片づけサポートサービスで

おうちの片づけに伺う際、


そのお宅から出てきたゴミは


大型のモノ以外

全て引き取ることにしています。


作業時間が限られているので

なるべく時間短縮になるようにと、


分別をせず


とにかく全てのごみを

ゴミ袋に入れて持ち帰ります。


そして

持ち帰ったごみは


帰宅後に

ひとつひとつ分別していきます。


私の片づけスタイルは

「活かす」こと。


なので、


再生可能なゴミは

全てリサイクルできるように


再生紙や布は廃品回収へ


まだ着られる洋服や使える小物はNPO団体の寄付へ。


それ以外のモノも、


なるべく燃やすゴミにならないよう

細かく細かく分別していきます。


その中に


「これ、リサイクルには回せないけど何かに使えそう」

と思えるモノがあったりするのですが、


そんなときは

あれこれ活かせる道を考えます。


たとえば


先日の片づけで出てきたのが

これ。


e0344384_12290094.jpg



ハンドメイドのバッグで使う取っ手です。


お客さまはとても器用で

たくさんの趣味をお持ちの方。


ハンドバッグも数多く手作りされていましたが、


この取っ手は持ちにくいとのことで

4つ処分されました。


そう、

確かにこの取っ手は持ちにくい。


肩にも掛けられないしね。


でも、

とっても丁寧に作られた取っ手


捨てるのはなんだか忍びない…。


そこで、考えました。


用意したのは

発泡スチロールの板と薄いベニヤ板と布。


e0344384_12291266.jpg



スチロールと板をくっくけて

土台にし


e0344384_12295234.jpg



布にテグスで

取っ手を縫い付け


土台にタッカーでもって留めてみました。


e0344384_12301090.jpg



なかなかステキな壁掛けが完成。


後日お客さまにお見せしたところ、


「再利用してくれて嬉しい!」

と言っていただけました。


おまけ。


発泡スチロールの余った部分は

細かく切って


e0344384_12292586.jpg



鉢底石の代わりに使用します。


軽くてとっても便利。


使えるモノは

とことん活かさないとね。


【お知らせ】

収納工房CozyStyle神戸 

HPはこちらから!


マイベストプロ神戸に登録しています。


新着コラムはこちらから!

『収納を見直すことで手間を省いてみよう!神戸市東灘区Uさま邸キッチン実例 』

『収納を見直すことで収納量を増やしてみよう!神戸市東灘区Hさま邸押入れ/子ども部屋実例』



[PR]
by cozystylekobe | 2017-07-21 12:45 | リメイク/手づくり | Comments(2)

気持ちのいい季節になると


俄然張り切り出しちゃうのが

植物の手入れ。



e0344384_20175632.jpg



わが家のGWの風物詩です。



枝を剪定したり

苗を植え替えたり

プランターをペイントしたり…。



お天気がいいと

その思いはさらに過熱し、


あれやこれやと

日がな一日アレンジに励みます。



【以前の記事】

100均と廃材で手作りガーデニングオブジェ

ふつうの植木鉢のリメイク

製作費300yenガーデンオブジェの作り方

ベランダ緑化活動報告

備長炭で鉢を手作り

窓の景色をナチュラルにいいとこどり

多肉の鉢のリメイク



そんな折、


ベランダの室外機カバーが

古くなっていることに気がつきました。


足の1本が腐り始め、

傾いちゃってて…。


処分しようと

ネジを外して分解しました。


上部、側面×2、前面の4パーツ。


これを燃えるゴミとして捨てるには

更にノコギリで小さくしないとダメかなぁ…、


何かに活かせないかなぁ…、


などと考えていたところに、


またまた

イカシストの神が降臨!


上部のこの板、


e0344384_20252290.jpg


たまたま探していた板と

奥行がピッタリということに気がつきました。


で、

横幅をカットして


e0344384_20260319.jpg


白くペイントしたうえで

たわんでいた棚の補強板に採用。



e0344384_20181839.jpg


残りは

濃い茶色にペイントして



e0344384_20183363.jpg


アジアンエリアのベースとして使いました。


(わが家のベランダには

TDLのように

エリアごとにテーマありw


そして側面は



e0344384_20173210.jpg


足をカットし

上下につないでのっぽにしてから

クリーム色にペイント。



e0344384_20174483.jpg


以前から欲しいと思っていた

植物と物干しの間に


パーテーションとして置いてみました。



e0344384_20184633.jpg


そこに

以前、廃材で作ったフックを取り付けてみたら



e0344384_20180723.jpg


サイズもピッタリ。




「こんなに活かせてよかったっ!」


ブルゾンちえみ風に

言ってみました(笑)



【お知らせ】

収納工房CozyStyle神戸 

HPはこちらから!


