均のエアープランツを入れたら


e0344384_06262382.jpg


出来上がり。


e0344384_06264720.jpg


大きい方のまな板は


e0344384_06272686.jpg


白いフレームと

持っていたモビールを

貼っただけ。


説明のしようがない程のシンプルさです。


捨てるのはカンタンだけど

活かすのは楽しい


この達成感がたまりません


【お知らせ】


収納工房CozyStyle神戸 

HPはこちらから!


ブログランキングに参加しています
クリックしていただけるとうれしいです


ライフスタイルランキング



[PR]
by cozystylekobe | 2017-03-11 06:36 | リメイク/手づくり | Comments(2)

わが家は


16年住み続けている

賃貸マンション。


それだけ住んでいると


さすがに壁の汚れが

目立つようになり、


どうしたものかと

悩んでいました。


特に気になるのがドア。


取っ手付近の汚れは


一生懸命こすっても

全然落ちないし、


かといって


壁紙を張り替えるというのも

大変そう。


いずれ引っ越すのに


そこまでお金をかけるのも

どうかと…。


打つ手がなくて悶々としていた

そんな折、


壁紙用のペンキを発見しました。


壁紙にペンキが塗れるって

知らなかった私。


大家さんの許可を得て、


まずは、リビングの引き戸から

トライしてみることに。


買ってみたのはコチラのペンキ。


e0344384_23301128.jpg


パステルイエロー。


名前の通りのパステルっぷりだったので、

赤色などをちょびっと加え、


e0344384_23311308.jpg


イメージ通りに色を調合。


薄汚れた白い壁紙に塗ってみたら、

これが想像以上にいいカンジ!


e0344384_23403645.jpg

汚れが消えただけじゃなく、

部屋が一気に明るくなりました。


それに味をしめた私。


お次は

キッチン奥のドアを塗ることに。


こちらは、ちょっと挑戦して

強めのブルー。



e0344384_23453696.jpg


白一色でぼけていた風景が

かなりキリッ!としまりました。


面積が大きいので、


やってみると

思った以上に効果が出ます。


引っ越すまでに、


全てのドアが

カラフルになりそうな…。


そんな予感しかしていません(笑)


【お知らせ】

収納工房CozyStyle神戸 

HPはこちらから!



[PR]
by cozystylekobe | 2017-03-06 23:55 | リメイク/手づくり | Comments(2)

多肉の鉢のリメイク

自分に収集癖はないと

思っていた私。


「あるやん」

ムスメに言われて


納得したのは

グリーンの収集。


いえ、

バンド名ではありません。


植物の方。



多肉植物をはじめとした

室内外の植物。


育てるのは

決してうまくありませんが、


それらを眺めるのが

私の癒しとなっています。


その植物たちの家は


ちょっとオシャレな

市販のモノだと


結構高い。


植物よりも

鉢の方が高くつくことも。


なので、


大抵は

安い鉢を買ってきて


リメイクします。


【以前の記事】

普通の植木鉢のリメイク


疲れているのか

ストレスが溜まっているのか


近頃また


多肉に引き寄せられることが

多くなり、


ホームセンターでは

やたら長い時間


植物を

見つめ倒しています。


家に連れて帰ることも

増え、


ストックしていた鉢も


ちょっと

足りなくなってきました。


そこで

またまたリメイク。


\100程度の

素焼きの鉢を


e0344384_11280500.jpg


ペイントして、


会社の屋号を

ステンシルしてみました。



e0344384_11262549.jpg



e0344384_11265868.jpg



e0344384_11271547.jpg


多肉たちを植えて


e0344384_11282397.jpg


今日もやっぱり

ガン見!


e0344384_11274384.jpg


「か、かわいい…」


ひとり呟き

癒されます。


【お知らせ】


収納工房CozyStyle神戸 

HPはこちらから!


ブログランキングに参加しています
クリックしていただけるとうれしいです


ライフスタイルランキングへ


[PR]
by cozystylekobe | 2017-02-22 11:38 | リメイク/手づくり | Comments(2)

100均のお店で、


こんなの

見つけちゃいました。

e0344384_20511868.jpg

ペンギン×2。


それにしても

このフォルム…、


完成度

高すぎです!


100均って


ホントーに

侮れません。


家に帰って

さっそくペイント。

e0344384_20541353.jpg

それを使って

温室を作ってみました。

e0344384_20551233.jpg

昔拾ったシーグラスを

下に敷き詰めて

e0344384_20555687.jpg

海をイメージ。

e0344384_20564422.jpg

全体的に

水族館みたいですが、


舞台は一応

北極


…のつもりです()


【お知らせ】


収納工房CozyStyle神戸 

HPはこちらから!


ブログランキングに参加しています
クリックしていただけるとうれしいです




ライフスタイルランキングへ


[PR]
by cozystylekobe | 2016-11-03 21:01 | インテリア | Comments(0)

犬のケージに

冬用のフタをのせ、

e0344384_19375919.jpg

それと一緒に

e0344384_19383947.jpg

IKEAの温室も

出してみました。


このフタがないと


温室の置き場所が

ないもので…。


ちょっと怖い風のイラストを貼って

e0344384_19393869.jpg

ハロウィンっぽく。

e0344384_19400685.jpg

100均で手に入れた

カボチャや家具。


どれも


とんでもなく

ハイクオリティー。


ゴイぞ!

日本のモノづくり。


何とか

10月中に出せて


よかった。

e0344384_19405393.jpg

【お知らせ】


収納工房CozyStyle神戸 

HPはこちらから!


ブログランキングに参加しています
クリックしていただけるとうれしいです



ライフスタイルランキングへ


[PR]
by cozystylekobe | 2016-10-25 19:51 | インテリア | Comments(0)