タグ:暮らしの工夫 ( 81 ) タグの人気記事

ご高齢者の家の収納

片づけを仕事にしている私が、


ここ最近

特にその必要性を感じているのが、


ご高齢者です。


いわゆる終活としての

片づけではなく、


ご高齢者が

自宅で

自力で

自活するための

片づけ。


人生の終わりを

見据えてではなく


これから先を

生きていくための

片づけです。


遠方で独り暮らしをし

おととし亡くなった

母の暮らしを見ていて


高齢者こそ

暮らしを整える必要があると、

強く感じました。


ちょっとした工夫をするだけで、


不可能だったことが可能になったり

大変だったことが簡単になったり

危険だったことが安全になったりします。


自分のことが自分でできる生活は、


その人の活力にもつながり

人としての尊厳にもつながる

大切なこと。


少しの工夫と片づけだけで

できることが劇的に増えるのだから、


それをしないなんて

まったくもって

もったいない!!


それが

日本もったいない党の

基本政策です()


そんな党首が

昨日伺ったお宅は


最近

高齢者専用マンションに引っ越された

ご高齢のご夫婦のお宅でした。


私が片づけ作業に伺う場合、


小さいお子さんのいるご家庭と

ご高齢者のいるご家庭では


特に安全面を重視しますが、


ご高齢者の場合は


高い所にモノを入れないとか

床にモノを置かないとか


事故につながりそうな場所を見つけ

そこを改善することで


事故を未然に防ぐよう

気を配ります。


昨日の作業の場合。


たとえば洗面所では


163センチの私の手がやっと届くくらいの

奥までのぞき込めない高さの棚に、


洗面所で使うボトルやそのストックが

平置きのまま収納されていました。


バラバラだと

お目当てのモノが見つけにくいし、

奥のモノは取り出せない。


ですが、


だからと言って

カゴにまとめてしまったら


取り出すのに

大変重くなってしまい、


万が一

支えきれずに落としてしまったら


それこそ怪我をする危険だって

出てきます。


そこで、


全てを下に移動させました。

e0344384_14180715.jpg
e0344384_14175346.jpg


洗面、掃除、洗濯のカテゴリーを作り

それぞれをカゴにまとめることで、


探し出すのも取り出すのも簡単に。


落ちてくる心配もありません。


この棚には

もともと


持っているタオル類が

3段に分けて

ぎっしりと詰まっていたのですが、


聞けば

お洗濯をしない日はないとのこと。


それなら

これだけのタオルを

ここに並べておく必要もありません。


そこで

適正量だけを棚に残し、


あとはタオルストックとして

先ほどまでボトルが収納されていた

高い場所に収納しておきました。

e0344384_14181942.jpg

適正量を超えたタオルと

重たい洗剤類を入れ替えただけの

簡単な工夫ですが、


こうすれば、

日々背伸びをして

上から重たいモノを取り出す必要も、

ギュウギュウにタオルを押し込む必要もなくなり、


その安全性と利便性には

雲泥の差が生まれます。


ちなみに、


上段には

全く使わないホースのみが入っています。


踏み台に乗らなければ取れない場所には

何も収納しないか、


スペースの関係上

やむをえず収納するにしても


置いていいのは

全く使わない

使用頻度0のモノのみにします。


それは、


たとえ年に一回だけだとしても

踏み台に乗らなければいけない状況を

作ってしまったら、


事故の危険性が

0ではなくなるからです。


実は、


相手が子どもなら

踏み台を隠すことにより

危険を回避できますが、


やろうと思えばできてしまう

ご高齢者の場合は


踏み台に乗る状況をなくしてしまうのが

ベストなのです。


圧迫骨折を患っているにもかかわらず、

踏み台を使うことに

何のためらいも感じていなかった母を見て、


つくづくそう思いました。


【お知らせ】


マイベストプロ神戸に

ご高齢者やそのご家族向けコラムを投稿しています。


【実家の片づけは「親の暮らしを守るため」にしないといけない、その理由】

【住まいを整えるとアンチエイジングにつながる、うそのような本当の話 】

【実家やシニア世代の片づけは、こうすれば上手くいく!キッチン実例 】


ブログランキングに参加しています
クリックしていただけるとうれしいです




ライフスタイルランキングへ




[PR]
by cozystylekobe | 2016-02-20 14:53 | 収納 | Comments(4)

