タグ:暮らしの工夫 ( 80 ) タグの人気記事

情報交換する主婦仲間。


いいと思ったものを教え合い

その情報は

グループからグループへと

受け継がれていきます。


その伝染力、インフルエンザ以上()


そんな私の周りで

絶大な支持を受けているワザがあります。


実際、


それを知った私の暮らしは

大きく改善。


アラフィフの記憶力の衰えを

すごぉぉぉくカバーしてくれています。


私を含めこのお年頃の生活は


お店から帰ってきたあとに買い忘れに気づくとか、

健康ネタをテレビで観て

やってみようと思ったのに忘れるとか…、


そんなことの連続です。


それを防ぐためには

とにかくメモることが基本。


冷蔵庫にメモを貼り

玄関にメモを貼り

…と頑張ります。


e0344384_13180767.jpg


ただし残念ながら

そのメモを持って出るのを忘れてしまうことが多い。


忘れないためのアイテムを忘れる…、

お年頃あるあるです。


ならば…と、

今度はスマホ機能の「メモ」とか「リマインダー」とかを使ってみる。


忘れん坊も

スマホだけは忘れないことが多いのです()


でも、普段からあまり使わない機能は

結局開くことを忘れる。


で、メモに気づかず

忘れておしまい…となるのです。


いちばん困っていたのが、


わざわざ買いに行くほどの急ぎではないけれど

何かのついでに買おうと思っているモノ。


たとえば、


「こんど100均にいったらアレ買おう」と思っていたのに

いざ行った時には

それが思い出せない。


で、帰ってきてしばらく経ってから

「あっ、あれ買うんだった」

…なんて感じに思い出すのです。


そんな買い忘れを

このたび解決してくれたのが


ラインを利用する方法。


(なので、ラインを使っていない方には

役に立たない情報です。ごめんなさい)


ラインのトークに

忘れたら困る買い物を送信します。



e0344384_13193067.png



ラインって

本来なら相手がいないとできないのですが、


グループを作ってしまえば

メンバーがひとりであっても

そこに送信することができるのです。


だから、項目ごとにグループを作成し

そこに品目を送信すれば

リストがライン上に作れます。


先ほどの例だったら、

100均買い物」というグループを作っておく。


買おうと思ったモノは、

思いついたその時に品目を送信しておく。


そうすれば、


100均に行ったときにそのグループトークを開きさえすれば

覚えてなくても思い出せることができるのです。


トークには写真も送信できるので、

欲しいと思ったモノは画像で送ることもできます。


これって、手書きのメモではできない芸当。


で、このときの注意。


買ったモノは削除させる必要があるので、

送信は一品ずつにするのがおすすめ。



e0344384_13185872.png

そうすれば、個々に削除できます。


私はこの方法が

今までの中でいちばん相性がよかったので、

(本当にいろいろと試しました…)


それ以外にも

覚えておきたいことは全部ここに送信することに。


そしたら、


いろんなことでごちゃごちゃしていた頭の中が

スッキリ整理でき、


せっかく手に入れたお役立ち情報を

活かせるようになりました。


そんなこんなで、

私が作ったグループラインの一部です。


ー買い物系ー

買い物リスト

100

ホームセンター


ーTo Do List系ー

To Do List(毎日)

To Do List(追々)

コーディネート


ー情報系ー

健康ダイエット

いいコトバ


…などなど。


それ以外にも

仕事の項目をいくつか作っていますが、


グループトークの順番で

自分がサボってた項目が分かるので


(下の方にある項目は

しばらくチェックしていなかったってことになる)


そんなことが発見できるのも

面白いです。


私の周辺ではやっている

ライン利用の頭の中の整理術。


おすすめです。



追記


グループの作り方が分からないという方のために

その作り方を載せておきますね。


①画面一番下の左にある「人」マークを押す

②画面一番上の右にある「人+」マークを押す

③「グループ作成」を押す

④グループ名と書かれたところに項目を入れて、画面右上の「保存」を押す

で、完成です!


