スタート地点で決める水差し

「使うモノは使う場所に収納する」


よく聞く

収納の鉄則ですが、


実は、


それを鵜呑みにすることで

収納場所を

間違えてしまうことがあります。


もちろんそれが

取り出してそのまま使えるモノなら


使う場所に収納するのが

ベスト。


ですが

そうでない場合、


使う場所より

スタート地点を意識した方が

いい場合も。


どういうこと?思っている方。


ちょうどいい例が

このカーテンの内側に。

e0344384_10410951.jpg

キッチンへのカーテン。


入って左側は

ダイニングからは見えない

死角なので、


ぶら下がらせることが

大好きな私は、


【以前の記事】

高い扉のウラ事情

洗剤の手間なし収納

バッグ/ベルト/ストール収納


このように

e0344384_10412926.jpg

いろいろなモノを

ブ~ラブラ


ぶら下げています。


今日の主役は

ブラブラさせているうちの

これ。

e0344384_10414688.jpg

ブリキの水差しです。


ベランダガーデニングが

趣味の私は

e0344384_15471605.jpg

ベランダに

プランターをいっぱい並べています。

e0344384_15403862.jpg

今は寒さで

ガッカリ感満載なので


夏の画像でお許しを…。

e0344384_15435254.jpg

【以前の記事】

ベランダ緑化活動報告


その水やりに使っているのが

この水差し。


「使う場所で」と考えて

水やりアイテムをベランダに置く…、


よくあるパターンです。


でも実は、

作業のスタートは水の出る場所。


水を汲むことから始めます。


もちろん

ベランダに水源があれば

それがイチバン。


でも

うちの場合はキッチンです。


なので、

使う場所はベランダでも


スタート地点を考え

キッチン水場近くが定位置。


それにより

1往復分の手間が浮くのです。


そんな時


プラスチックのジョウロでは

ちょっとザンネンな感じに。


そこは

ブリキ素材でちょっぴり格上げです。



【お知らせ】


収納工房CozyStyle 神戸

HPはこちら

http://cozystylekobe.jimdo.com/


ブログランキングに参加しています
クリックしていただけるとうれしいです


ライフスタイルランキングへ



[PR]
by cozystylekobe | 2016-02-26 16:03 | 収納