タグ:暮らしの工夫 ( 77 ) タグの人気記事

お気に入りの

IKEAのカーペット。

e0344384_10101219.jpg

白い部分が

とにかく汚れます。


どうにかしてきれいにしたいと

試行錯誤した結果


トンデモナイ荒ワザを

あみ出しました。


使うモノは

e0344384_10020744.jpg

スチーマー

セスキ炭酸ソーダ

大量の使い古しのタオル


そして

肩たたき。


いえ、

打ち間違いじゃありません。


正真正銘

肩たたきです。


その荒ワザとは

こう。


カーペットの下に

タオルを敷き詰め、

e0344384_10152055.jpg

セスキ炭酸ソーダを

スプレーし、


スチーマーで

汚れを浮き立たせ

e0344384_10150017.jpg

タオルで

それを押さえたら


上から

肩たたきで連打。

e0344384_10160711.jpg


タオルに

全ての汚れを吸わせます。


この方法で

e0344384_10130722.jpg

こんな汚れも

e0344384_10133250.jpg

こんなに白く。

e0344384_10142488.jpg

上半分、叩き済

下半分、未叩き()


奥さん、

どうです?


すごいでしょう!


このスチーマーに

肩たたきをつけて


今ならたったの

チマンエン!

(ウソです)


とにかく


汚れを浮かしてから

吸い取るまでの


時間が勝負。


右手に肩たたき、

左手にスチーマーを持っての


同時進行です。


すごい姿で

這いつくばる姿、


かなり異様ですが


やっている本人は

大真面目。


時たま

手を休めては


肩たたきを持っていることを

忘れ


拳で

肩をたたきます()


そのかいあって


カーペットは

e0344384_10044450.jpg

水洗いしたかのように

ピカピカ。


たまたま

実家から持ってきていた肩たたきが


思わぬカタチで

活かせました。


「うちにもスチーマーと肩たたきがあるぞ」って方、

試しにやってみてください。


結構ハマります()


【お知らせ】


収納工房CozyStyle神戸 

HPはこちらから!


ブログランキングに参加しています
クリックしていただけるとうれしいです


ライフスタイルランキングへ


[PR]
by cozystylekobe | 2016-11-09 10:25 | あれこれ | Comments(2)

掃除には

「ここ」っていうゴールがないから、


いくらやっても


やり終えた感を

得られにくいものです。


特に


毎日のサラッとした掃除ではなく

割と本格的な掃除。


一回掃除したところで

ずっとやらなくていいものではないので


やってもやっても

なんとなく気にかかるもの。


家にいる限り落ち着きません。


そこで


それをしっかり

管理することにしました。


その司令塔は

冷蔵庫のトビラにあります。

e0344384_07261491.jpg

お手製の

マグネットのプレート。

e0344384_07234549.jpg

『未』と『済』の下に

各場所を表したプレートを貼って、


掃除が済んだら、


『未』列にあったその部屋のプレートを

『済』列に移動させます。


これにより


掃除の進行状況を

一目瞭然に。


3か月を1タームとして


その間に


どの部屋も

ひと通り手をつけ、


それを

4回くり返します。


その徹底度は

その都度決めていくものの


10月から12月の3か月は

年末大掃除も兼ねているので


徹底レベルMAX


となれば、


引き出しの中身や

保管してある書類は


要・不要を全て見直し

整理。


動かせる家具は動かして


普段は見ることのないその裏を

徹底的に掃除。


隅々まで

1年の垢落としをします。


たとえ

徹底度レベルMINの掃除でも


カーテンの洗濯や床のワックスがけくらいは

やることに。


進行状況を見える化すれば


掃除する場所のムラを

防げるだけでなく


一度掃除した場所は


次のタームまで

心置きなく放置できる。


この「心置きなく」が重要で…。


主婦は


家にいる限り


得体のしれない何かに

常に追われてしまいがちだから(笑)


