イカシストの私は


とにかくいちど

活かす目線で

物事を見るようにしています。


すると


それにより

マイナスがプラスに見えてくることが…。


わが家は


マンションにありがちな

南北に細長い作り。


南側のLDKと北側の玄関をつなぐ

廊下の東側に


各部屋が並んで配置されていて


まるで

学校の教室のようです。


その部屋に隣接するように

東側に高いマンションが建っているので


各部屋の窓から日が入ることは

ほとんどなく、


真昼間から薄暗い。


明るいのはLDKだけという

間取りです。


そんな


あまり褒められた環境ではない

わが家ですが


考えてみたら

日本には四季がある。


冬に

薄暗い部屋は嫌だけど


夏は

その方が過ごしやすい。


季節によって使い分けたらいいと

気がつきました。


家の中に

避暑地と避寒地がある…的な?


温度を図ってみたところ

その差は1℃以上。


活かさない手はありません。


なるべく夏は

最北端の寝室で過ごし


LDKは食事の時間以外

もぬけの殻という状態。


夜など

泥棒が留守宅と間違えて入ってきそうなくらい


通りから見たわが家は

ずっと真っ暗です


そんな夏を過ごすわが家に

今年は少し変化が。


留学してしまった娘の部屋が

空いたのです。


しばらくそこで過ごしてみて

気がついたのは


私の寝室よりコンパクトなので

なんだか落ち着くということ。


狭いので

エアコンをつけた時の効きもいい。


そこで

早速ここを


寝るとき以外の

私の避暑地にすることにしました。


置いてあるベッドは

ソファーにアレンジ。


ベッドのヘッドボードとカーテンが

壁との間にすき間を作り


壁にもたれかかりづらかったので

e0344384_13084964.jpg

前後を逆さにして

カーテンも外して。

e0344384_13090648.jpg

余り布で

クッションカバーを作って並べたら

e0344384_13082809.jpg

お昼寝も可能な

快適ソファーができました。

e0344384_13413444.jpg

娘のデスクに

ソコンを置き

e0344384_13102078.jpg

仕事もここで。

e0344384_13100369.jpg

ひそかにフィリピンパブと揶揄っていた

娘お気に入りのイルミネーションも

e0344384_13095033.jpg

涼しさ演出に

一役買っています。


犬の寝床も移動させ

e0344384_13103527.jpg

完全に

ここから出ない体制づくり。


細長い間取りを利用した

避暑地ライフで

e0344384_13415326.jpg

なんとか残暑を

乗り切る所存です(笑)


【お知らせ】


収納工房CozyStyle神戸 

HPはこちらから!


ブログランキングに参加しています
クリックしていただけるとうれしいです


ライフスタイルランキングへ









[PR]
by cozystylekobe | 2016-08-22 13:45 | あれこれ | Comments(2)

無地カーテンのリメイク

わが家は


和室の押入れや床の間を

クローゼットに改良して


自分のスペースとして使っています。


【以前の記事】

バッグ/ベルト/ストールの収納

クローゼット前の助っ人


その際


ふすまのままだと

使いにくいので


代わりにカーテンを

取り付けました。


天袋がふすまだったり

隠したい豪華絢爛な超和風な柱が

床の間に施されていたり


いろいろな事情があったため


そこも全て

覆ってしまった結果


壁一面が


上から下まで

黄色一色のカーテンに

なっちゃいました。


それはさながら

舞台の緞帳。


垂れ幕が上がって

芝居が始まりそうな

勢いです


広範囲を占めるカーテンを


味気ない無地から

ステキな模様がプリントされたものへと

チェンジすれば


大分印象は変わるだろうと

思いつつ、


その広さゆえ、

カーテンを買い替えるのも

かなりの出費。


それにやっぱり

イカシストとしては


既に持っているモノを

活かして解決したいところ。


そこで、


既存のカーテンを

ちょっとだけリメイクしました。

e0344384_10474357.jpg


渡り鳥1号

e0344384_10461705.jpg

渡り鳥2号

e0344384_10465373.jpg

渡り鳥3号を

e0344384_10463404.jpg

カーテンに飛ばしてみました。

e0344384_10460022.jpg

友人に見せたら


ロート製薬か?

と…。

(例のCMです)


鳩ではありません。

ツバメです。

念のため()


窓に掛けた手作りカーテンの

余り布を使っているので、

e0344384_10574513.jpg

さりげなくリンクできているのも

手作りならでは。


ちなみに、


その窓の前に置かれた流木は

e0344384_10470824.jpg

飾っていながらも


高いポールに掛けられているカーテンを

開け閉めするのに

使用する必需品。

e0344384_10472847.jpg

飾りだって

とことん活かします()


【お知らせ】

自宅セミナー常時開催しています。

収納工房CozyStyle

HPをご覧ください。


ブログランキングに参加しています
クリックしていただけるとうれしいです


ライフスタイルランキングへ



[PR]
by cozystylekobe | 2016-02-03 11:05 | リメイク/手づくり | Comments(4)

ねまき活用法

ねまきって

知っていますか?