【お知らせ】


コラム投稿しました!

「収納に悩む場所No.1「押入れ・クローゼット」を解決する、とっておきの3つのルール」


マイベストプロ神戸に登録されています。


HPはこちらから!

《活かす片づけ》収納工房CozyStyle神戸


インスタグラム始めました!




[PR]
by cozystylekobe | 2017-09-28 13:31 | 備え | Comments(0)

捨てる前に

何かに使えないかぁと考えるのが

モットー。


そこでイメージがついたら


カテゴリーに沿って

(ときにはカテゴリーを新設して)

保管しておきます。


多いのは

「材料」というカテゴリー。


e0344384_07052413.jpg


このカテゴリーなら

なんでも入ってしまいそうですが、


そこは一応基準があって。


天然素材で

切ったり塗ったりできるモノ限定。


だから、

DIYで出てきた廃材が

結構入っています。


ある日、


出窓をボーっと見ていて

ひらめきました。


これなら作れそう…と。


それが、これ。


e0344384_07072872.jpg


E」というイニシャル。


わが家の頭文字です。


材料カテゴリーから

廃材を引っぱり出し


e0344384_07101791.jpg

並べてみたら


e0344384_07113389.jpg

ちゃんとした「E」。


それを裏からねじ止めし

(かなりテキトーw)


e0344384_07133531.jpg

ペイントしたら


e0344384_07150240.jpg


なかなかのオブジェができました。


子どもが昔使っていた椅子に

置こうとしましたが


椅子だけに座面が斜めで

なかなか立たない。


そこで使うのは


以前も紹介した

「ひっつき虫」です。


e0344384_07160387.jpg


安定が悪くても斜面でも


思い通りの角度に

ピシッと立たせてくれます。



e0344384_08032266.jpg


捨てればゴミ、活かせばオブジェ。


お気に入りが

またひとつ増えました♪


廃材利用例、まだまだあります!


【以前の記事】

カラーボックスの昇格

100均と廃材で手作りガーデンオブジェ

古い小物入れの、ほぼ0yenリメイク

古くなったまな板のリメイク

古くなった室外機カバーの活かし方


【お知らせ】

マイベストプロ神戸に登録されています。


HPはこちらから!

《活かす片づけ》収納工房CozyStyle神戸


インスタグラム始めました!




[PR]
by cozystylekobe | 2017-09-23 08:06 | リメイク/手づくり | Comments(0)

片づけサポートサービスで

おうちの片づけに伺う際、


そのお宅から出てきたゴミは


大型のモノ以外

全て引き取ることにしています。


作業時間が限られているので

なるべく時間短縮になるようにと、


分別をせず


とにかく全てのごみを

ゴミ袋に入れて持ち帰ります。


そして

持ち帰ったごみは


帰宅後に

ひとつひとつ分別していきます。


私の片づけスタイルは

「活かす」こと。


なので、


再生可能なゴミは

全てリサイクルできるように


再生紙や布は廃品回収へ


まだ着られる洋服や使える小物はNPO団体の寄付へ。


それ以外のモノも、


なるべく燃やすゴミにならないよう

細かく細かく分別していきます。


その中に


「これ、リサイクルには回せないけど何かに使えそう」

と思えるモノがあったりするのですが、


そんなときは

あれこれ活かせる道を考えます。


たとえば


先日の片づけで出てきたのが

これ。


e0344384_12290094.jpg



ハンドメイドのバッグで使う取っ手です。


お客さまはとても器用で

たくさんの趣味をお持ちの方。


ハンドバッグも数多く手作りされていましたが、


この取っ手は持ちにくいとのことで

4つ処分されました。


そう、

確かにこの取っ手は持ちにくい。


肩にも掛けられないしね。


でも、

とっても丁寧に作られた取っ手


捨てるのはなんだか忍びない…。


そこで、考えました。


用意したのは

発泡スチロールの板と薄いベニヤ板と布。


e0344384_12291266.jpg



スチロールと板をくっくけて

土台にし


e0344384_12295234.jpg



布にテグスで

取っ手を縫い付け


土台にタッカーでもって留めてみました。


e0344384_12301090.jpg



なかなかステキな壁掛けが完成。


後日お客さまにお見せしたところ、


「再利用してくれて嬉しい!」

と言っていただけました。


おまけ。


発泡スチロールの余った部分は

細かく切って


e0344384_12292586.jpg



鉢底石の代わりに使用します。


軽くてとっても便利。


使えるモノは

とことん活かさないとね。


【お知らせ】

収納工房CozyStyle神戸 

HPはこちらから!