そして何より


『未』から『済』に

プレートを移動させる


その瞬間の

達成感がたまりません。


ところで

このお手製プレート、


実は


これを使って

作っています。

e0344384_07242932.jpg

しょっちゅう郵便受けに入っている

広告用のマグネットシート。


好みの幅にカットして、

e0344384_07244852.jpg

テプラで作ったラベルを

e0344384_07240490.jpg

貼りました。

e0344384_07250638.jpg

これにより


早く

全てを『済』の列に移動させたくて


いそいそと掃除に取り組む

自分がいます。


見える化って大事。


我ながら単純です ()


【お知らせ】


収納工房CozyStyle神戸 

HPはこちらから!


ブログランキングに参加しています
クリックしていただけるとうれしいです


ライフスタイルランキングへ


[PR]
by cozystylekobe | 2016-10-29 07:53 | Comments(2)

少々古いハナシになりますが


先月台風が来た翌朝に

拾いモノをしました。

e0344384_17303852.jpg

折れたイチョウの枝×2本です。


葉っぱを取り除いて

しばらくベランダで乾燥させてから


家に取り込みました。

e0344384_17305658.jpg

こんな風に写真を撮ってみましたが、

そんなに広くないわが家。


実際は


こんなところに並べていたら

じゃまでしょうがありません。


枝が細くて

洗濯物すら干せない。


拾ってきた本当の目的は

リメイクに使いたかったから。


家にあった

だいぶ昔の小物入れ。

e0344384_17301152.jpg

古いモノは

好きなんですが、


これはちょっと


色が暗すぎて

雰囲気が重かったので


水色に

ペイントしてみました。

e0344384_17295882.jpg

その後


これに合う取っ手を

ずっと探していたものの、


なかなかしっくりくるモノが

見つからず


探すこと数年。


今回


この銀杏の枝に

白羽の矢を立ててみました。


ただ、


当たり前ですが

枝って皮がついている。

e0344384_17315582.jpg

そのままでもいいかな・・・

とも思いましたが、


何となくいでみたくなり、

挑戦してみることに。


剥ぎ方法を

ネットで調べてみたものの


これという答えが

見つからなかったので、


結局

あれこれ試行錯誤した挙句、


その方法を

独自に編み出しちゃいました。


それは

『焼く』。


よい子はマネしないでね。


傍に水を備えたうえで、


枝をガスコンロで炙って

クロ焦げにしてみました。

e0344384_17311120.jpg

皮はあっという間に

剥がせたものの


やり過ぎて

中まで黒くなってしまい…。


それをセッセと

紙やすりで削り、


なんとか


中の木肌が見えるまでに

もっていきました。


そのあと


オイルステインで好みの色味にして

ツヤなしニスを塗って

本体にねじ止めして

e0344384_17314091.jpg

完成。


なかなかいい色に

仕上がりました。

e0344384_17312751.jpg

聞いてもらえないのが残念ですが、


皮を剥いだ木と木をぶつけてみると

めちゃめちゃいい音がします。


いつかこれで

音を出すモノを作りたいと


またまた


いらぬ創作意欲が

湧いてしまいました。


【お知らせ】


収納工房CozyStyle神戸 

HPはこちらから!


ブログランキングに参加しています
クリックしていただけるとうれしいです



ライフスタイルランキングへ


[PR]
by cozystylekobe | 2016-10-23 18:07 | リメイク/手づくり | Comments(0)

イカシストの私は


とにかくいちど

活かす目線で

物事を見るようにしています。


すると


それにより

マイナスがプラスに見えてくることが…。


わが家は


マンションにありがちな

南北に細長い作り。


南側のLDKと北側の玄関をつなぐ

廊下の東側に


各部屋が並んで配置されていて


まるで

学校の教室のようです。


その部屋に隣接するように

東側に高いマンションが建っているので


各部屋の窓から日が入ることは

ほとんどなく、


真昼間から薄暗い。


明るいのはLDKだけという

間取りです。


そんな


あまり褒められた環境ではない

わが家ですが


考えてみたら

日本には四季がある。


冬に

薄暗い部屋は嫌だけど


夏は

その方が過ごしやすい。


季節によって使い分けたらいいと

気がつきました。


家の中に

避暑地と避寒地がある…的な?


