リビングの自力リメイク

わが家のルールは

「頑張っている人優先」。


だから、試験中


子どもは

お皿洗いからも犬の散歩からも解放され、


全ては母の仕事になります。


試験が終わるまでの間の

応援キャンペーンです。


このルール、


子どもに勉強させるのに

結構使える。


「勉強があるなら、ママが洗ってあげるよ」


勉強かお皿洗いの2択となると


ウチの子どもの場合

間違いなく勉強を選びます。


勉強しない子どもを叱るより


「勉強しないなら、お皿は自分で洗って」という方が

効き目があるし


選択権は子どもにあるから

トラブルにならない。


「ママが洗ってあげるのは、頑張っている人を応援したいから」

というスタンスです。


そうするには、


早いうちから

自分のお皿は自分で洗うというルールを課しておく必要がありますが、


手遅れじゃなければ

試してみる価値アリです。


という家訓に則り


わが家での受験生は

頑張っている限り優遇されます。


冬、

子ども部屋は寒いので


リビングのコタツを

受験生ムスコに明け渡していました。


だから、

最近までリビングは

こんなカンジ。


e0344384_14111446.jpg


おしゃれライフもへったくれもありません。


本やらプリントやらが

コタツ上や床にばらまかれていたので


応急処置として

部屋のど真ん中に本棚を置きました。


せめて

イニング側からは毒々しい赤本が見えないように…と


オープン棚の背に布を洗濯バサミで挟み

即席のカーテンを作ってみましたが


実際は、そんなモノじゃカバーできないくらい

毒々しかったです(笑)


でも、ガマン。


家は

家族の必要に沿って作られ、使われるべきもの。


受験という

人生の岐路に立っている子どもがいるなら、


その時はそれが最優先です。


すっきりキレイにすることが

家の目的ではないからね。



とはいえ、

いつまでもその状態のままではいられない。


ワタシだって、

本当は

すっきりキレイなリビングが好きなのです。


だから

受験が終われば容赦しません。


本棚も赤本もプリントも即撤去。


そして、

リビングでずっとやりたくて我慢していたこと、


やってみました。


壁のペンキ塗りです。


またもや…です。


【以前の記事】

トイレの自力リメイク

洗面所の自力リメイク



もてなされていた受験生も


受験が終わってしまえば

タダの人。


それまでの分を

労働でお返しするよう強要され、


高い場所のペンキ塗りを担当させられました。


で、完成したのが

こちら。


e0344384_14054355.jpg



e0344384_14061416.jpg


近くに寄ると

アラが見えちゃったりもしますが


ワタシ的には

大満足の仕上がりです。


ちなみに、この色

黒のように見えますが


実は、

茶色と紫の間の色。


赤、青、茶、黒を混ぜに混ぜて

理想の色を

やっとこさ作り出しました。


ダイソーのペンキを使ったので

製作費\2000未満です!


壁を白からこの色に変えて

イチバン効果があったのは、


テレビ画面が浮かび上がって見えること。


e0344384_14044342.jpg


(週に2日の楽しみ、アメトーーク♥)

臨場感ハンパないです。


グリーンも額も映える。


e0344384_14041425.jpg

e0344384_14051390.jpg


白壁だった時より断然いい。


受験中のガマンが

堰を切って溢れ出したこの春、


その勢いはGWの今も衰え知らず。


まだまだ続く予感大です()


【お知らせ】

収納工房CozyStyle神戸 

HPはこちらから!


ブログランキングに参加しています
クリックしていただけるとうれしいです



ライフスタイルランキング



[PR]
by cozystylekobe | 2017-05-05 14:34 | リメイク/手づくり | Comments(2)

気持ちのいい季節になると


俄然張り切り出しちゃうのが

植物の手入れ。



e0344384_20175632.jpg



わが家のGWの風物詩です。



枝を剪定したり

苗を植え替えたり

プランターをペイントしたり…。



お天気がいいと

その思いはさらに過熱し、


あれやこれやと

日がな一日アレンジに励みます。



【以前の記事】

100均と廃材で手作りガーデニングオブジェ

ふつうの植木鉢のリメイク

製作費300yenガーデンオブジェの作り方

ベランダ緑化活動報告

備長炭で鉢を手作り

窓の景色をナチュラルにいいとこどり

多肉の鉢のリメイク



そんな折、


ベランダの室外機カバーが

古くなっていることに気がつきました。


足の1本が腐り始め、

傾いちゃってて…。


処分しようと

ネジを外して分解しました。


上部、側面×2、前面の4パーツ。


これを燃えるゴミとして捨てるには

更にノコギリで小さくしないとダメかなぁ…、


何かに活かせないかなぁ…、


などと考えていたところに、


またまた

イカシストの神が降臨!