マイベストプロ神戸に登録しています。


新着コラムはこちらから!

『収納を見直すことで手間を省いてみよう!神戸市東灘区Uさま邸キッチン実例 』

『収納を見直すことで収納量を増やしてみよう!神戸市東灘区Hさま邸押入れ/子ども部屋実例』



[PR]
by cozystylekobe | 2017-07-21 12:45 | リメイク/手づくり | Comments(2)

リビングを自力リメイク

わが家のルールは

「頑張っている人優先」。


だから、試験中


子どもは

お皿洗いからも犬の散歩からも解放され、


全ては母の仕事になります。


試験が終わるまでの間の

応援キャンペーンです。


このルール、


子どもに勉強させるのに

結構使える。


「勉強があるなら、ママが洗ってあげるよ」


勉強かお皿洗いの2択となると


ウチの子どもの場合

間違いなく勉強を選びます。


勉強しない子どもを叱るより


「勉強しないなら、お皿は自分で洗って」という方が

効き目があるし


選択権は子どもにあるから

トラブルにならない。


「ママが洗ってあげるのは、頑張っている人を応援したいから」

というスタンスです。


そうするには、


早いうちから

自分のお皿は自分で洗うというルールを課しておく必要がありますが、


手遅れじゃなければ

試してみる価値アリです。


という家訓に則り


わが家での受験生は

頑張っている限り優遇されます。


冬、

子ども部屋は寒いので


リビングのコタツを

受験生ムスコに明け渡していました。


だから、

最近までリビングは

こんなカンジ。


e0344384_14111446.jpg


おしゃれライフもへったくれもありません。


本やらプリントやらが

コタツ上や床にばらまかれていたので


応急処置として

部屋のど真ん中に本棚を置きました。


せめて

イニング側からは毒々しい赤本が見えないように…と


オープン棚の背に布を洗濯バサミで挟み

即席のカーテンを作ってみましたが


実際は、そんなモノじゃカバーできないくらい

毒々しかったです(笑)


でも、ガマン。


家は

家族の必要に沿って作られ、使われるべきもの。


受験という

人生の岐路に立っている子どもがいるなら、


その時はそれが最優先です。


すっきりキレイにすることが

家の目的ではないからね。



とはいえ、

いつまでもその状態のままではいられない。


ワタシだって、

本当は

すっきりキレイなリビングが好きなのです。


だから

受験が終われば容赦しません。


本棚も赤本もプリントも即撤去。


そして、

リビングでずっとやりたくて我慢していたこと、


やってみました。


壁のペンキ塗りです。


またもや…です。


【以前の記事】

トイレの自力リメイク

洗面所の自力リメイク



もてなされていた受験生も


受験が終わってしまえば

タダの人。


それまでの分を

労働でお返しするよう強要され、


高い場所のペンキ塗りを担当させられました。


で、完成したのが

こちら。


e0344384_14054355.jpg



e0344384_14061416.jpg


近くに寄ると

アラが見えちゃったりもしますが


ワタシ的には

大満足の仕上がりです。


ちなみに、この色

黒のように見えますが


実は、

茶色と紫の間の色。


赤、青、茶、黒を混ぜに混ぜて

理想の色を

やっとこさ作り出しました。


壁を白からこの色に変えて

イチバン効果があったのは、


テレビ画面が浮かび上がって見えること。


e0344384_14044342.jpg


(週に2日の楽しみ、アメトーーク♥)

臨場感ハンパないです。


グリーンも額も映える。


e0344384_14041425.jpg

e0344384_14051390.jpg


白壁だった時より断然いい。


受験中のガマンが

堰を切って溢れ出したこの春、


その勢いはGWの今も衰え知らず。


まだまだ続く予感大です()


【お知らせ】

収納工房CozyStyle神戸 

HPはこちらから!