ブログランキングに参加しています
クリックしていただけるとうれしいです


ライフスタイルランキング



[PR]
by cozystylekobe | 2017-05-02 21:56 | リメイク/手づくり | Comments(0)

トイレを自力リメイク

トイレがずっと気になっていました。


いえ、別に

トイレが好きで頭から離れない…とかそういう意味じゃなくて。


むしろ逆。


この家に住み始めて16年。


白い壁の汚れや

安っぽいフロアシートの柄が


気になって気になって

仕方ありませんでした。


そこで

思い切ってリメイクすることに。


すると


e0344384_10291570.jpg


こんなカンジだったトイレが


e0344384_16093710.jpg


こんなカンジになりました。


白かった壁は黄色くペイント。


オシャレ感ゼロのフロアシートは


e0344384_16132937.jpg


上から

100均のリメイクシートを貼ってみました。


e0344384_16082269.jpg


タオルハンガーは


e0344384_16073625.jpg


以前拾ったイチョウの木を使って

手作り。


以前の記事

【古い小物入れの、ほぼ0円リメイク】


ちなみに

ドアだけは茶色くペイント。


e0344384_16072173.jpg

ボケがちな黄色を

グッと引き締めます。


森の中をイメージして


棚の上には

鳥の親子と


e0344384_16090919.jpg


庭にあった枝を。


e0344384_16092287.jpg


トイレットペーパーホルダーの上にも

キノコを生やしてみました。


e0344384_16074866.jpg


ただし


オシャレ感を多少犠牲にしても

ブリテンボードだけはそのままです。



e0344384_16080104.jpg


以前の記事

【自分のレベルを知るトイレ】


格言カレンダーをふたつも並べて

啓発活動は

パワーアップして続行中()


ところで、


便器に座った先の床に

こんな三角の木材の切れ端があるのですが、


e0344384_16083564.jpg


さて、

これは一体何のためにあるのでしょうか。


ドアストッパー?

ブブ―ッ!


フットレスト?

ブブ―ッ!


正解は、これ。


e0344384_16085145.jpg


時計の背もたれ。


座った場所から見るのに

べスポジにベストな角度に置きたくて


三角の木材を採用。


これにより

時計が床から座っている人をガン見。


朝の遅刻を防ぎます!


【お知らせ】

収納工房CozyStyle神戸 

HPはこちらから!


ブログランキングに参加しています
クリックしていただけるとうれしいです



ライフスタイルランキング


[PR]
by cozystylekobe | 2017-04-15 16:45 | リメイク/手づくり | Comments(2)

使っていた木のまな板が

恐ろしく黒くなっていたので


新しく買い替えることにしました。


ちなみに、


あさイチによると

あの黒ずみは

カビではなく「変色」だそうです。


…と

軽い言い訳から入りましたが、


今日の主役は

新しく買ったまな板


ではなく


黒く縁どられた古い方のまな板です。


大小2枚あるまな板たち。


「何かに活かせないかな…」


捨てる前に一旦立ち止まってそう考えるのが

いつものルーティーン。


そして

やっぱり降りてきました、


イカシストの神。


ビフォー写真を載せるのは忍びないので

自粛しますが


アフター写真はこんなカンジ。


e0344384_06190903.jpg


かわいい壁掛けに変身しました。


作り方は

いたってカンタン。


100均の黒板ペイントをベタ塗りし

黒い変色をなかったことに。


e0344384_06201329.jpg


まな板より高めの枠を取り付け


e0344384_06210308.jpg


そこに貼るのは


e0344384_06235191.jpg


折れる定規。


以前蚤の市で買いました。

100yenくらいだったかな。


それを四角い形にして

貼っちゃいます。


e0344384_06250676.jpg


すき間に

鳥と


e0344384_06255959.jpg


100均のエアープランツを入れたら


e0344384_06262382.jpg


出来上がり。


e0344384_06264720.jpg


大きい方のまな板は


e0344384_06272686.jpg


白いフレームと

持っていたモビールを

貼っただけ。


説明のしようがない程のシンプルさです。


捨てるのはカンタンだけど

活かすのは楽しい


この達成感がたまりません


【お知らせ】


収納工房CozyStyle神戸 

HPはこちらから!