上部のこの板、


e0344384_20252290.jpg


たまたま探していた板と

奥行がピッタリということに気がつきました。


で、

横幅をカットして


e0344384_20260319.jpg


白くペイントしたうえで

たわんでいた棚の補強板に採用。



e0344384_20181839.jpg


残りは

濃い茶色にペイントして



e0344384_20183363.jpg


アジアンエリアのベースとして使いました。


(わが家のベランダには

TDLのように

エリアごとにテーマありw


そして側面は



e0344384_20173210.jpg


足をカットし

上下につないでのっぽにしてから

クリーム色にペイント。



e0344384_20174483.jpg


以前から欲しいと思っていた

植物と物干しの間に


パーテーションとして置いてみました。



e0344384_20184633.jpg


そこに

以前、廃材で作ったフックを取り付けてみたら



e0344384_20180723.jpg


サイズもピッタリ。




「こんなに活かせてよかったっ!」


ブルゾンちえみ風に

言ってみました(笑)



【お知らせ】

収納工房CozyStyle神戸 

HPはこちらから!


ブログランキングに参加しています
クリックしていただけるとうれしいです


ライフスタイルランキング



[PR]
by cozystylekobe | 2017-05-02 21:56 | リメイク/手づくり | Comments(0)

洗面所の自力リメイク

トイレと同じく


【以前の記事】

トイレを自力リメイク


洗面所も


あれこれいろんなことが

ずっと気になっていました。


そこで

またまたリメイク。


賃貸だからってあきらめません!




まずは、

ドアの汚れから直します。


2か所あるうちの

廊下へつながるドアを紺色


e0344384_00134143.jpg


キッチンへつながるドアを

紫色にペイントしました。


(ちなみに裏は既にリメイク済み。

【以前の記事】

効果大!ドアの簡単リメイク


e0344384_00142635.jpg


結構大胆な紫。


ドキドキしながら使ってみた

その理由は


e0344384_10141794.jpg

この洗面台のシンクのピンク色と

他で使う青色を

リンクさせたかったのと


  ぼやけたファンシーなピンク色を

ギュッと締めたかったから。




そして、


攻めのカラーでドアを変身させたら

ますます目立っちゃったのが


ザンネンな柄のクッションフロアーです。


e0344384_00113674.jpg


そこは

水色の木目調にリメイクしました。


e0344384_00132885.jpg


使ったのは

ダイソーのリメイクシート。


e0344384_09520696.jpg


トイレリメイクの時にも使いましたが、


本当に


100円とは思えないほどの

クオリティーの高さです!




そして


洗面所リメイクの

最後に手掛けたのが


扉の取っ手。


これまたファンシーなピンクをあしらった

トホホなフォルムで…。


e0344384_09580063.jpg


これを変身させるべく使ったのは


毎度おなじみの

木の枝。


またか…ってカンジ?


でも


どんなサイズにも対応できる

なんてたってタダだし(笑)


今のところ、小枝頼りです。



【以前の記事】

古い小物入れの、ほぼ0円リメイク


各サイズに切って

つやなしニスを塗って


作りつけの洗面台と右隣に置いた棚を

一体化させるために


e0344384_00114848.jpg


洗面台だけでなく


e0344384_00135562.jpg


棚の取っ手やタオルハンガーも


e0344384_00140956.jpg



小枝仕様にしてみました。


e0344384_00122996.jpg


以前から

ちょこちょこ手を加えてきた洗面所ですが、


【以前の記事】

クリアファイル活用法

洗剤の手間なし収納

あわてない石けん収納

木材にマグネットで貼る方法

ティッシュ置き場をめぐる冒険

体重計の置き方

ブラシの収納



これにて

ひとまず完成かな。


e0344384_00131230.jpg


といっても

何かを思いつくまでの間…ですけどね ()


【お知らせ】

収納工房CozyStyle神戸 

HPはこちらから!