ブログランキングに参加しています
クリックしていただけるとうれしいです



ライフスタイルランキング



[PR]
by cozystylekobe | 2017-05-05 14:34 | リメイク/手づくり | Comments(2)

気持ちのいい季節になると


俄然張り切り出しちゃうのが

植物の手入れ。



e0344384_20175632.jpg



わが家のGWの風物詩です。



枝を剪定したり

苗を植え替えたり

プランターをペイントしたり…。



お天気がいいと

その思いはさらに過熱し、


あれやこれやと

日がな一日アレンジに励みます。



【以前の記事】

100均と廃材で手作りガーデニングオブジェ

ふつうの植木鉢のリメイク

製作費300yenガーデンオブジェの作り方

ベランダ緑化活動報告

備長炭で鉢を手作り

窓の景色をナチュラルにいいとこどり

多肉の鉢のリメイク



そんな折、


ベランダの室外機カバーが

古くなっていることに気がつきました。


足の1本が腐り始め、

傾いちゃってて…。


処分しようと

ネジを外して分解しました。


上部、側面×2、前面の4パーツ。


これを燃えるゴミとして捨てるには

更にノコギリで小さくしないとダメかなぁ…、


何かに活かせないかなぁ…、


などと考えていたところに、


またまた

イカシストの神が降臨!


上部のこの板、


e0344384_20252290.jpg


たまたま探していた板と

奥行がピッタリということに気がつきました。


で、

横幅をカットして


e0344384_20260319.jpg


白くペイントしたうえで

たわんでいた棚の補強板に採用。



e0344384_20181839.jpg


残りは

濃い茶色にペイントして



e0344384_20183363.jpg


アジアンエリアのベースとして使いました。


(わが家のベランダには

TDLのように

エリアごとにテーマありw


そして側面は



e0344384_20173210.jpg


足をカットし

上下につないでのっぽにしてから

クリーム色にペイント。



e0344384_20174483.jpg


以前から欲しいと思っていた

植物と物干しの間に


パーテーションとして置いてみました。



e0344384_20184633.jpg


そこに

以前、廃材で作ったフックを取り付けてみたら



e0344384_20180723.jpg


サイズもピッタリ。




「こんなに活かせてよかったっ!」


ブルゾンちえみ風に

言ってみました(笑)



【お知らせ】

収納工房CozyStyle神戸 

HPはこちらから!


ブログランキングに参加しています
クリックしていただけるとうれしいです


ライフスタイルランキング



[PR]
by cozystylekobe | 2017-05-02 21:56 | リメイク/手づくり | Comments(0)

洗面所を自力リメイク

トイレと同じく


【以前の記事】

トイレを自力リメイク


洗面所も


あれこれいろんなことが

ずっと気になっていました。


そこで

またまたリメイク。


賃貸だからってあきらめません!




まずは、

ドアの汚れから直します。


2か所あるうちの

廊下へつながるドアを紺色


e0344384_00134143.jpg


キッチンへつながるドアを

紫色にペイントしました。


(ちなみに裏は既にリメイク済み。

【以前の記事】

効果大!ドアの簡単リメイク


e0344384_00142635.jpg


結構大胆な紫。


ドキドキしながら使ってみた

その理由は


e0344384_10141794.jpg

この洗面台のシンクのピンク色と

他で使う青色を

リンクさせたかったのと


  ぼやけたファンシーなピンク色を

ギュッと締めたかったから。




そして、


攻めのカラーでドアを変身させたら

ますます目立っちゃったのが


ザンネンな柄のクッションフロアーです。


e0344384_00113674.jpg


そこは

水色の木目調にリメイクしました。


e0344384_00132885.jpg


使ったのは

ダイソーのリメイクシート。


e0344384_09520696.jpg


トイレリメイクの時にも使いましたが、


本当に


100円とは思えないほどの

クオリティーの高さです!