ブログランキングに参加しています
クリックしていただけるとうれしいです


ライフスタイルランキング



[PR]
by cozystylekobe | 2017-03-11 06:36 | リメイク/手づくり | Comments(2)

わが家は

16年住み続けている賃貸マンション。


それだけ住んでいると

さすがに壁に汚れが目立つようになり、


どうしたものかと悩んでいました。


特に気になるのがドア。


取っ手付近の汚れは

一生懸命こすっても全然落ちないし、


かといって

壁紙を張り替えるというのも大変そう。


いずれ引っ越すのに、

そこまでお金をかけるのもどうかと…。


打つ手がなくて悶々としていた

そんな折、


ホームセンターで

壁紙用のペンキを発見しました。


壁紙にペンキが塗れるって知らなかった私。


大家さんの許可を得て、


まずは、リビングの引き戸から

トライしてみることに。


買ってみたのはコチラのペンキ。


e0344384_23301128.jpg


パステルイエロー。


名前の通りのパステルっぷりだったので、

赤色などをちょびっと加え、


e0344384_23311308.jpg

イメージ通りに色を調合。


薄汚れた白い壁紙に塗ってみたら、

これが想像以上にいいカンジ!


e0344384_23403645.jpg


汚れが消えただけじゃなく、

部屋が一気に明るくなりました。


それに味をしめた私。


お次は

キッチン奥のドアを塗ることに。


こちらは、ちょっと挑戦して

強めのブルー。


e0344384_23453696.jpg


白一色でぼけていた風景が

かなりキリッ!としまりました。


面積が大きいので、


やってみると

思った以上に効果が出ます。


引っ越すまでに、

全てのドアが色付きになりそうな予感、


MAXです(笑)


【お知らせ】


収納工房CozyStyle神戸 

HPはこちらから!


ブログランキングに参加しています
クリックしていただけるとうれしいです



[PR]
by cozystylekobe | 2017-03-06 23:55 | リメイク/手づくり | Comments(2)

お客さまの腰掛の修理

片づけに伺ったお宅の

小さな腰掛。


e0344384_23272515.jpg


お気に入りでしょっちゅう使っていらしたものの


座面が破れていたので

「もう捨てようかな…」とおっしゃっていました。


e0344384_23270022.jpg


「いえいえ、そんなもったいない、

カンタンに直せますよ」と

修理を買って出ました。


大体のお好みを伺って

生地を選んで

直してお持ちしたところ


e0344384_23275545.jpg


とっても喜んでくださって。


e0344384_23281564.jpg


直した甲斐がありました。


「壊れたら買い直す」

ではなく、

「壊れたらひとまず直してみる」。


イカシストの基本方針です(笑)


【お知らせ】


収納工房CozyStyle神戸 

HPはこちらから!


ブログランキングに参加しています
クリックしていただけるとうれしいです


ライフスタイルランキングへ



[PR]
by cozystylekobe | 2017-02-27 23:37 | リメイク/手づくり | Comments(2)

少々古いハナシになりますが


先月台風が来た翌朝に

拾いモノをしました。

e0344384_17303852.jpg

折れたイチョウの枝×2本です。


葉っぱを取り除いて

しばらくベランダで乾燥させてから


家に取り込みました。

e0344384_17305658.jpg

こんな風に写真を撮ってみましたが、

そんなに広くないわが家。


実際は


こんなところに並べていたら

じゃまでしょうがありません。


枝が細くて

洗濯物すら干せない。


拾ってきた本当の目的は

リメイクに使いたかったから。


家にあった

だいぶ昔の小物入れ。

e0344384_17301152.jpg

古いモノは

好きなんですが、


これはちょっと


色が暗すぎて

雰囲気が重かったので


水色に

ペイントしてみました。

e0344384_17295882.jpg

その後


これに合う取っ手を

ずっと探していたものの、


なかなかしっくりくるモノが

見つからず


探すこと数年。


今回


この銀杏の枝に

白羽の矢を立ててみました。


ただ、


当たり前ですが

枝って皮がついている。

e0344384_17315582.jpg

そのままでもいいかな・・・

とも思いましたが、


何となくいでみたくなり、

挑戦してみることに。


剥ぎ方法を

ネットで調べてみたものの


これという答えが

見つからなかったので、


結局

あれこれ試行錯誤した挙句、


その方法を

独自に編み出しちゃいました。


それは

『焼く』。


よい子はマネしないでね。


傍に水を備えたうえで、


枝をガスコンロで炙って

クロ焦げにしてみました。

e0344384_17311120.jpg

皮はあっという間に

剥がせたものの


やり過ぎて

中まで黒くなってしまい…。


それをセッセと

紙やすりで削り、


なんとか


中の木肌が見えるまでに

もっていきました。


そのあと


オイルステインで好みの色味にして

ツヤなしニスを塗って

本体にねじ止めして

e0344384_17314091.jpg

完成。


なかなかいい色に

仕上がりました。

e0344384_17312751.jpg

聞いてもらえないのが残念ですが、


皮を剥いだ木と木をぶつけてみると

めちゃめちゃいい音がします。


いつかこれで

音を出すモノを作りたいと


またまた


いらぬ創作意欲が

湧いてしまいました。


【お知らせ】


収納工房CozyStyle神戸 

HPはこちらから!