温度を図ってみたところ

その差は1℃以上。


活かさない手はありません。


なるべく夏は

最北端の寝室で過ごし


LDKは食事の時間以外

もぬけの殻という状態。


夜など

泥棒が留守宅と間違えて入ってきそうなくらい


通りから見たわが家は

ずっと真っ暗です


そんな夏を過ごすわが家に

今年は少し変化が。


留学してしまった娘の部屋が

空いたのです。


しばらくそこで過ごしてみて

気がついたのは


私の寝室よりコンパクトなので

なんだか落ち着くということ。


狭いので

エアコンをつけた時の効きもいい。


そこで

早速ここを


寝るとき以外の

私の避暑地にすることにしました。


置いてあるベッドは

ソファーにアレンジ。


ベッドのヘッドボードとカーテンが

壁との間にすき間を作り


壁にもたれかかりづらかったので

e0344384_13084964.jpg

前後を逆さにして

カーテンも外して。

e0344384_13090648.jpg

余り布で

クッションカバーを作って並べたら

e0344384_13082809.jpg

お昼寝も可能な

快適ソファーができました。

e0344384_13413444.jpg

娘のデスクに

ソコンを置き

e0344384_13102078.jpg

仕事もここで。

e0344384_13100369.jpg

ひそかにフィリピンパブと揶揄っていた

娘お気に入りのイルミネーションも

e0344384_13095033.jpg

涼しさ演出に

一役買っています。


犬の寝床も移動させ

e0344384_13103527.jpg

完全に

ここから出ない体制づくり。


細長い間取りを利用した

避暑地ライフで

e0344384_13415326.jpg

なんとか残暑を

乗り切る所存です(笑)


【お知らせ】


収納工房CozyStyle神戸 

HPはこちらから!


ブログランキングに参加しています
クリックしていただけるとうれしいです


ライフスタイルランキングへ









[PR]
by cozystylekobe | 2016-08-22 13:45 | あれこれ | Comments(2)

熱中症対策として

いちばんに挙げられるのが


水分を取るということ。


なんでも、


のどの渇きを感じてから飲むのでは

遅いのだそうで…。


私は

紅茶やらコーヒーやらを

結構飲むので


家にいる限り

のどが渇いたと感じることもなく


よって

意識して取らないと


水の摂取は

食事の時間と運動の後くらい。


1日に必要な

水分摂取量は


1.5~2Lと言われていますが、


どんなに意識しても

ついつい忘れがちな水分。


絶対そんなに取っていないし


実際

どれくらい取っているかも


測らないので

わかりません。


そこで


毎朝いちばんに

していることがあります。


それは水汲み。


1日の始まりに


その日必要な水分量を

ペットボトルに用意しています。


私の場合は3L

e0344384_11310401.jpg

なぜなら


朝にジョギング、

夕方にスポーツクラブで筋トレ

という生活のうえに

(っていっても、超軽いものですが…)


エアコンが

あまり好きではないので


かけずに過ごす時間が長い。


その分汗となって

水分が抜けているのではと

考えたからです。


1Lのペットボトル3本だと


朝昼晩それぞれ1本ずつと

目星がつけやすいのもいい。


最初に飲む量を

カタチにしてしまうと


否が応でも

きっちり必要量を取ることができます。


それって

何で山に登るのかと聞かれた登山家が

「そこに山があるから」と答えるのと

同じ。


あっ、

ちょっと違いますか?(笑)


【お知らせ】


収納工房CozyStyle神戸 

HPはこちらから!


