タグ:暮らしの工夫 ( 79 ) タグの人気記事

わたしの

整理作業の進め方は、


「集めて分ける」。


それだけ聞くと


「何がしたいの?!

ってカンジですが…()


「家の中にある同じ種類のモノを

一堂に集めて

数を把握したうえで、

目的に沿って適切に分ける」


という作業です。


先日

片づけの作業で

伺ったお宅。


薬が

いろいろな場所にありました。


引き出しに入っているモノ、


e0344384_22432503.jpg

救急箱に入っているモノ、

e0344384_18522178.jpg

段ボールに入っているモノ。

e0344384_18520764.jpg

薬は、


毎日飲む必要があるモノの他に、


いざという時のために

備えておくモノもあります。


それらは、


必要な時には

すぐ取り出せるようにし、


また、


何を常備しているかも

大まかに把握しておく

必要があります。


そこで、


薬を全て集め、

使用期限をチェックし、


使用可能なモノを


上段から


毎日飲む薬

e0344384_18534123.jpg

外用薬(常備薬)

e0344384_18552418.jpg

内服薬(常備薬)

e0344384_18541830.jpg

目的別に分けました。


目的に沿うことで、


何をどれだけ

持っているかが


分かりやすくなります。


薬は比較的

目的の判断がつきやすいモノ

ですが、


家の中には


持っている目的を

意識できずに


彷徨ってしまうモノも

あります。


例えば、

こんな引き出し。

e0344384_18515036.jpg



文房具や


その他もろもろ

日頃使うような小物が入った

引き出し。


どの家庭でも

こんな引き出しが


ひとつはあるものです。


ですが


この状態では

中身を把握することが


少々困難。


カテゴリーが

定まっていないので


ごった返しているのです。


そんな時、

意識すべきは


やっぱり目的。


潜在意識の中に埋もれた

目的を引き出すのには


「どんな時に使ってますか?」

「どんな時に使っていましたか?」


という質問。


それにより、


見えなかった目的が

見え、


作られるべき

新たなカテゴリーが


見えてきます。


「これ、旅行の時持って行くと便利」

という発言が

何度か聞かれたので、


新しく作った


「旅行」

というカテゴリー。


一度にこんなにたくさん

使うことはないであろう

という


同じ種類の文房具には


「文房具ストック」

というカテゴリー。

e0344384_18525972.jpg

それらカテゴリーを

新たに設けたことで


今まで


ごったがえしていた

引き出しが、


全て

上から見渡せるように

なりました。

e0344384_18523913.jpg


行き場のないモノが

家の中を彷徨っていたら


持っている目的を探ってみると


今までなかったカテゴリーが見つかり

一気に片づくかもしれません!


【お知らせ】


片づけサポートサービス

詳しくはHPで!


ブログランキングに参加しています
クリックしていただけるとうれしいです


ライフスタイルランキングへ


[PR]
by cozystylekobe | 2016-03-29 23:01 | 収納 | Comments(0)

最近手に入れた

タブレット。

e0344384_16474175.jpg

スマホを機種変した時に

おまけのようについてきました。


それにより


劇的に便利になったのが

料理。


3歩歩いたら

忘れるようにできているアタマを

持ち合わせていた私(笑)


今まで


ダイニングのパソコンで

レシピを検索しては、


記憶が残っている間に

急いでキッチンに戻り

作っていましたが、


タブレットを

キッチンに備えたことで


その往復がなくなりました。


そのタブレットは


調理台を振り返ったところにある、

最近とんと使うことがなくなった

パン焼き器に

e0344384_16515103.jpg

立てかけています。


が、


ただ立てかけるだけでは

心許ない。


そこで、


何か使えるモノは

ないかと


インテリアグッズの保管場所から

取り出したのは、

e0344384_08161695.jpg

本やカードのスタンド。


100均です。


これを

ちょうどいいサイズにカットし、


両面テープで貼ってみました。

e0344384_16512960.jpg

これで安心。

足元をガッチリ固めました。


上からは

充電器のプラグを垂らして

e0344384_16520465.jpg

いつでもチャージOKです。


【お知らせ】


マイベストプロ神戸に

コラムを投稿しました。

【事例で実感!職場の「忙しすぎる」を解消するには、職場環境のカイゼンから!! 】

ブログランキングに参加しています
クリックしていただけるとうれしいです



ライフスタイルランキングへ



[PR]
by cozystylekobe | 2016-03-26 08:42 | 収納 | Comments(2)