そして


洗面所リメイクの

最後に手掛けたのが


扉の取っ手。


これまたファンシーなピンクをあしらった

トホホなフォルムで…。


e0344384_09580063.jpg


これを変身させるべく使ったのは


毎度おなじみの

木の枝。


またか…ってカンジ?


でも


どんなサイズにも対応できる

なんてたってタダだし(笑)


今のところ、

全面的に小枝頼りです。



【以前の記事】

古い小物入れの、ほぼ0円リメイク


各サイズに切って

つやなしニスを塗って


作りつけの洗面台と右隣に置いた棚を

一体化させるために


e0344384_00114848.jpg


洗面台だけでなく

棚の取っ手やタオルハンガーも




e0344384_00135562.jpg


e0344384_00140956.jpg




小枝仕様にしてみました。


e0344384_00122996.jpg


以前から

ちょこちょこ手を加えてきた洗面所ですが、


【以前の記事】

クリアファイル活用法

洗剤の手間なし収納

あわてない石けん収納

木材にマグネットで貼る方法

ティッシュ置き場をめぐる冒険

体重計の置き方

ブラシの収納



これにて

ひとまず完成かな。


e0344384_00131230.jpg


といっても

何かを思いつくまでの間…ですけどね ()


【お知らせ】

収納工房CozyStyle神戸 

HPはこちらから!


ブログランキングに参加しています
クリックしていただけるとうれしいです


ライフスタイルランキング



[PR]
by cozystylekobe | 2017-05-01 11:44 | リメイク/手づくり | Comments(2)

引出しの中の

細々(こまごま)した小物の収納。


できる限り

寝かせるより


e0344384_10401141.jpg


立てた方が


e0344384_10402110.jpg


取り出しやすいし

場所も取らない。


ただ、


これらを立てるのって

なかなか大変です。


ある程度仕切られた小物入れを使っても


そこを満員電車のように

ぎゅう詰めにしない限り


e0344384_10403482.jpg


だらしなく

何かにもたれかかっちゃう。


すると、

出し入れがしにくくなる。


なので、


なるべくなら

他に頼らず


ひとつひとつを

自立させる必要があります。


そこで、


それを解決してくれて

しかもタダで手に入っちゃう


スグレモノご紹介。


それは、


e0344384_10404913.jpg


スプレーやプッシュ式のボトルのキャップ。


わが家では、


よく使うボトルの場合

キャップを外した状態で置いています。


大抵、

カバンにでも入れて持ち運びしない限り

キャップは不要。


使う時、外すひと手間が余計にかかるだけです。


その底に両面テープを貼って

(「ひっつき虫」を使用。オススメです!)


e0344384_10410005.jpg


立たせたい場所に置けば、


北の、あの国の軍人のように

見事なまでの直立不動っぷり()


e0344384_10411108.jpg


引出しを開け閉めしても

微動だにしません。



そして、


立たせると言えば

もうひとつ。


今度は


出しやすさより入れやすさを求めて

立たせるパターンです。


わが家の場合、



e0344384_11064986.jpg


家計簿をつけるのに

レシートを取っておきますが、


それを保管するのに

使っているのが


これ。


e0344384_11060812.jpg


アルバムのケースです。


本体は「使い道がない」と見定め

捨ててしまっていましたが、


しっかりしたケースだけは

「仕切りに使えそう」と判断。


キープしておきました。


それを

ここで採用。


机の引出しの一番下にセットしておけば、


お財布に溜まったレシートは

座ったまま投げ入れるだけで保管できます。


e0344384_11071265.jpg


家計簿や計算機と共に

全てを立てて収納すれば


小スペースで手間いらず。


いいことづくしです。



「何かに使えるかも…」と思えるモノは、

使用目的と保管場所を明確にして、


「こんなモノないかな・・・」って時に

そこをチェックする癖をつけさえすれば


活かせるチャンスが巡ってきます!