ブログランキングに参加しています
クリックしていただけるとうれしいです


ライフスタイルランキングへ


[PR]
by cozystylekobe | 2016-08-11 11:44 | 備え | Comments(0)

「いつか使うかも…と言って

取っておいても


そのいつかは

絶対に来ません!」


という

予言じみたセリフを


たまに耳にしますが、


その「いつか」が

絶対に来ないのは、


保管管理が

きちんとできていないから

かもしれません。


いつか使うかも…

と思えてしまうモノを、


「いつか…」とか

「何かに…」とか

曖昧なイメージのまま


ざっくりテキトーに

しまい込んでしまうから、


結果


持っていることを

忘れてしまい


その「いつか」が

来ることはないワケで、


具体的に

使うイメージをつけてから


そのイメージに沿って

保管しておけば


その「いつか」が訪れた時に


めでたく活かせる可能性は

出てくるものです。


少なくとも


絶対来ない…ことは

ありません。


わが家には


「いつか」というタイミングで

持っていることを思い出し


しっかり活かせたモノが

多々あります。


最近では

このスクラップブック。

e0344384_15113045.jpg


実家を片づけた時に

出てきたモノです。


これを手にして

「いつか使うかも…」って思っちゃったら


適当にしまい込まず

こう自問自答。


Q「そのいつかって、どんな時?

どんな場面?」


A「何かをスクラップする時とか、

何かをスケッチする時とか、

何かをメモする時とかに使えそう」


Q「なら、それ、

どんなカテゴリーが相応しい?

どんなカテゴリーにしまっておけば、

必要な時見つけられそう?」


A「ノート予備とか?」


そうして、


ノートの予備として

保管されていた

このスクラップブック、


スクラップする必要が

出てきた時


「何か使えそうなモノはないかな」と

まず考え


予備がしまってある場所を

覗くことで

e0344384_15202014.jpg

存在を

思い出すことができるのです。


この度


カナダ留学が決まった娘に持たせる

スクラップブック。


実は、

本人に内緒で作成しました。


このままでは

味気ないので


表紙を

四角くカットし


裏から

友人作成の

女の子のイラストを覗かせて。

e0344384_15132035.jpg

MASAMI TAKEWAKI ILLUSTRATION

https://masamiillustration.wordpress.com/


パソコンで打った

娘の名前を貼ったら


上からラミネート。


オリジナルブックの完成です。


実家で

忘れられた存在だったモノを


ひとつ

活かすことができました。


その後


あれもこれもと欲張って

写真を貼っていったら、

e0344384_15143022.jpg

いつの間にか

総重量1㎏近くに…。


こうなると


簡易なスクラップというより

立派なアルバムです()


事前に見せたら

「重い!」と

家に置いていかれそうなので、


こっそり

スーツケースの奥底にしまって

留学先に持たせちゃいました。


ホストファミリーとの会話で

盛り上がれるように、


お食い初めや盆踊りといった

日本独自のイベントや

e0344384_15133565.jpg

わが家の先祖や

e0344384_15134976.jpg

娘の変顔の写真を

e0344384_15140921.jpg

勝手にチョイス。


娘がこれらを

英語で説明できるのかは

分かりませんが()


ホームステイ先で

落ち着いた頃


ようやく発見される

段取りです。


【お知らせ】

収納工房CozyStyle神戸 

HPはこちらから!


ブログランキングに参加しています
クリックしていただけるとうれしいです


ライフスタイルランキングへ










[PR]
by cozystylekobe | 2016-08-04 15:59 | リメイク/手づくり | Comments(2)