キッチンを作業場と捉えている

わが家は


キッチンが独立型なのもあって

とにかく効率を重視。


使いにくいと気がついたら



何かしらの手立てを

考えます。


ところがたまに


使いにくいのにもかかわらず


長いこと

そこに気づかないこともあり。


そんな発見をしてしまった

昨日は


娘の誕生日。


めったにしない

ケーキ作りをする日でもあります。


ケーキを作るには

ヘラと泡だて器を

交互に使ったりするのですが、


実際


お菓子作りに限らず


料理の際には

ヘラやお玉の置き場に


なんとなく

いつも困っていました。


でも

なんとなく…なので

やり過ごしたまま。


それが今日


やっとはっきり

「やりにくい!」と意識できました。


気づくのに10年以上(笑)


そんな柄の長いキッチンツールは、


深い器に立てると

倒れたり


浅いお皿に置くと

場所をとったり


滴った何かで汚れたり…。


そもそも

使ったお皿分洗い物も増える。


そこで

どうにかならないかと考え


ひらめいたのが

これ。

e0344384_11320477.jpg


フックを取り付け


使用中の器具の

仮置き場を作ってみました。


シンクの上に設置したので

e0344384_11315178.jpg


調理台が汚れる心配も

調理台を占領することもなく、


ブラブラと

空中で待機。


大好きな吊り下げ法で


以前の記事

バッグ/ベルト/ストールの収納

洗剤の手間なし収納

高い扉のウラ事情


めちゃめちゃ効率アップです。


もちろんこれは

仮置き場なので


使用後は

元の場所にしまいます。


「仮置き場作りが作業場を制す」

くらいに


仮置きを

大切に考えている私。


以前の記事

楽に暮らせる家に必要なモノ

げた箱が空っぽの理由

使わないモノたちの収納先


今回も

足りなかったのは仮置き場でした。


ちなみに

年に3回だけ作るケーキ、

今回はこんなカンジ。

e0344384_11321688.jpg


あきらかに

トッピング欲張りすぎ。


【お知らせ】


マイベストプロ神戸に

コラムを投稿しました。

【これを知ればアルバムが作りたくなる?!シニアの写真整理「3つの効果」 】


ブログランキングに参加しています
クリックしていただけるとうれしいです


ライフスタイルランキングへ


[PR]
by cozystylekobe | 2016-03-05 11:39 | 収納 | Comments(2)

キッチンを救った新商品

暮らしていくうえで起きる

ちょっとした困りごと。


それが

どんなに些細なことでも


流さず

工夫して乗り切ることで


少しずつ

暮らしは改善していきます


そんなちっちゃな一歩に

喜びを感じちゃう


安上がりなワタシ(笑)


【以前の記事】

クリアファイル活用法

100均すのこで棚リメイク

手作り遮光カーテン

ティッシュ置き場をめぐる冒険

パソコン移動に便利なモノ

DIYで解決!のっぽな掃除道具の収納庫


今回は、

キッチンで使う

ファスナー付き小袋について。


当然ですが、

私は洗って

何度も再利用します。


洗った小袋を乾かす時、


布巾かけに

裏返しに掛けてみたり、

e0344384_15572435.jpg

洗濯物と一緒に

干してみたり。


布巾かけには

たくさんは掛けられないし、


洗濯物と一緒に干すのには、

少し距離があってタイヘン。


そこで、

キッチンに干せる場所を作ろうと

考えました。


でも、


水滴が落ちても大丈夫で

小袋が掛けられる場所って、


布巾かけ近辺しかなく…。


ならば


布巾かけそのものを

バージョンアップしようじゃないかと


取り出したのは

リングと洗濯バサミ。

e0344384_16005352.jpg

オリンピック新ロゴではありません。


ふたつを合体させて、


それを更に

布巾かけに合体。

e0344384_15574786.jpg

スペシャルバージョン布巾かけの

完成です。


洗濯バサミがあっても、

今まで通り

e0344384_15580848.jpg

布巾も掛けられるという

フレキシブル対応です。


布巾掛けと物干しハンガーの機能を

持ち合わせた


その名も「掛けハンガー」()


誰か

タイアップで商品化しませんか?


とりあえずは

使いやすいです


【お知らせ】


マイベストプロ神戸に

コラムを投稿しました。

【これを知ればアルバムが作りたくなる?!シニアの写真整理「3つの効果」 】


ブログランキングに参加しています
クリックしていただけるとうれしいです



ライフスタイルランキングへ



[PR]
by cozystylekobe | 2016-02-29 16:41 | あれこれ | Comments(0)

「いつか使うかも」と

取っておいたモノを


活かすのが

大好き。


【以前の記事】

リモコンの収納

工具の収納に使うモノ

キッチン不用品のその後

使っていない障子の活かし方


最近また


使っていなかったモノに

新たな息吹を

吹き込みました!