IKEAの袋の管理法

私は

モノを保管する時


ビニール袋に入れておくのが

好き。


【以前の記事】

そこいらの袋の活用法


その中でもIKEAの袋は

かわいいし

大きさがいろいろあるので


よく使います。


たとえば

家にある保管中の飾りアイテム。

e0344384_10335101.jpg

この棚に収めているのですが、


その中は

この通り。

e0344384_10330582.jpg
  

e0344384_10331874.jpg


e0344384_10333511.jpg

大体が

IKEAの寝袋でお休み中。


ただ、

IKEAの袋って箱に収まっているので

袋のサイズがすぐにわからず


出したものの

大きさがミスマッチで

チェンジすることもしょっちゅうでした。


そこを解決!

e0344384_10340523.jpg

見本を作りました。

e0344384_10423981.jpg

チェーンでまとめておけば

一目瞭然です。


普段は

IKEA袋と一緒に収め、

e0344384_10342295.jpg

くるくるっと丸まった状態で

(青いのがそう)

スタンバってます。



【お知らせ】


マイベストプロ神戸に

コラムを投稿しました。

ご覧ください!

【4つのやる気スイッチで、片づけのモチベーションを上げる方法 】


ブログランキングに参加しています
クリックしていただけるとうれしいです



ライフスタイルランキングへ










[PR]
by cozystylekobe | 2016-02-15 10:49 | 収納 | Comments(2)

3という数について

使っていなかったフォトフレームのリメイクについて

以前載せましたが


以前の記事

小さなフォトフレームを大きくリメイク


それ以外にも

e0344384_20092795.jpg
こんな場所にフォトフレームが

掛かっています。


そのまんまですが


ひとつだと心もとない小さなフレームも


中に入れるものに一貫性を持たせ

複数並べることで


リズムが生まれ

それなりの存在感を醸し出します。


そんなとき

3という数は


なんとなく

収まりがいいような気がして好き。


そのほかの

わが家の3シリーズ。

e0344384_20081668.jpg

アンティークの糸巻き3兄弟。


時計の後ろの

多肉たち。

e0344384_20183263.jpg


e0344384_20131952.jpg

どんぐり3兄弟。


飾りというより

化粧台として使っている鏡も

e0344384_21285515.jpg

額を足して3に。


こちらは、まさに1.2.3。

e0344384_20083549.jpg

端材で作りました。


そのほか

形がまちまちな小さなモノたちも


気がつけば


3つコラボにして

飾ることが多いです。

e0344384_20124062.jpg
e0344384_20122406.jpg


e0344384_20084998.jpg


e0344384_22584395.jpg


私にとって

三つ子の魂百までって


こういうことかもしれません()


【お知らせ】


マイベストプロ神戸に

コラムを投稿しました。

ご覧ください!

【4つのやる気スイッチで、片づけのモチベーションを上げる方法 】


ブログランキングに参加しています
クリックしていただけるとうれしいです


ライフスタイルランキングへ









[PR]
by cozystylekobe | 2016-02-13 20:33 | インテリア | Comments(0)

床掃除における

わが家の三種の神器。


コードレス掃除機

モップ

ホウキ。


毎日のことだし

面倒な作業なので、


なるべくなら


近くに置いて

スッと取り出して

サッと済ませたいのですが、


いかんせん長身なため

置く場所を見つけるのにひと苦労。


いくら使用頻度が高いモノでも

丸見えは見苦しいし、


かといって


わが家のLDKには

背の高い家具が置かれていないため、


得意のかくれんぼ収納もできません。


【以前の記事】

かくれんぼ収納(プリンター編)

かくれんぼ収納(身支度編)

かくれんぼ収納(キッチン編)


今まで、


コードレス掃除機はテーブルの陰に、

モップはキッチンの家具と壁の隙間に、

ホウキはキッチン棚に引っかけていました。


その状態に満足できず、

何かいい方法はないかず

っと模索し続けていた私。


目をつけたのは


ダイニングとキッチンの間の壁の前です。


e0344384_14592260.jpg


身を隠せる場所がないなら


ここに

身を隠す場所を作ることにしました。


e0344384_14594014.jpg


幅14センチを確保して、


これらの材料で


e0344384_14572786.jpg


作ったのが

この棚。


e0344384_14574293.jpg

キャスターがついているので

引き出せます。


e0344384_14575665.jpg

ダイニング側からは何も見えませんが


キッチン側から見ると

こんな感じに…。


e0344384_14581716.jpg


スプレーボトルを引っかけるところも作り、


下には

掃除機の充電器もスタンバイ。


e0344384_14583789.jpg


手間を省くためなら

どんな手間も惜みません(笑)