ブログランキングに参加しています
クリックしていただけるとうれしいです


ライフスタイルランキング



[PR]
by cozystylekobe | 2017-05-01 11:44 | リメイク/手づくり | Comments(2)

トイレを自力リメイク

トイレがずっと気になっていました。


いえ、別に

トイレが好きで頭から離れない…とかそういう意味じゃなくて。


むしろ逆。


この家に住み始めて16年。


白い壁の汚れや

安っぽいフロアシートの柄が


気になって気になって

仕方ありませんでした。


そこで

思い切ってリメイクすることに。


すると


e0344384_10291570.jpg


こんなカンジだったトイレが


e0344384_16093710.jpg


こんなカンジになりました。


白かった壁は黄色くペイント。


オシャレ感ゼロのフロアシートは


e0344384_16132937.jpg


上から

100均のリメイクシートを貼ってみました。


e0344384_16082269.jpg


タオルハンガーは


e0344384_16073625.jpg


以前拾ったイチョウの木を使って

手作り。


以前の記事

【古い小物入れの、ほぼ0円リメイク】


ちなみに

ドアだけは茶色くペイント。


e0344384_16072173.jpg

ボケがちな黄色を

グッと引き締めます。


森の中をイメージして


棚の上には

鳥の親子と


e0344384_16090919.jpg


庭にあった枝を。


e0344384_16092287.jpg


トイレットペーパーホルダーの上にも

キノコを生やしてみました。


e0344384_16074866.jpg


ただし


オシャレ感を多少犠牲にしても

ブリテンボードだけはそのままです。



e0344384_16080104.jpg


以前の記事

【自分のレベルを知るトイレ】


格言カレンダーをふたつも並べて

啓発活動は

パワーアップして続行中()


ところで、


便器に座った先の床に

こんな三角の木材の切れ端があるのですが、


e0344384_16083564.jpg


さて、

これは一体何のためにあるのでしょうか。


ドアストッパー?

ブブ―ッ!


フットレスト?

ブブ―ッ!


正解は、これ。


e0344384_16085145.jpg


時計の背もたれ。


座った場所から見るのに

べスポジにベストな角度に置きたくて


三角の木材を採用。


これにより

時計が床から座っている人をガン見。


朝の遅刻を防ぎます!


【お知らせ】

収納工房CozyStyle神戸 

HPはこちらから!


ブログランキングに参加しています
クリックしていただけるとうれしいです



ライフスタイルランキング


[PR]
by cozystylekobe | 2017-04-15 16:45 | リメイク/手づくり | Comments(2)

わが家は

16年住み続けている賃貸マンション。


それだけ住んでいると

さすがに壁に汚れが目立つようになり、


どうしたものかと悩んでいました。


特に気になるのがドア。


取っ手付近の汚れは

一生懸命こすっても全然落ちないし、


かといって

壁紙を張り替えるというのも大変そう。


いずれ引っ越すのに、

そこまでお金をかけるのもどうかと…。


打つ手がなくて悶々としていた

そんな折、


ホームセンターで

壁紙用のペンキを発見しました。


壁紙にペンキが塗れるって知らなかった私。


大家さんの許可を得て、


まずは、リビングの引き戸から

トライしてみることに。


買ってみたのはコチラのペンキ。


e0344384_23301128.jpg


パステルイエロー。


名前の通りのパステルっぷりだったので、

赤色などをちょびっと加え、


e0344384_23311308.jpg

イメージ通りに色を調合。


薄汚れた白い壁紙に塗ってみたら、

これが想像以上にいいカンジ!


e0344384_23403645.jpg


汚れが消えただけじゃなく、

部屋が一気に明るくなりました。


それに味をしめた私。


お次は

キッチン奥のドアを塗ることに。


こちらは、ちょっと挑戦して

強めのブルー。


e0344384_23453696.jpg


白一色でぼけていた風景が

かなりキリッ!としまりました。


面積が大きいので、


やってみると

思った以上に効果が出ます。


引っ越すまでに、

全てのドアが色付きになりそうな予感、


MAXです(笑)


【お知らせ】


収納工房CozyStyle神戸 

HPはこちらから!


ブログランキングに参加しています
クリックしていただけるとうれしいです



[PR]
by cozystylekobe | 2017-03-06 23:55 | リメイク/手づくり | Comments(2)

多肉の鉢のリメイク

自分に収集癖はないと

思っていた私。


「あるやん」

ムスメに言われて


納得したのは

グリーンの収集。


いえ、

バンド名ではありません。


植物の方。



多肉植物をはじめとした

室内外の植物。


育てるのは

決してうまくありませんが、


それらを眺めるのが

私の癒しとなっています。


その植物たちの家は


ちょっとオシャレな

市販のモノだと


結構高い。


植物よりも

鉢の方が高くつくことも。


なので、


大抵は

安い鉢を買ってきて


リメイクします。


【以前の記事】

普通の植木鉢のリメイク


疲れているのか

ストレスが溜まっているのか


近頃また


多肉に引き寄せられることが

多くなり、


ホームセンターでは

やたら長い時間


植物を

見つめ倒しています。


家に連れて帰ることも

増え、


ストックしていた鉢も


ちょっと

足りなくなってきました。


そこで

またまたリメイク。


\100程度の

素焼きの鉢を


e0344384_11280500.jpg


ペイントして、


会社の屋号を

ステンシルしてみました。



e0344384_11262549.jpg



e0344384_11265868.jpg



e0344384_11271547.jpg


多肉たちを植えて


e0344384_11282397.jpg


今日もやっぱり

ガン見!


e0344384_11274384.jpg


「か、かわいい…」


ひとり呟き

癒されます。


【お知らせ】


収納工房CozyStyle神戸 

HPはこちらから!