目からウロコの収納法、

まだまだあります!!


【以前の記事】

かくれんぼ収納(キッチン編)

布団のクローゼット収納

シーズンオフの服の収納法

DIYで解決!のっぽな掃除道具の収納庫

レジ袋のカンタン便利な収納法

すき間はあえて作るが勝ち



【お知らせ】

収納工房CozyStyle神戸 

HPはこちらから!


ブログランキングに参加しています
クリックしていただけるとうれしいです


ライフスタイルランキング


[PR]
by cozystylekobe | 2017-04-22 17:06 | 収納 | Comments(2)

先日片づけに伺ったお宅は


小学校1年生を筆頭に

3人の男の子がいるお宅。


リビングにあるおもちゃ箱が使いにくく

キャパも少なかったため


おもちゃが部屋中に溢れかえってきました。


e0344384_11252361.jpg


そこで

おもちゃ箱を新設することに。


ところで、

リビングって


家族のくつろぎの場所

客さまを招き入れる場所。


お子さんがおもちゃで遊ぶのがリビングなのは

もちろんですが、


おとなもリラックスできないといけません。


そこで、リビングをゾーンで分けました。


大きなソファーを境に


その後ろをプライベートコーナー(子どもコーナー)

手前をパブリックコーナー(くつろぎコーナー)に。



e0344384_11263455.jpg



となると、当然おもちゃ箱は

子どもコーナーに設置する必要があります。


ただ、


いくらゾーン分けをしたとはいえ

やっぱりリビングには変わりない。


スッキリ感を出すためには

なるべくなら目立たないように置きたいものです。


そこで、

あるモノを利用して


とっても片づけやすく

なおかつ見た目スッキリを実現させます。


しかも費用¥0!


夢のような設置場所です。


ここで利用するモノとは

実は死角。


ソファーのウラを使いました。


そこに

フタのない箱をズラッと一列に並べます。


e0344384_11280654.jpg



すると

くつろぎコーナーからは全く見えないのに、


実際は

一番近くに置くことができます。


フタがないので


くつろぎコーナーで遊んだあと

ソファーの背からポイっと投げ入れれば


カンタンに片づけられる。


e0344384_11290610.jpg



いいことづくめです。


死角は


使いやすさとスッキリの両方を一気に手に入れられる

お宝スペース。


利用しない手はありません。



【お知らせ】


収納工房CozyStyle神戸 

HPはこちらから!