【お知らせ】


お片づけ先での

ビフォーアフター公開中です。

収納工房CozyStyle

HPをご覧ください。


ブログランキングに参加しています
クリックしていただけるとうれしいです



ライフスタイルランキングへ




[PR]
by cozystylekobe | 2016-02-12 15:28 | 収納 | Comments(0)

レトロな本棚と収納法

あるモノが必要と

考えた時、


普通は


カタログを見たり

ネットで探したり

お店を巡ったりしますが、


私の場合は


家の中をこれでもかと

見たり

探したり

巡ったりします。


そして、


リメイクとか

トレードとか

コラボとか

代用とかして


家の中のモノで何とか解決できないかを

まずは考えて


それでもダメな時に、

初めて買うというステージに移ります。


そんなわが家、


このところ

ちょっと考え中だったのが

本棚。


あれをこっちに持ってきて

これをこうリメイクして…

などと考えていたところ、


神の思し召しか


引き取り手を探す本棚の話が

舞い込んできました。


それが、

古いモノ好きの私にとって

どストライクの昭和な本棚。


送られてきた写メを前に

大好物を鼻先に置かれた犬のように


荒い鼻息と

ちぎれんばかりのフリフリ尻尾で

飛びついちゃいました。


そんなわけで


わが家に仲間入りした

新人はこちら。

e0344384_21180234.jpg

新人といえども

相当のお年とお見受けしましたが、

そこがかわいい!


あちこちガタがきていて、

いろいろと手を施す必要ありですが、

それすらかわいい!

e0344384_21183224.jpg

貼られているシールも

剥がさなきゃと思いつつ、


そのシールさえも

レトロでかわいい!

e0344384_21192969.jpg

なぜか逆さまに

貼られていました。


剥がすのがもったいなくて、

とりあえずそのままです。


昔の人には

A4サイズという概念がなかったのか


棚板間の高さが

微妙に足りなかったので、


棚板下に板をかませて

底上げ。

e0344384_21200754.jpg

ここに入っているのは


使用頻度は

それほど高くはないものの、


必要な時にはサッと見つけたい

書類や資料ばかり。


なので、


ファイルケースを使って、

探しやすくしています。


このように

あらかじめ枠を作っておくと、


新しく入れる書類も

収める時点でカテゴリーを考える必要が出てくるので、


なんでもかんでも

突っ込んでしまうことが防止できて


おすすめです。



【お知らせ】


自宅セミナー常時開催しています。

収納工房CozyStyle

HPをご覧ください。


ブログランキングに参加しています
クリックしていただけるとうれしいです



ライフスタイルランキングへ


[PR]
by cozystylekobe | 2016-02-09 21:41 | 収納 | Comments(6)

今使っていないモノを
「いつか使うかも」と取っておくことを、


家にスペースのキャパがあり、

かつ

きちんと管理ができるのであれば


「全然OK」と考える私は、


【関連コラム】

「いつか使うかもの〈いつか〉は絶対来ない」という発言の落とし穴


そんなモノを

いくつも家に保管しています。


正確には


「いつか使うかも」という

流れに身を任せるカンジではなく


「いつか使ってやる」という

少々攻め気味なスタンスなのですが()


そんな「使ってやる」候補に

挙がっていたひとつが

こちら

e0344384_21295204.jpg

有り余るフォトフレーム。


もともと


写真を飾る習慣は

それほどなかったのですが


それでも

子どもが小さかった頃は


子どもの写真や絵を

人並みに飾っておりました。


それらを保管して

早数年。


このたび

活かし方を思いつきました。


もともと

ペイントしてあったり

手作りだったりの

フォトフレームですが、


今回は

e0344384_21282884.jpg

白と黒に

ペイント。


家にあった

英字新聞を切り抜き、

e0344384_21280393.jpg

100均で

壁に貼るシールを購入しました。

e0344384_21274405.jpg

このシール


100円とは思えない

クオリティーの高さです。


フォトフレーム同士を

ジョイント金具でつないで

e0344384_21342460.jpg

大きなひとつの額にしてみました。

e0344384_21244687.jpg
e0344384_21242823.jpg

e0344384_21381785.jpg

製作費500円で

完成です。


使わずに余った

百獣の王は

e0344384_21290958.jpg

ダイニングの額の上に貼ったら、

それはそれで

いいカンジ。

e0344384_21285515.jpg

男前な額が

さらに凛々しくなりました。



【お知らせ】


自宅セミナー常時開催しています。

収納工房CozyStyle

HPをご覧ください。


ブログランキングに参加しています
クリックしていただけるとうれしいです



ライフスタイルランキングへ


[PR]
by cozystylekobe | 2016-02-07 21:52 | リメイク/手づくり | Comments(4)