ブログランキングに参加しています
クリックしていただけるとうれしいです



ライフスタイルランキングへ


[PR]
by cozystylekobe | 2016-10-23 18:07 | リメイク/手づくり | Comments(0)

「いつか使うかも…と言って

取っておいても


そのいつかは

絶対に来ません!」


という

予言じみたセリフを


たまに耳にしますが、


その「いつか」が

絶対に来ないのは、


保管管理が

きちんとできていないから

かもしれません。


いつか使うかも…

と思えてしまうモノを、


「いつか…」とか

「何かに…」とか

曖昧なイメージのまま


ざっくりテキトーに

しまい込んでしまうから、


結果


持っていることを

忘れてしまい


その「いつか」が

来ることはないワケで、


具体的に

使うイメージをつけてから


そのイメージに沿って

保管しておけば


その「いつか」が訪れた時に


めでたく活かせる可能性は

出てくるものです。


少なくとも


絶対来ない…ことは

ありません。


わが家には


「いつか」というタイミングで

持っていることを思い出し


しっかり活かせたモノが

多々あります。


最近では

このスクラップブック。

e0344384_15113045.jpg


実家を片づけた時に

出てきたモノです。


これを手にして

「いつか使うかも…」って思っちゃったら


適当にしまい込まず

こう自問自答。


Q「そのいつかって、どんな時?

どんな場面?」


A「何かをスクラップする時とか、

何かをスケッチする時とか、

何かをメモする時とかに使えそう」


Q「なら、それ、

どんなカテゴリーが相応しい?

どんなカテゴリーにしまっておけば、

必要な時見つけられそう?」


A「ノート予備とか?」


そうして、


ノートの予備として

保管されていた

このスクラップブック、


スクラップする必要が

出てきた時


「何か使えそうなモノはないかな」と

まず考え


予備がしまってある場所を

覗くことで

e0344384_15202014.jpg

存在を

思い出すことができるのです。


この度


カナダ留学が決まった娘に持たせる

スクラップブック。


実は、

本人に内緒で作成しました。


このままでは

味気ないので


表紙を

四角くカットし


裏から

友人作成の

女の子のイラストを覗かせて。

e0344384_15132035.jpg

MASAMI TAKEWAKI ILLUSTRATION

https://masamiillustration.wordpress.com/


パソコンで打った

娘の名前を貼ったら


上からラミネート。


オリジナルブックの完成です。


実家で

忘れられた存在だったモノを


ひとつ

活かすことができました。


その後


あれもこれもと欲張って

写真を貼っていったら、

e0344384_15143022.jpg

いつの間にか

総重量1㎏近くに…。


こうなると


簡易なスクラップというより

立派なアルバムです()


事前に見せたら

「重い!」と

家に置いていかれそうなので、


こっそり

スーツケースの奥底にしまって

留学先に持たせちゃいました。


ホストファミリーとの会話で

盛り上がれるように、


お食い初めや盆踊りといった

日本独自のイベントや

e0344384_15133565.jpg

わが家の先祖や

e0344384_15134976.jpg

娘の変顔の写真を

e0344384_15140921.jpg

勝手にチョイス。


娘がこれらを

英語で説明できるのかは

分かりませんが()


ホームステイ先で

落ち着いた頃


ようやく発見される

段取りです。


【お知らせ】

収納工房CozyStyle神戸 

HPはこちらから!


ブログランキングに参加しています
クリックしていただけるとうれしいです


ライフスタイルランキングへ










[PR]
by cozystylekobe | 2016-08-04 15:59 | リメイク/手づくり | Comments(2)

あれっ?

私って、もしかして老眼?


