ちっちゃな食材の袋収納

引き出し内は

できる限り

モノが重ならないように収納する


というのが、


使いやすい環境にするコツ。


それはキッチン内の

小さな食材に対しても


同じです。


小袋に入った食材は


このように

e0344384_11190423.jpg

重なった状態よりも


こんなカンジに

e0344384_11192065.jpg

立てたほうが

分かりやすい。


でもでもこれでは


死角はなくなるけれど

取り出すのに手間がかかるので


不十分。


さらに使いやすくするには


このように

e0344384_11184592.jpg

中身を立てて収納しておくこと。


これにより


取り出しやすく

選びやすくなります。


そのときに

使うのが


入っている外袋。


外袋を、

e0344384_11173404.jpg

中身と同じ長さか

ちょっと長いくらいにカットして

e0344384_11175102.jpg

二つ折り。

e0344384_11180745.jpg

折ることで

少し袋が強くなります。


言ってみれば

袋の基礎工事(笑)


そして、

その中に立てて入れれば


完成です。


コツは


商品の高さより

外袋の高さを

ちょっと短めにすること。

e0344384_11300698.jpg

それにより


外壁が取り出す作業を

邪魔することがありません。


モノによっては

ふた袋分が一袋に収まります。

(このゼリーもそう)


専用の容器を別に用意するより

外袋を使った方が


フレキシブルだし

ムダなスペースを取らないので


おススメです!


【お知らせ】


マイベストプロ神戸に

コラムを投稿しました。

【老後の暮らしに向けての準備。住まいを整えることは不安解消の第一歩 】


セミナー参加者

募集中です!

【シニア世代の「生き活(いきかつ)10の準備】

ブログランキングに参加しています
クリックしていただけるとうれしいです


ライフスタイルランキングへ


[PR]
by cozystylekobe | 2016-04-29 11:32 | 収納