ブログランキングに参加しています
クリックしていただけるとうれしいです


ライフスタイルランキングへ


[PR]
by cozystylekobe | 2017-02-22 11:38 | リメイク/手づくり | Comments(2)

床掃除における

わが家の三種の神器。


コードレス掃除機

モップ

ホウキ。


毎日のことだし

面倒な作業なので、


なるべくなら


近くに置いて

スッと取り出して

サッと済ませたいのですが、


いかんせん長身なため

置く場所を見つけるのにひと苦労。


いくら使用頻度が高いモノでも

丸見えは見苦しいし、


かといって


わが家のLDKには

背の高い家具が置かれていないため、


得意のかくれんぼ収納もできません。


【以前の記事】

かくれんぼ収納(プリンター編)

かくれんぼ収納(身支度編)

かくれんぼ収納(キッチン編)


今まで、


コードレス掃除機はテーブルの陰に、

モップはキッチンの家具と壁の隙間に、

ホウキはキッチン棚に引っかけていました。


その状態に満足できず、

何かいい方法はないかず

っと模索し続けていた私。


目をつけたのは


ダイニングとキッチンの間の壁の前です。


e0344384_14592260.jpg


身を隠せる場所がないなら


ここに

身を隠す場所を作ることにしました。


e0344384_14594014.jpg


幅14センチを確保して、


これらの材料で


e0344384_14572786.jpg


作ったのが

この棚。


e0344384_14574293.jpg

キャスターがついているので

引き出せます。


e0344384_14575665.jpg

ダイニング側からは何も見えませんが


キッチン側から見ると

こんな感じに…。


e0344384_14581716.jpg


スプレーボトルを引っかけるところも作り、


下には

掃除機の充電器もスタンバイ。


e0344384_14583789.jpg


手間を省くためなら

どんな手間も惜みません(笑)



【お知らせ】


お片づけ先での

ビフォーアフター公開中です。

収納工房CozyStyle

HPをご覧ください。


ブログランキングに参加しています
クリックしていただけるとうれしいです



ライフスタイルランキングへ




[PR]
by cozystylekobe | 2016-02-12 15:28 | 収納 | Comments(0)

超かんたんDIY収納

最近


DIY女子と言われることが

多いのですが


(すみません。女子ではなかったですw


正直


DIY作業そのものが

好きなわけではありません。


ただ、


持っているモノを

別のカタチで活かしたいとか


少ないスペースを

最大限に活かしたいとか


見えるところは

おしゃれにしたいとかって

思った時に、


何かしら

手を加える必要が出てくるので


そのために

DIYをやっているという


そんなスタンスです。


なので、


なるべく簡単なのが

ありがたい。


そして実は、

DIYと言うほど

本格的なことをしなくても


大きな効果が出せることは

多いのです。


それを

片づけのお仕事で伺ったお宅の

お手軽DIY実例

ご紹介。


その1

e0344384_21462315.jpg

廊下収納ですが、


どの段も

少しずつ上が空いていて


無駄なスペースが

できています。


これは

既存の棚板の数だけで

収納を作っているから。


そしてもうひとつ。


この収納の左側は

壁になっている奥の部分にまで

収納スペースが続いています。


つまり、

壁の後ろも収納ということ。


そこがなかなか

活かしきれていないという

現状です。


その二つの問題点を

お手軽DIYで解決!