わが家にはボウルが少なく、


特に小さいサイズが

ほとんどなかったので、


ちょっと大きめのボウルや

食器で代用していました。


でも、

やっぱりちょっと使いにくい。


そう思っていた矢先、


友人宅での料理教室で

使われているボウルを見て

ヒラメキました。


あんなの持ってる!…と。


それが、これ。


e0344384_22380644.jpg


IKEAの子供用のカップ。


子どもが小さい時には

子どもの友達が遊びに来るたび

使っていましたが、


今じゃ

こんなカップにお菓子を入れて

ふるまうなど皆無。


食器棚の一番奥に

2軍として保管されていました。


e0344384_22374859.jpg


試しに使ってみると

いいカンジ。


e0344384_22364569.jpg



e0344384_22370136.jpg


どれも同じ重さなので


スケールを使って計る時も

便利です。


ということで

ボウル採用決定しました。


ボウルが増えてしまったことで


今まで通り

棚に直置きでは使いにくい。


そこで、


e0344384_22372920.jpg


トレーを引き出し代わりに

入れてみました。


e0344384_22371538.jpg


このトレーも


トランクルームで出番を待っていた

2軍選手。


久々の登板です。


「使わないからって

即捨てなくてよかった!」


今日もビールが美味しいです


【お知らせ】


マイベストプロ神戸に

コラムを投稿しました。

【これを知ればアルバムが作りたくなる?!シニアの写真整理「3つの効果」 】


ブログランキングに参加しています
クリックしていただけるとうれしいです



ライフスタイルランキングへ


[PR]
by cozystylekobe | 2016-02-28 22:53 | あれこれ | Comments(2)

「使うモノは使う場所に収納する」


よく聞く

収納の鉄則ですが、


実は、


それを鵜呑みにすることで

収納場所を

間違えてしまうことがあります。


もちろんそれが

取り出してそのまま使えるモノなら


使う場所に収納するのが

ベスト。


ですが

そうでない場合、


使う場所より

スタート地点を意識した方が

いい場合も。


どういうこと?思っている方。


ちょうどいい例が

このカーテンの内側に。

e0344384_10410951.jpg

キッチンへのカーテン。


入って左側は

ダイニングからは見えない

死角なので、


ぶら下がらせることが

大好きな私は、


【以前の記事】

高い扉のウラ事情

洗剤の手間なし収納

バッグ/ベルト/ストール収納


このように

e0344384_10412926.jpg

いろいろなモノを

ブ~ラブラ


ぶら下げています。


今日の主役は

ブラブラさせているうちの

これ。

e0344384_10414688.jpg

ブリキの水差しです。


ベランダガーデニングが

趣味の私は

e0344384_15471605.jpg

ベランダに

プランターをいっぱい並べています。

e0344384_15403862.jpg

今は寒さで

ガッカリ感満載なので


夏の画像でお許しを…。

e0344384_15435254.jpg

【以前の記事】

ベランダ緑化活動報告


その水やりに使っているのが

この水差し。


「使う場所で」と考えて

水やりアイテムをベランダに置く…、


よくあるパターンです。


でも実は、

作業のスタートは水の出る場所。


水を汲むことから始めます。


もちろん

ベランダに水源があれば

それがイチバン。


でも

うちの場合はキッチンです。


なので、

使う場所はベランダでも


スタート地点を考え

キッチン水場近くが定位置。


それにより

1往復分の手間が浮くのです。


そんな時


プラスチックのジョウロでは

ちょっとザンネンな感じに。


そこは

ブリキ素材でちょっぴり格上げです。



【お知らせ】


収納工房CozyStyle 神戸

HPはこちら

http://cozystylekobe.jimdo.com/


ブログランキングに参加しています
クリックしていただけるとうれしいです


ライフスタイルランキングへ



[PR]
by cozystylekobe | 2016-02-26 16:03 | 収納 | Comments(6)

延長コードの備え方

毎日使う家電は


節電コードを使って

使いやすい位置でオンオフさせる

わが家ですが、


【以前の記事】

節電コンセントの置き方


しょっちゅうは使わないモノも、

必要な時にはすぐ使えるよう、


棚の裏や

e0344384_10502921.jpg


e0344384_10510854.jpg

テレビ台の裏など

e0344384_10504942.jpg

家のいたるところに


延長コードを

こっそりスタンバイさせています。


お鍋するとか

アイロン掛けるとか

充電するとか

そんな時、


サッと取り出し

セッティングできて便利。


必要とあらば

家具の裏の壁に

穴を空けちゃうことだってあり。

e0344384_10513447.jpg


ネズミの家の入り口じゃ

ありません(笑)