ブログランキングに参加しています
クリックしていただけるとうれしいです


ライフスタイルランキング




[PR]
by cozystylekobe | 2017-03-12 12:27 | 収納

定位置は

家にある全てのモノに決めるのが鉄則。


定位置を決めずして

暮らしやすさは手に入りません。


ただ、実際は

定位置を決めても


そのどこにも属さないような

行き場のないモノが


家の中を彷徨うことがあります。


そんなときは

新しいカテゴリーを作っちゃいましょう


片づけに伺ったこのお宅では、


どこにしまえばいいのか

身の振り方が決まっていないモノが


家の中に

とりあえず置かれている状態でした。


そんなときはひとつひとつ

「これは何か」「いつどのように使うモノか」を

尋ねます。


今回、

幾度となく聞かれたセリフがこちら。


1.「旅行に行くときに使うのよ」「旅行に必ず持っていくの」

2.「これ、腰が痛い時に使うの」「部屋で筋トレするのに必要なモノなの」

3.「娘に渡そうと思っているの」「今度息子にあったら渡すつもり」


それらの言葉から、

必要なカテゴリーが見えてきます。


この場合、


1の「旅行に行くときに使うモノ」とは

折り畳み傘、オペラグラス、花札、充電器、ドライヤーなど。


それらに対し、


「旅行の時に使う」という

使用目的を意識しないまま片づけると

どうなるか。


おそらく、

単純に種類で分けてしまいます。


「折り畳み傘は玄関の傘置き場へ置いておこう」とか

「ドライヤーは洗面所の棚に入れておけばいいか」というように、


家の中の各所に

てんでバラバラに収められてしまうのです。


間違いなく花札が

りたたみ傘と一緒のカテゴリーになることはありません。


たとえばそこに

「ゲーム」というカテゴリーがあれば、

とりあえず花札の収納場所は見つかります。


が、今度は

旅行準備の段階で各収納場所を回り

いちいち集めなければいけなくなります。


また

そんなカテゴリーすらないとなると、


行き場がないまま放置されたり

適当にどこかに入れられてしまったり。


そうして

いざ旅行という時に、

「ない、ない。どこ行った?」と探し回る羽目になるのです。


そこで

「旅行グッズ」という、

目的に沿ったカテゴリーを新設します。

e0344384_09020615.jpg

こうすれば

収めるべききちんとした収納場所ができるだけでなく、

旅行に行くときの準備がカンタンになります。


このお宅で

それ以外に生まれた新カテゴリーは、


「健康グッズ」や「出ていくモノの仮置き場」。

e0344384_08580667.jpg

血圧計やコルセット、筋トレのツールなどは

健康にまつわるモノたち、

遠方に住むお子さんたちに渡したいモノは

家から出ていくモノたちです。


【以前の記事】

楽に暮らせる家に必要なモノ


要は

行き場がなく家の中を彷徨うモノを見た時に、

「どのようにしているのか」「どのようにしたいのか」を考える。


そうすると

そのモノの目的が見えてきます。


それに沿って

カテゴリーを作ってあげたらいいのです。


ポイントは

「隠れた使用目的にいかに気づけるか」。


どうしても

モノの種類でカテゴリーを作りがちですが、


使いやすくすることを考えたら

まとめる軸は

「使う目的」がオススメです。


【お知らせ】


収納工房CozyStyle神戸 

HPはこちらから!


ブログランキングに参加しています
クリックしていただけるとうれしいです



ライフスタイルランキング



[PR]
by cozystylekobe | 2017-03-10 09:17 | 収納 | Comments(2)

洗面所の片づけ作業での

こちらの棚。

e0344384_22160051.jpg


タオルが収納されているのですが、


棚板が少なく

カゴの上部がムダに空いていました。


今回のご希望は、


上の階の子ども部屋にあるお子さんの下着を

ここに収納すること。


動線を考えたら、

最初から洗面所に置いていた方が

断然便利です。


ならば、棚板を増やして

上部の空間を利用すればいい…、


そう作戦を立てました。


ところが、この棚。


見かけによらず

奥行きが深かったのです。


棚板を増やして下着を入れたとしても


そのままでは

奥まで使い切れません。


そしてその奥には

既に掃除道具が置かれていました。


ここを棚板で潰してしまうと

掃除道具の収納スペースがなくなってしまいます。


そこで、急きょ作戦変更。


棚板をそのままはめ込むのではなく



e0344384_22171275.jpg


すのこを使って棚を作ることにしました。



e0344384_22164190.jpg


この棚にキャスターを付け

棚自体を引き出すことで



e0344384_22183308.jpg


しろの空間に収まっているモノを

取り出せるようになります。



e0344384_22232023.jpg


奥を有効利用するに

役に立つのは


なんたってキャスター。


不可能を可能にする

棚の下の力持ちです。


【以前の記事】

超かんたんDIY収納


ちなみに、この棚。


カゴをスライドさせた時に

ネジのアタマが引っかからないよう、


e0344384_22174690.jpg

ちょっとだけくぼみを作り

そこにねじを押し込んでみました。


e0344384_22321121.jpg


だから、

かごの出し入れがスムーズ。


べっぴんです(笑)


【お知らせ】


収納工房CozyStyle神戸 

HPはこちらから!


ブログランキングに参加しています
クリックしていただけるとうれしいです


[PR]
by cozystylekobe | 2017-03-05 23:05 | 収納 | Comments(0)