やることは


カラーボックスを

組み立てることと


それに

キャスターをつけること。


大きな声で

DIYと言えないほどの

お手軽っぷりです(笑)


棚板を

入れるモノに合わせて

設置し、


下には

キャスターのついた

カラボを入れ込む。

e0344384_21464926.jpg

左奥のモノを取り出したかったら、


真ん中のカラボを

手前に引き出し

e0344384_21471363.jpg

左のカラボを

右にスライド。

e0344384_21473853.jpg

これだけで、

使いにくい奥のスペースも

有効に使えます。




その2


リビングの2か所に

モノの詰まった棚が鎮座。

e0344384_21451136.jpg
e0344384_21452777.jpg
そのため

スッキリ感が出ない上に、

片方の棚は

ベランダに出る窓を塞いでいます。


そこで、


スッキリさせて

かつ

窓を開放させる、


それが

この場合のミッション。


これにいたっては


DIYなんて

言ってしまったら


ホンモノのDIY女子

怒られそうなほど

超イージー。


買ったのは

板と布とカーテンレール。


窓側にあった棚を

壁側に持ってきて


全てを

一か所に集約。

e0344384_21454232.jpg

そして


背の高い二つの棚に

板を渡す。


ただ

載せるだけ()


そこにカーテンレールを取り付けて

ご本人お手製のカーテンを

掛けました。

e0344384_21455947.jpg

それだけで、


なんとなく

システム家具のような

統一感。


DIYと言えないほど

カンタンでも

その効果は絶大!


D だから

I いろいろ

Y やってみる


それがDIYです(笑)


お知らせ】

マイベストプロ神戸に登録されています。

こちらをご覧ください。

「捨てるだけにとらわれない『活かす工夫』で暮らしやすさを形に」


ブログランキングに参加しています
クリックしていただけるとうれしいです


ライフスタイルランキングへ





[PR]
by cozystylekobe | 2016-01-14 22:26 | 収納 | Comments(2)

大皿のミルフィーユ収納

わが家の食事スタイルは、


通常

ランチプレートに

おかずを各自盛ってしまうので、


大皿が食卓に出されることは

めったにありません。


そこで、


持っている大皿の中から

数枚だけを選び出し、


食器棚の引き出しに

重ねて収納していました。

e0344384_23334264.jpg

でも、

一枚ずつ種類の違う大皿は

当然ながらその用途も違うため、


重ねたお皿の

いちばん下から


目当ての一枚を

取り出すことも。


毎日のことではないとはいえ、


やっぱり

それは手間。


どないかせんといかんのです(笑)


そこで

私が向かったのは


お得意の100均。


スノコ2枚と板6枚を買い求め、

e0344384_23332573.jpg

スノコはばらばらに、

板は棚のサイズに、

e0344384_23353860.jpg

ギコギコとカットしたら


頭上の棚に

ミルフィーユ並みに重ねて

完成です。

e0344384_23342202.jpg

空いた引き出しには、


その隣で


やっぱり重ねられていた

2種類のパスタ皿のうちの

一方を移動させ、

e0344384_23402230.jpg

こちらも

重ね問題解消。


キッチンで

重ねるべきは

皿ではなく板でした



100均スノコの利用法の

過去の記事はコチラです。


【以前の記事】

材料費300yenガーデンオブジェの作り方

100均すのこで棚リメイク


【お知らせ】

コラム投稿しました。

マイベストプロ神戸

「散らかった部屋の片づけ。どこから手をつけるべきか悩むあなたへ」



ブログランキングに参加しています
クリックしていただけるとうれしいです


ライフスタイルランキングへ


[PR]
by cozystylekobe | 2016-01-08 23:46 | 収納 | Comments(0)

その昔、


忘れてしまった「何か」を

隠すために

パーティションを買ったのですが、


その「何か」を隠す必要がなくなったのか、

その「何か」自体がなくなったのか、


とにかく

その後パーティションを使う必要は

なくなり、


長いこと

畳んでしまわれておりました。

e0344384_20574374.jpg

(過去の画像がないために

そっくりな画像を使っています)


ある時

ふと


ハシゴっぽくしてみたらどうかと

思いつき、


思いついちゃったら最後、

やってみるまで収まりつかない私は、


早速

ホームセンターに車を飛ばし

材料を入手。


木枠に木材をはめ込み、

e0344384_20575872.jpg

白くペイントした後は、

e0344384_20581292.jpg

アンティークっぽく

汚しをかけてリメイク。

e0344384_20582618.jpg

ハシゴ×3

みたいなパーティションが

出来上がりました。


一面を支柱にして

e0344384_20591722.jpg

あとの二面を

ちょい掛けのポールハンガー代わりとして

使うことに。


来客時は

コートハンガーとして大活躍!


e0344384_20585787.jpg

使わない時は

コンパクトにしまえる。

e0344384_21002092.jpg




高い所のモノを取るときには

ハシゴとして利用も可。


しかも3人同時に登れちゃう~!


あつ、それはウソです。



ブログランキングに参加しています
クリックしていただけるとうれしいです


ライフスタイルランキングへ


[PR]
by cozystylekobe | 2016-01-05 21:15 | リメイク/手づくり | Comments(4)