e0344384_09243118.jpg

寝間着じゃないです。

根巻と書きます。


移植する根っこを包んで

保護するためのモノらしいのですが、


改装前のホームセンターで

安売りしている根巻を見つけて


名前も用途も分からなかった

根巻を


衝動買いしてしまいました。


その根巻は


袋にするのに

大活躍。


10㎝程度の

細いテープなので、


それを重ねる枚数により、


いろいろな幅の袋が

作れます。


テープの両端が

最初から始末してあるので


ほつれ止めをしなくていいのが

とっても楽。


3枚合わせて

100均のチェーンを合わせて

e0344384_09244743.jpg

ハンギングプランターのカバーに、

e0344384_09250460.jpg

2枚合わせれば

洗濯バサミ入れに、

e0344384_09252020.jpg

1枚なら

にんにく入れに。

e0344384_09253644.jpg

いろいろなサイズの袋が

簡単に作れます。


麻のごわごわ感を利用して


犬用の

足ふきマットも

作ってみました。

e0344384_09255308.jpg

このごわごわ感、


名前は似ていても


寝間着だけは

作れません()


【お知らせ】

コラム投稿しました。

マイベストプロ神戸

「解決!捨てられない服からクローゼットを救う、納得の整理収納法 」



ブログランキングに参加しています
クリックしていただけるとうれしいです


ライフスタイルランキングへ



[PR]
by cozystylekobe | 2015-12-23 09:41 | リメイク/手づくり | Comments(4)

備長炭で鉢を手づくり


昔嫌いだったけど、今は好きなモノ。
いろいろあります。

例えば、

トマトとかJAZZとか出川とか。

そんな、

年齢とともに気持ちが変化したモノのひとつに、

黒色があります。

私の場合、

インテリアの好みも

年代や時代とともに変化していき、

白一辺倒だったり、

白に、差し色としてパステルカラーが加えられたり、

木目調だったり。

その木目も、

これまた濃かったり薄かったり。

なにせ、

高校の頃からの愛読書が

「ふたりの部屋」。


いろいろなテイストの部屋を経てまいりました。

そして、

どの時代においても、

どのテイストにおいても、

避けてきたのが、

黒。

その黒が、

初めて私の生活に入ってきました。

メインカラーとしては使いたくはないけど、

挿し色としてはかなりいい!

なんとなく間が抜けてるなぁって時に、

黒を置くと、

きゅっと締まる。


そんな感じ。

そう思い始めた私は、

この度のベランダガーデニングづくりでも、

ところどころに黒を入れてみました。

以前の記事】
ベランダ緑化活動報告


テラコッタの鉢や


e0344384_17461352.jpg


ただの木箱を


e0344384_16525629.jpg


黒くペイントして、

リメイク。


e0344384_17103868.jpg


e0344384_16551252.jpg


それ以外にも使える黒はないかと

家の中を見渡して、
発見したのが

脱臭に使っていた炭。

これを使って鉢を作ろうと
思い立ちました。

土台となる適当な容器を

空き缶をカットして作り、


e0344384_16531960.jpg


備長炭の隙間から

缶の色が見えないように、

黒のビニールテープでカバーリング。


e0344384_16534330.jpg


備長炭の真ん中に穴を開け、


e0344384_16541494.jpg


穴にテグスを通し

きつく縛る。


e0344384_16543556.jpg


完成です。


e0344384_17012376.jpg


それを

IKEAのランプに入れてみました。


e0344384_16553813.jpg


挿し色だって
できれば家にあるもので。

活かすためなら
手を汚すこともいとわない私です(笑)


【お知らせ】

収納工房CozyStyle神戸 

HPはこちらから!


ブログランキングに参加しています
クリックしていただけるとうれしいです


ライフスタイルランキングへ


[PR]
by cozystylekobe | 2015-08-22 20:46 | リメイク/手づくり | Comments(0)

わが家はマンションですが


一階なので

ちっちゃな庭がついています。


住み始めた頃は


腰の高さまで雑草が生い茂る

荒れっぷりでしたが、


その後


こどもが遊べるようにと、

草をむしってただの広場にし、



e0344384_13450750.jpg



そして

こどもが遊ばなくなったので、


イングリッシュガーデンにしようと

庭に向き合い、

5年あまり。


生い茂った草木は

イングリッシュガーデンを通り越し、




e0344384_13463089.jpg


ジャングルの形相。


そんな状態を

なんとか庭レベルに留まらせるために、


手づくりオブジェを置いて

イングリッシュガーデン偽装を図ります。



以前も登場した、


100均すのことフォトフレームを使って作った

扉。


【以前の記事】

材料費300yenガーデンオブジェの作り方


e0344384_13530721.jpg


廃材と

100均の数字のオーナメントで作った


プレート。


e0344384_13545696.jpg


e0344384_13475564.jpg


100均のちっちゃな柵に

100均のオーナメントをつけただけの


柵。



e0344384_13542104.jpg



e0344384_13534309.jpg



そのまんま()


拾ってきた木箱に


ハギレパッチワークで作ったクッションを載せ、


e0344384_14012608.jpg


・・・ベンチ?


これらで



未開のジャングルを、


かろうじて

「人の手が入ったジャングル」に…。


【お知らせ】

収納工房CozyStyle神戸 

HPはこちらから!


ブログランキングに参加しています
クリックしていただけるとうれしいです


ライフスタイルランキングへ


[PR]
by cozystylekobe | 2015-07-24 14:14 | ガーデニング | Comments(0)