クリアファイルは

私にとって


手軽に使える

なくてはならないアイテムです。

e0344384_10062991.jpg

ちょっとした書類を

しわにならないように運ぶとか

一時的に保管するとか


そういう時に

役立ちます。


ただ


しょっちゅう使う見返す書類を

保管するには


残念ながら

ちょっと力不足。


見返す時に

いちいち中から出さないといけないし、


その書類が複数あった場合


綴じられていないために

バラバラになってしまうことがあるからです。


一定期間以上

保管する必要があって、


そして

よく見る書類なのであれば、


パラパラとめくれるスタイルの方が

便利。


巷には


そのためのアイテムが

ないわけではありません。


例えば、これ。

e0344384_09593761.jpg

レール式ホルダーという

名前だそうですが、


これなら

薄い書類を綴じることが可能です。


ただ、

レールの部分の厚みが

いまいち不満。


たとえ薄い書類でも、

この厚み分が取られてしまうため、


収納時

書類よりも分厚いレールにより

スペースの無駄が生まれるし、


第一

挟む枚数がかなり限られている。


そこで


その厚みを解消したモノが

紙製のファイル。

e0344384_09595166.jpg

これなら


背表紙の厚みは

抑えられるのですが、


クリアファイルのように

しならない。


しならないと

開きにくいし、なんとなくなじまない


紙なので


使ううちにへたってくるのも気になるし、

中身が見えないのもいまひとつ。


私としては

クリアファイルのように


1.背表紙部分がなく


2.パラパラとしたときにしなり


3.それでいて書類をしっかり綴じることができ


4.パラパラとめくった時に書類が外れず、


5.挟む書類の量をかなりの厚みになるまで受け止めてくれ


6.中身も見えて


できたら


7.サイズ外のモノまで柔軟に受けとめてくれる、


そんな懐の深いファイルが欲しいのです。


それって、


年収1

ハーバード大卒

7カ国語堪能

元サッカー日本代表

向井理以上の容姿

家事育児が趣味


という条件を

結婚相手に求めるくらい


かなり厳しい条件かも(笑)


そんなファイルを

貪欲に探し求めましたが


わがままな希望を全てかなえてくれる

理想のファイルは見つからなかったので、


とうとう

自分で作ってしまいました。


使うのは


クリアファイル

はさみ

穴あけパンチ


そして、これ

e0344384_09545015.jpg

スティックファスナー。


作り方は


まず

クリアファイルの下の

袋部分をカット。

e0344384_09530775.jpg

パンチで穴をあけ、

e0344384_09532854.jpg
e0344384_09534474.jpg

そこに

スティックファスナーを通せば

e0344384_09551061.jpg

即席ファイルの出来上がり。

e0344384_09553324.jpg

これなら


背表紙の厚みも気にならず、

かなりの量に対応し、


もちろん、

イナバウワー並みにしなり、


ポケットファイルを使えば


小物や

穴を開けたくないモノでも

ァイルできます。

e0344384_09555831.jpg

例えば


ノートなどの

少し重みのあるモノは、


クリアファイルの

口側にパンチで穴をあけ

e0344384_09562350.jpg

ホルダーに通せば

しっかりしたポケットができます。

e0344384_09564908.jpg

バッグ イン バッグ

ならぬ

クリアファイル イン クリアファイルです。


私は、

案件ごとにこれを作って保管。


パンチで穴をあけるため

表紙部分にも

穴が開いてしまいますが


ここには


ファスナーを通さない方が

無難。


ここに通すと

開きっぱなしにできません。


これなら


結構な量をファイルしても

受け入れてくれるという


懐の深さに加え、

e0344384_09570492.jpg

必要以上のスペースを

取られることもない。

e0344384_09571731.jpg

例えば


ついつい切り抜いたまま

溜まりがちな

新聞の切り抜きだって

e0344384_09591306.jpg

ファイルしやすく

閲覧しやすい。

e0344384_09590106.jpg

綴じている側にラベルを貼って、

手前に向くよう収納すれば、


見つけやすいし取り出しやすい。


今進行中のファイルだけを

ワゴンに入れて


以前の記事

デスクで重宝しているワゴン

e0344384_15301474.jpg

(ラベルは隠して撮影。ごめんなさい)


その他、


頻度の低いファイルや

終了した案件は


本棚に保管しています。


以前の記事

レトロな本棚と収納法


ファイリングは

入れやすくて見やすいのが

イチバン。



おススメです!