わが家での

不思議な現象。


来客がトイレから出てくると


自分のレベルを

口々に告白しはじめます。


「私、レベル3だわ」

「私なんて、レベル2」


都市伝説になりそうな

この現象


理由は

このトイレの画像内に。

e0344384_10291570.jpg

この絵の中?

e0344384_10300798.jpg

それとも

この棚のどこかに?

e0344384_10303777.jpg

いえいえ。


正解は

このコルクボードの中の

e0344384_10305595.jpg

このピラミッドの図に

ありました。

e0344384_10311017.jpg

昔から掛けられている

このコルクボード。


わが家の掲示板として


子どもたちに読ませたいと

母がセレクトした新聞切り抜きや名言などを

貼り出しておりました。


イカシスト母は、

トイレタイムだって活かすのです。


ただ、


ちゃんと読んでいるのかどうか

トイレの扉を開けて

抜き打ち検査をするわけにもいかず、


しかも最近では

スマホがトイレのお伴となり、


その効果のほどは

分かりませんでした。


が、先日


娘自ら紙を貼り出しているのを見て、

まんざらムダではなかったのかも…と。


そう、


このピラミッドの図は

娘セレクトの一枚。


娘は

ノートに心に響いた言葉を書き留めるなど、


母の思惑通り

まあまあいいカンジに仕上がったみたいです


そんなピラミッドの図は

トイレ利用者の目に必ず留まるため、


しばし個室で

自分のレベルを自問自答したのち、


出てきたら

みんなの前で

自己申告したくなるみたいです()


自分のレベルの告白を

いとも簡単にさせてしまう

トイレのピラミッド。


恐るべし!


【お知らせ】


自宅セミナー常時開催しています。

収納工房CozyStyle

HPをご覧ください。


ブログランキングに参加しています
クリックしていただけるとうれしいです


ライフスタイルランキングへ


[PR]
by cozystylekobe | 2016-02-05 10:40 | あれこれ | Comments(2)

無地カーテンのリメイク

わが家は


和室の押入れや床の間を

クローゼットに改良して


自分のスペースとして使っています。


【以前の記事】

バッグ/ベルト/ストールの収納

クローゼット前の助っ人


その際


ふすまのままだと

使いにくいので


代わりにカーテンを

取り付けました。


天袋がふすまだったり

隠したい豪華絢爛な超和風な柱が

床の間に施されていたり


いろいろな事情があったため


そこも全て

覆ってしまった結果


壁一面が


上から下まで

黄色一色のカーテンに

なっちゃいました。


それはさながら

舞台の緞帳。


垂れ幕が上がって

芝居が始まりそうな

勢いです


広範囲を占めるカーテンを


味気ない無地から

ステキな模様がプリントされたものへと

チェンジすれば


大分印象は変わるだろうと

思いつつ、


その広さゆえ、

カーテンを買い替えるのも

かなりの出費。


それにやっぱり

イカシストとしては


既に持っているモノを

活かして解決したいところ。


そこで、


既存のカーテンを

ちょっとだけリメイクしました。

e0344384_10474357.jpg


渡り鳥1号

e0344384_10461705.jpg

渡り鳥2号

e0344384_10465373.jpg

渡り鳥3号を

e0344384_10463404.jpg

カーテンに飛ばしてみました。

e0344384_10460022.jpg

友人に見せたら


ロート製薬か?