もちろん、

これら延長コードは


全て電源に差してあるので

即使用可。


たとえ家具のうしろに

コンセントが隠れていても


延長コードで解決です。


延長コードって

家電のコードを長くするというより、

電源を近くに持ってくると考えた方がいいかも。


うまく使えば

それくらい便利です。


【お知らせ】


収納工房CozyStyle 神戸

HPはこちら

http://cozystylekobe.jimdo.com/


ブログランキングに参加しています
クリックしていただけるとうれしいです



ライフスタイルランキングへ



[PR]
by cozystylekobe | 2016-02-25 23:52 | 備え | Comments(0)

電気のコンセントって

大抵が壁の下の方にあるため


抜き差ししにくいのが欠点です。


腰をかがめ

家具の裏に手を入れ

あれこれまさぐり


ようやくコンセントに

手が届いたりします。


無理な姿勢を強いられるので

とっても不便なのですが、


利便性を考えて

コンセントをうっかり上に持ってくると


今度は

壁を這い上がるコードが

悪目立ちしてしまいます。


おそらく


コンセントが下にある理由は

そこなのでしょう。


それでも

使いにくいことが我慢できない私は、


できる限り目立たないように


延長コードを使って

使いやすい高さまで持ってきます。


その時に役に立つのは

節電コンセント。


ダイニングの隅や

e0344384_10521555.jpg

キッチンなどの

e0344384_15221496.jpg


e0344384_15215340.jpg


e0344384_17072201.jpg


e0344384_11431133.jpg

ちょうどいい高さに貼り付け

使っています。


【以前の記事】

コンセントの位置

便利なキッチングッズの置き方

かくれんぼ収納(身支度編)


差しっぱなしのまま

手元で電源をオンオフできるのも


とっても便利です。


その便利さっぷりと手軽さっぷりは

工事のいらないリフォームレベル()


かがむ必要がないので


腰痛持ちの人

高齢の人には

特におすすめです。


そんなわが家ですが


もうひとつの節電コンセントの

身の置き方に

ちょっと悩んでおりました。


以前は

プリンターの後ろに

こっそり隠していたのですが、

e0344384_23550158.jpg

最近、

コンセントに挿すプラグが増え


プリンター裏では隠しきれなくなっていました。


そこで、


以前

蚤の市用に作った

手作りの棚を


以前の記事

DIYで棚手作り

e0344384_23184559.jpg

机の裏に並べ、

e0344384_10425346.jpg

その上に

コンセントを置きました。


その前には、

サボテンを並べて見えないように。

e0344384_10423279.jpg

便利な高さに

置かれていますが、


覗きこまない限り

コンセントは完全に日陰の身。


見えません。

e0344384_10492381.jpg

ええ、

お得意のかくれんぼ収納です。


【以前の記事】

かくれんぼ収納(身支度編)

かくれんぼ収納(キッチン編)

かくれんぼ収納(プリンター編)



ところで

このサボテン、

e0344384_10501073.jpg


見れば見るほど

何かに似ていると思いませんか?


あれです。


にょろにょろ。

ムーミン谷の。


というわけで

ムーミン、ノンノン、ミーと

コラボさせてみました。

e0344384_10494764.jpg



【お知らせ】


収納工房CozyStyle 神戸

HPはこちら

http://cozystylekobe.jimdo.com/


ブログランキングに参加しています
クリックしていただけるとうれしいです



ライフスタイルランキングへ


[PR]
by cozystylekobe | 2016-02-23 23:05 | 収納 | Comments(2)

ご高齢者の家の収納

片づけを仕事にしている私が、


ここ最近

特にその必要性を感じているのが、


ご高齢者です。


いわゆる終活としての

片づけではなく、


ご高齢者が

自宅で

自力で

自活するための

片づけ。


人生の終わりを

見据えてではなく


これから先を

生きていくための

片づけです。


遠方で独り暮らしをし

おととし亡くなった

母の暮らしを見ていて


高齢者こそ

暮らしを整える必要があると、

強く感じました。


ちょっとした工夫をするだけで、


不可能だったことが可能になったり

大変だったことが簡単になったり

危険だったことが安全になったりします。


自分のことが自分でできる生活は、


その人の活力にもつながり

人としての尊厳にもつながる

大切なこと。


少しの工夫と片づけだけで

できることが劇的に増えるのだから、


それをしないなんて

まったくもって

もったいない!!