…と意識してから、

早ウン年。


最初に買った老眼鏡が


今も私の視力に

ジャストなのですが、


最近、


柄の部分が

ポキッと折れてしまいました。

e0344384_18081405.jpg

老眼鏡なくしては

1日たりとも生活できない私は、


すぐさま

新しい老眼鏡を買ったのですが、


かといって


折れてしまった老眼鏡を

捨てるのは惜しい。


だって、

柄が折れてしまっただけで、


レンズは

全く持って問題ナシ。


老眼鏡は、


できたら

家の各所に点在させておきたいので、


あればあったで

役に立つし…。


そこで

直すことにしました。


最初は


一生懸命

瞬間接着剤でくっつけようとしましたが、


これが

びっくりするほどくっつかない。


そこで、

これらの登場。

e0344384_18083055.jpg

セロテープと楊枝1本。


小さく2本にカットした楊枝を

添え木にして、


セロテープで

ぐるぐる巻き。

e0344384_18084749.jpg

おそらく、

ご想像通りですね()


これにより、


完全骨折の柄が

とりあえずはくっつきました。


家で使うメガネなので、


もちろん

これでもOKなのですが、


それではちょっと

もの悲しい。


そこで


家にあった

パッチワーク用キルトを

e0344384_18100845.jpg

リボン状にカットし、

e0344384_18090144.jpg

包帯のように

グルグル、グルグル。

e0344384_18094988.jpg

ちょっとおしゃれな

老眼鏡になりました。

e0344384_18093313.jpg

ちゃんと

折りたたむこともできるので、

e0344384_18091970.jpg


デスク横のワゴンに引っかけて

スタンバイさせています。

e0344384_18102350.jpg

この

グルグル手法、


ベランダの植物を吊るすポールの時と

同じ。


以前の記事

窓の景色をナチュラルにいいとこどり


お気づきの方、

鋭いです!


【お知らせ】

収納工房CozyStyle神戸 

HPはこちらから!


ブログランキングに参加しています
クリックしていただけるとうれしいです


ライフスタイルランキングへ






[PR]
by cozystylekobe | 2016-07-17 18:26 | リメイク/手づくり | Comments(0)

子どもが

小さい頃に使っていたモノ。


思い出があるし

かわいいし、


処分するには惜しいモノが

たくさんあります。


わが家の子どもは

すでに大きいので


それらを必要とはしませんが、


使い方を変えて

今なおわが家で活躍しているモノは


少なからずあります。


基本

イカシストなんで(笑)



例えば


以前も投稿した

おもちゃのトラック。

e0344384_12071134.jpg

今では、


リモコンなどを積載し

テーブル下とソファーの間の

ピストン輸送に大忙し()


以前の記事

リモコンの収納





木のおもちゃやミニカーなども

植物と一緒に飾ります。

e0344384_00241491.jpg

以前の記事

IKEAの温室「多肉タウン」

IKEAの温室「謹賀新年 with monkey」





花台にも

キッズアイテムが使われ

e0344384_10415535.jpg
e0344384_10422214.jpg

以前の記事

3という数について





母お手製の

ちびっこ用デスクは

e0344384_10434460.jpg

フタと箱それぞれが

別の場所で使われています。

e0344384_23184559.jpg
e0344384_09333922.jpg


以前の記事

DIYで棚手づくり

犬のケージの冬支度





学習机の一部が

違うところで使われているのは


記憶に新しいかも知れません。

e0344384_12354273.jpg

以前の記事

学習机引き出しの引っ越し先





現在

キッチンで欠かせない存在となっている

小ボウルは


子どもの友達が遊びに来た時

使っていたプラスチックカップ。

e0344384_22364569.jpg

以前の記事

新ボウルは活かされた不用品





子どものタオルケットは


母の真夏の寝具として

スヌーピーに出てくるライナスの毛布くらい


なくてはならないアイテムに(笑)

e0344384_13372399.jpg


以前の記事

布団のクローゼット収納


テレビ台下には

インテリア雑誌と共に


子どもが小さい頃に読んでいた

お気に入り絵本が


今もそのまま並んでいます。

e0344384_10163408.jpg
e0344384_10164873.jpg


そのテレビの裏では、

ごちゃごちゃコードを


幼稚園の頃使っていた

ランチボックスで目隠し。

e0344384_10170129.jpg



その様子をジッと見ている

クマ2頭は

e0344384_10174246.jpg

若かりし頃の私のおもちゃ。


そろそろ

アンティークの域かもしれません。


【お知らせ】


セミナー参加者募集中です!

【解決!おうちの片づけで子育てを楽にする方法 】

ブログランキングに参加しています
クリックしていただけるとうれしいです


ライフスタイルランキングへ



[PR]
by cozystylekobe | 2016-06-10 11:12 | あれこれ | Comments(0)