と…。

(例のCMです)


鳩ではありません。

ツバメです。

念のため()


窓に掛けた手作りカーテンの

余り布を使っているので、

e0344384_10574513.jpg

さりげなくリンクできているのも

手作りならでは。


ちなみに、


その窓の前に置かれた流木は

e0344384_10470824.jpg

飾っていながらも


高いポールに掛けられているカーテンを

開け閉めするのに

使用する必需品。

e0344384_10472847.jpg

飾りだって

とことん活かします()


【お知らせ】

自宅セミナー常時開催しています。

収納工房CozyStyle

HPをご覧ください。


ブログランキングに参加しています
クリックしていただけるとうれしいです


ライフスタイルランキングへ



[PR]
by cozystylekobe | 2016-02-03 11:05 | リメイク/手づくり | Comments(4)

キッチン扉の活用法

私は

かなりの

トビラウラユーザーです。


カタカナで書くと

なんだか

謎のプロフェッショナルみたいですが


漢字では

扉裏利用者()


扉の裏を

これでもかと使っている、


ただそれだけの

肩書です。


自宅セミナーでは

その使いっぷりに驚かれます。


たとえば

キッチン。

e0344384_13551291.jpg

古いタイプのキッチンなので、


お鍋が入るような

大型の引き出しはなく、


ほとんどが扉式。


なので、

扉の裏は

収納スペースあつかい


あらゆるモノが

ぶら下がっていたり

貼られていたり。


下段の扉には

既存の包丁収納以外にも

蓋や

e0344384_13561638.jpg

キッチンツールが

e0344384_13570111.jpg

収められ、


上段扉の裏には、


ビニール袋や油こし紙や

e0344384_13555720.jpg

水切りネットが

e0344384_13563569.jpg

ブラブラしていたり


【以前の記事】

高い扉のウラ事情


鉄板レシピのあんちょこが

貼られていたり

e0344384_13553761.jpg

しています。


鉄板なら

覚えておけって話ですが、


悲しいかな、

3歩歩けば忘れてしまう私の

苦肉の策。


実は


高くて

誰も開けない扉ウラには

心に響く座右の銘セレクション(笑)も

貼りだされ、


心が折れそうになった時には

そこを開けて

モチベーションを上げてみます。


直に貼らず

クリアファイルに挟んであるので、


心をつかむ名言に出会えたら

いつでも更新可能。


そんなイカシストは、


利用するウラは

扉だけではなく、


棚のウラだって使っちゃうので、


【以前の記事】

かくれんぼ収納(キッチン編)


トビラウラユーザー

タナウラユーザー。


裏を

こよなく愛する


ウララバー(裏愛好者)

です。


しつこいですね。


【お知らせ】

自宅セミナー常時開催しています。

収納工房CozyStyle

HPをご覧ください。


ブログランキングに参加しています
クリックしていただけるとうれしいです


ライフスタイルランキングへ


[PR]
by cozystylekobe | 2016-01-21 14:36 | 収納 | Comments(0)

キッチン不用品のその後

大皿を収納するスペースを

作るために


【以前の記事】

大皿のミルフィーユ収納


キッチンからの

退去命令が出されたモノ。


ふたつあります。


ひとつは

これ。

e0344384_15240531.jpg

チーズフォンデュセット。


ほかのモノで代用でき、

そのためには

長い柄のフォークさえ

取っておけばいいことに気づき、


本体は不要に。


でも、

それとなくかわいい鍋。


ちょうど

植木鉢が欲しかったので、


土を入れて

庭に茂っていた初雪カズラを

植えてみました。

e0344384_15242133.jpg

鍋の下の台も使えば、

e0344384_15243755.jpg

背の低い鍋の

底上げになって

ナイスな感じです。

e0344384_15245309.jpg

もうひとつ

退去が命ぜられたモノ。


やかんです。

e0344384_15312257.jpg

瞬間湯沸かし器があるので、


こちらは麦茶専用にしようかと

保管していましたが


結局

使わずじまい。


不要認定印が

押されてしまいました。


このやかんは、


大学生になったら

ひとり暮らしをしたいと考えていることが

最近判明した息子のために


ストック品として

ボックスに保管することに。


このボックスは、


つい最近まで

親戚に譲る

子供のおさがりの仮置き場だったのですが、


【以前の記事】

楽に暮らせる家に必要なモノ


今後は


ひとり暮らし準備品の仮置き場として

使われます。

e0344384_16102052.jpg


~ボックスの

目的変わって

いと寂し~


そんなことに

子供の成長を感じて


少々センチメンタルになった

年初めの片づけ。


一句

詠んでみました()


お知らせ】

マイベストプロ神戸に登録されています。

こちらをご覧ください。

「捨てるだけにとらわれない『活かす工夫』で暮らしやすさを形に」


ブログランキングに参加しています
クリックしていただけるとうれしいです


ライフスタイルランキングへ


[PR]
by cozystylekobe | 2016-01-11 16:19 | あれこれ | Comments(4)