【お知らせ】


セミナー参加者募集中です!

【解決!おうちの片づけで子育てを楽にする方法 】

ブログランキングに参加しています
クリックしていただけるとうれしいです




ライフスタイルランキングへ


[PR]
by cozystylekobe | 2016-06-17 10:42 | 収納 | Comments(0)

子どもが

小さい頃に使っていたモノ。


思い出があるし

かわいいし、


処分するには惜しいモノが

たくさんあります。


わが家の子どもは

すでに大きいので


それらを必要とはしませんが、


使い方を変えて

今なおわが家で活躍しているモノは


少なからずあります。


基本

イカシストなんで(笑)



例えば


以前も投稿した

おもちゃのトラック。

e0344384_12071134.jpg

今では、


リモコンなどを積載し

テーブル下とソファーの間の

ピストン輸送に大忙し()


以前の記事

リモコンの収納





木のおもちゃやミニカーなども

植物と一緒に飾ります。

e0344384_00241491.jpg

以前の記事

IKEAの温室「多肉タウン」

IKEAの温室「謹賀新年 with monkey」





花台にも

キッズアイテムが使われ

e0344384_10415535.jpg
e0344384_10422214.jpg

以前の記事

3という数について





母お手製の

ちびっこ用デスクは

e0344384_10434460.jpg

フタと箱それぞれが

別の場所で使われています。

e0344384_23184559.jpg
e0344384_09333922.jpg


以前の記事

DIYで棚手づくり

犬のケージの冬支度





学習机の一部が

違うところで使われているのは


記憶に新しいかも知れません。

e0344384_12354273.jpg

以前の記事

学習机引き出しの引っ越し先





現在

キッチンで欠かせない存在となっている

小ボウルは


子どもの友達が遊びに来た時

使っていたプラスチックカップ。

e0344384_22364569.jpg

以前の記事

新ボウルは活かされた不用品





子どものタオルケットは


母の真夏の寝具として

スヌーピーに出てくるライナスの毛布くらい


なくてはならないアイテムに(笑)

e0344384_13372399.jpg


以前の記事

布団のクローゼット収納


テレビ台下には

インテリア雑誌と共に


子どもが小さい頃に読んでいた

お気に入り絵本が


今もそのまま並んでいます。

e0344384_10163408.jpg
e0344384_10164873.jpg


そのテレビの裏では、

ごちゃごちゃコードを


幼稚園の頃使っていた

ランチボックスで目隠し。

e0344384_10170129.jpg



その様子をジッと見ている

クマ2頭は

e0344384_10174246.jpg

若かりし頃の私のおもちゃ。


そろそろ

アンティークの域かもしれません。


【お知らせ】


セミナー参加者募集中です!

【解決!おうちの片づけで子育てを楽にする方法 】

ブログランキングに参加しています
クリックしていただけるとうれしいです


ライフスタイルランキングへ



[PR]
by cozystylekobe | 2016-06-10 11:12 | あれこれ | Comments(0)

食器洗いの前には


お皿に載った汚れを

拭き取ります。


その方が


環境にいいし

使う洗剤も少量で済むし

シンク周りの汚れも少ないし

かつ

皿洗いが簡単になるからです。


そのときに使っていたのが


古いTシャツや靴下などを

小さく刻んだウェス。


ただ私は


着なくなった服の中で

リサイクルに回せない状態のモノは


小学校の廃品回収に

出すようにしているので、


なにも無理に

ェスとして使うことはないのです。


というより、


リサイクルできるモノを

ウェスとして使うのはどうか…と


常々思っておりました。


汚れを拭くのに使うより

リサイクルに出したほうが


有効活用できるのではないかと

そう感じていたからです。


イカシストにとっては


活かすことが

何より大事ですから()