それが

日本もったいない党の

基本政策です()


そんな党首が

昨日伺ったお宅は


最近

高齢者専用マンションに引っ越された

ご高齢のご夫婦のお宅でした。


私が片づけ作業に伺う場合、


小さいお子さんのいるご家庭と

ご高齢者のいるご家庭では


特に安全面を重視しますが、


ご高齢者の場合は


高い所にモノを入れないとか

床にモノを置かないとか


事故につながりそうな場所を見つけ

そこを改善することで


事故を未然に防ぐよう

気を配ります。


昨日の作業の場合。


たとえば洗面所では


163センチの私の手がやっと届くくらいの

奥までのぞき込めない高さの棚に、


洗面所で使うボトルやそのストックが

平置きのまま収納されていました。


バラバラだと

お目当てのモノが見つけにくいし、

奥のモノは取り出せない。


ですが、


だからと言って

カゴにまとめてしまったら


取り出すのに

大変重くなってしまい、


万が一

支えきれずに落としてしまったら


それこそ怪我をする危険だって

出てきます。


そこで、


全てを下に移動させました。

e0344384_14180715.jpg
e0344384_14175346.jpg


洗面、掃除、洗濯のカテゴリーを作り

それぞれをカゴにまとめることで、


探し出すのも取り出すのも簡単に。


落ちてくる心配もありません。


この棚には

もともと


持っているタオル類が

3段に分けて

ぎっしりと詰まっていたのですが、


聞けば

お洗濯をしない日はないとのこと。


それなら

これだけのタオルを

ここに並べておく必要もありません。


そこで

適正量だけを棚に残し、


あとはタオルストックとして

先ほどまでボトルが収納されていた

高い場所に収納しておきました。

e0344384_14181942.jpg

適正量を超えたタオルと

重たい洗剤類を入れ替えただけの

簡単な工夫ですが、


こうすれば、

日々背伸びをして

上から重たいモノを取り出す必要も、

ギュウギュウにタオルを押し込む必要もなくなり、


その安全性と利便性には

雲泥の差が生まれます。


ちなみに、


上段には

全く使わないホースのみが入っています。


踏み台に乗らなければ取れない場所には

何も収納しないか、


スペースの関係上

やむをえず収納するにしても


置いていいのは

全く使わない

使用頻度0のモノのみにします。


それは、


たとえ年に一回だけだとしても

踏み台に乗らなければいけない状況を

作ってしまったら、


事故の危険性が

0ではなくなるからです。


実は、


相手が子どもなら

踏み台を隠すことにより

危険を回避できますが、


やろうと思えばできてしまう

ご高齢者の場合は


踏み台に乗る状況をなくしてしまうのが

ベストなのです。


圧迫骨折を患っているにもかかわらず、

踏み台を使うことに

何のためらいも感じていなかった母を見て、


つくづくそう思いました。


【お知らせ】


マイベストプロ神戸に

ご高齢者やそのご家族向けコラムを投稿しています。


【実家の片づけは「親の暮らしを守るため」にしないといけない、その理由】

【住まいを整えるとアンチエイジングにつながる、うそのような本当の話 】

【実家やシニア世代の片づけは、こうすれば上手くいく!キッチン実例 】


ブログランキングに参加しています
クリックしていただけるとうれしいです




ライフスタイルランキングへ




[PR]
by cozystylekobe | 2016-02-20 14:53 | 収納 | Comments(4)

IKEAの袋の管理法

私は

モノを保管する時


ビニール袋に入れておくのが

好き。


【以前の記事】

そこいらの袋の活用法


その中でもIKEAの袋は

かわいいし

大きさがいろいろあるので


よく使います。


たとえば

家にある保管中の飾りアイテム。

e0344384_10335101.jpg

この棚に収めているのですが、


その中は

この通り。

e0344384_10330582.jpg
  

e0344384_10331874.jpg


e0344384_10333511.jpg

大体が

IKEAの寝袋でお休み中。


ただ、

IKEAの袋って箱に収まっているので

袋のサイズがすぐにわからず


出したものの

大きさがミスマッチで

チェンジすることもしょっちゅうでした。


そこを解決!

e0344384_10340523.jpg

見本を作りました。

e0344384_10423981.jpg

チェーンでまとめておけば

一目瞭然です。


普段は

IKEA袋と一緒に収め、

e0344384_10342295.jpg

くるくるっと丸まった状態で

(青いのがそう)

スタンバってます。



【お知らせ】


マイベストプロ神戸に

コラムを投稿しました。

ご覧ください!

【4つのやる気スイッチで、片づけのモチベーションを上げる方法 】


ブログランキングに参加しています
クリックしていただけるとうれしいです



ライフスタイルランキングへ










[PR]
by cozystylekobe | 2016-02-15 10:49 | 収納 | Comments(2)