それに

正直


小さく切り刻むのも

けっこう大変な作業。


そこで最近


こんなモノを

シンク上にセットしました。

e0344384_15093515.jpg


トイレットペーパーです()

e0344384_15085631.jpg

フックふたつと木の棒で

ホルダー完成。

e0344384_15091277.jpg

ヘラで

汚れをざっと取ったあと


このトイレットペーパーで

きれいに汚れを拭き取り、


溜めた洗剤水の中に浸し

e0344384_15081039.jpg

この中に手を入れ

スポンジでこすると


あっという間に

洗えます。


スポンジに

直接洗剤をつけるよりも


少量の洗剤できれいになるし

力もいらない。


泡も少なく

すすぎも楽。


すすぐ時は


蛇口の下に

すすぎ待ちの食器を

全て置き


流れる水をも

活用します()


いろいろと洗い方を試したうえで

たどり着いた


効率的な洗い方です。


汚れを

事前に拭き取っているので


一回洗ったくらいでは、

洗剤水は汚れません。

e0344384_15082858.jpg

キッチンペーパーを使わないのは、


もちろん

厚すぎてもったいないから


キッチンには

トイレットペーパー、


わが家の定番になりました。


キッチンの吊り下げ収納アイデアは

他にもあります!

よかったら♫


以前の記事

高い扉のウラ事情

キッチンツール仮置き設置で効率アップ


【お知らせ】


セミナー参加者募集中です!

【解決!おうちの片づけで子育てを楽にする方法 】

ブログランキングに参加しています
クリックしていただけるとうれしいです


ライフスタイルランキングへ









[PR]
by cozystylekobe | 2016-06-05 15:30 | 収納 | Comments(0)

先日


雑誌に

わが家を載せていただきました。

e0344384_11282414.jpg
e0344384_11283743.jpg


【ハルメク】

という雑誌についてくる

【健康と暮らし】

いう別冊です。

e0344384_11281299.jpg

通販のみの雑誌なので

書店に並ぶことはないのですが、


もし

目にすることがあったら


チョロっとご覧ください。


ということで


今日のテーマは

健康と暮らし。


このふたつは

別カテゴリーのようでいて


その結びつきは

相当深い。


どちらか一方を

おろそかにすると


もう一方も

荒れてきます。


なので、どっちも大事。


そう考える私は、

いわゆる健康オタクです。


以前

朝からポトフを食べていることを

記事にしましたが


以前の記事

一日をカバーする朝食


それ以外にも


手作りの鶏むね肉のハムや


果物や野菜からプロテインまで

これでもか…といろいろな食材をブチ込んだ

スムージーなども


毎朝欠かさず摂取。


痩せないのは

食べ過ぎが原因って説もありますが


そんな

盛りだくさんな朝食と共に

飲んでいるのが


生姜パウダー入りミルクティー。

e0344384_11280088.jpg

実は

の生姜パウダー、


手作りです。


大量の生姜を

e0344384_11272275.jpg

スライスして

e0344384_11263910.jpg

天日干し。

e0344384_11273493.jpg

カラッカラに乾いた生姜を

e0344384_11274853.jpg

ミルで粉砕すれば

出来上がりです。

e0344384_11391850.jpg

干す前は

700gあった生姜も


乾燥したあとは60gに。


これ、


料理にも使えるので

作っておくと便利です。


活かすことを片づけの軸にしている

私ですが、


何をするにも


まずは

自分自身が活かせなかったら

始まりません。


そのためには

やっぱり健康第一。


アラフィフは

今日も新たな健康ネタ探しに

余念がありません


【お知らせ】

マイベストプロ神戸に投稿しました。

片づけが苦手な家族にイライラしないために、自分ができる簡単なこと


ブログランキングに参加しています
クリックしていただけるとうれしいです



ライフスタイルランキングへ


[PR]
by cozystylekobe | 2016-06-01 11:44 | | Comments(4)